滋賀・天空の「びわこ箱館山ゆり園」で250万輪のゆりと眺望を満喫

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

滋賀・天空の「びわこ箱館山ゆり園」で250万輪のゆりと眺望を満喫

滋賀・天空の「びわこ箱館山ゆり園」で250万輪のゆりと眺望を満喫

更新日:2017/06/28 12:20

モノホシ ダンのプロフィール写真 モノホシ ダン 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

滋賀県高島市にある「箱館山スキー場」は夏には約50種類、250万輪のゆりの花と約2000本のコキアが楽しめる天空のリゾートになります。また家族で遊べる「キッズワールド」では箱館山のマスコットキャラクターの「ハコちゃん」スライダーや人工雪のスノーマウンテン、ソリ遊びなどが楽しめます。平地よりも約4℃も気温が低い「びわこ箱館山ゆり園」に真夏の涼と家族の遊び場を求めて訪れてみませんか?

- PR -

まずはゴンドラとリフトを乗り継いで山頂を目指そう

まずはゴンドラとリフトを乗り継いで山頂を目指そう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

「びわこ箱館山ゆり園」は、箱館山スキー場のゲレンデを利用して2009年7月に開園しました。東京ドーム約1個分(5万平方メートル)の面積にゆり園を造成し、毎年7月から8月にかけて約50種類、35万球、250万輪のゆりが咲き誇ります。

2017年の開園は7月1日(土)〜8月27日(日)までです。ゆり園へは山麓駅から連絡用の8人乗りゴンドラに約8分間乗車しての入場となります。びわこを眼下に望み高度をどんどんと上げてゆくゴンドラは気分爽快です。入園料はゴンドラの往復券込みで大人1850円です。

まずはゴンドラとリフトを乗り継いで山頂を目指そう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

ゴンドラ山頂駅の標高は627mです。気温は100メートル上昇する毎に約0.6度ずつ降下しますので、平地より約4℃涼しいということになります。ここからさらに箱館山の山頂(標高680m)まで上りのみのペアリフトが伸びていて、片道約6分間の空中散歩が楽しめます。料金は大人310円です。なお、山頂までは徒歩でも容易に行くことができます。

まずはゴンドラとリフトを乗り継いで山頂を目指そう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

ペアリフトに乗車したら涼風に吹かれて奥琵琶湖のレイクビューを楽しみましょう。脚立に乗ってカメラを手にしている人は記念写真を販売する写真屋さんです。

空を近くに感じることのできる山頂からの眺望

空を近くに感じることのできる山頂からの眺望

写真:モノホシ ダン

地図を見る

リフトから降りたら山頂からの眺めを存分に楽しみましょう。南は高島市の今津町から安曇川町方面にかけての眺望が素晴らしいです。ところで「びわこ箱館山ゆり園」のゆりの花は「スカシ系」と「ハイブリッド系」の2種類に分かれます。

スカシ系は早咲きで見ごろは7月中旬です。ハイブリッド系は遅咲きで見ごろは8月上旬です。つまり開園中に2回、満開のピークがやってくるというわけです。

空を近くに感じることのできる山頂からの眺望

写真:モノホシ ダン

地図を見る

さらに山頂からは、ゆり園の全景と奥琵琶湖の竹生島方面を見渡すことができます。湖北の空と琵琶湖の距離がとても近くに感じられる不思議な空間を体感しましょう。

空を近くに感じることのできる山頂からの眺望

写真:モノホシ ダン

地図を見る

ゆりの花と並んで有名なのが、園内の4ケ所にある約2000本の「コキアパーク」です。北海道の阿寒湖に生息する「まりも」のようなグリーンのモコモコとした外観をしています。コキアたちは毎年10月ごろには真紅に紅葉します。秋にはススキの群生も楽しめるのでその時期に訪れるのもおすすめです。

涼を感じる散策路「森のゆり道」

涼を感じる散策路「森のゆり道」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

園内のゆりの花のゾーンの中でおすすめなのが「森のゆり道」です。樹木に囲まれた約190メートルの散策路で、森の中に広がるゆり畑を涼を感じながら鑑賞できます。散策路の見ごろは8月です。

涼を感じる散策路「森のゆり道」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

森のゆり道を進んでゆくと、奥琵琶湖の撮影ポイントがあります。ここから眺める葛籠尾半島や竹生島の光景は神秘的ですらあります。

涼を感じる散策路「森のゆり道」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

琵琶湖に浮かぶ竹生島は琵琶湖八景のひとつに数えられ島全体がパワースポットとして知られる神の島です。森のゆり道の撮影ポイントからは視界がよければ遠く伊吹山も望むことができます。

「天空ゆりトレイン」もおすすめ

「天空ゆりトレイン」もおすすめ

写真:モノホシ ダン

地図を見る

園内の散策には「天空ゆりトレイン」に乗るのもおすすめです。車窓からはカラフルなゆりの花や奥琵琶湖の眺望を楽しむことができます。乗車料金は大人500円です。

「天空ゆりトレイン」もおすすめ

写真:モノホシ ダン

地図を見る

「びわこ箱館山ゆり園」では、フォトコンテストを行っています。そのなかでも天空のゆりトレインは人気のマテリアルです。ほかにもゆり園をPRできる写真であればOKです。気に入った写真が撮れたら応募してみるのもおすすめです。詳しくは関連MEMOをご覧下さい。

おすすめのアクティビティ「キッズワールド」

おすすめのアクティビティ「キッズワールド」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

園内で家族で遊べる施設でおすすめなのが「キッズワールド」です。ゆり園のマスコットキャラクターである「ハコちゃん」スライダーや人工雪のスノーマウンテン、トランポリンドーム、ソリ遊びなどが楽しめます。入園料は大人150円。こども350円です。キッズワールドの向かい側の「第2ヒュッテ」はメインハウスになっていて売店や食事処があるので昼食に利用しましょう。

盛夏に訪れたい「びわこ箱館山ゆり園」

いかがでしたか。関西でも「ゆり園」は多くありますが、夏の避暑地としても「びわこ箱館山ゆり園」はとくにおすすめです。マイカーではもちろん電車でのアクセスも便利です。電車利用の場合、最寄り駅はJR湖西線の近江今津駅です。駅から箱館山ゆきのバスが8時台から16時台まで、ほぼ1時間に1本の割合で出ています。バスの詳しい時刻は関連MEMOをご覧下さい。

また電車利用の場合お得なトクトク切符として季節限定の「青春18きっぷ」の利用もおすすめです。2017年の夏季のシーズンの利用期間は7月20日から9月10日までで、値段は11850円(1日券5回分)です。近江今津駅まではJR大阪駅から約1時間20分、JR京都駅からは約50分です。普通・快速列車なら1日乗り放題となる青春18きっぷを使って琵琶湖一周の日帰り旅行などにもおすすめですよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/02 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ