映画『カーズ』を完全再現!カリフォルニア発、ディズニーリゾートの「カーズランド」が最高にカッコいい!

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

映画『カーズ』を完全再現!カリフォルニア発、ディズニーリゾートの「カーズランド」が最高にカッコいい!

映画『カーズ』を完全再現!カリフォルニア発、ディズニーリゾートの「カーズランド」が最高にカッコいい!

更新日:2017/07/08 14:29

藤谷 愛のプロフィール写真 藤谷 愛 ビンテージ雑貨バイヤー

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークは、その名の通りカリフォルニアがテーマ。アトラクションやフードもカリフォルニアをイメージするものが多いユニークなパークです。
特に、映画『カーズ』をフィーチャーした「カーズランド」では、アニメの舞台でもある「ルート66」を再現。

大興奮のアトラクションだけじゃない!映画の世界と共に、ノスタルジックなロード風景満載の「カーズランド」をご案内します!

- PR -

風景、デザイン、色、全てがノスタルジック!

風景、デザイン、色、全てがノスタルジック!

写真:藤谷 愛

地図を見る

映画『カーズ』は2006年に公開されたCGアニメ映画。主人公の真っ赤なスポーツカー、ライトニング・マックィーンが仲間たちとの友情を通して成長する姿や、実在する建物、道、町をデフォルメした世界を疾走するシーンなどが人気の作品です。

撮影スポット:カーズランド/入り口

風景、デザイン、色、全てがノスタルジック!

写真:藤谷 愛

地図を見る

カーズランドでフィーチャーしている世界は、カリフォルニア州からイリノイ州を横断する実在したハイウェイ「ルート66」。1985年に59年の歴史を閉じ、ハイウェイとしては廃線となりましたが、道沿いに点在する数々のスポットは「古き良きアメリカ」を表すようなものばかりで、現在でもドライブでの旅行者を魅了する観光ルートになっています。

例えば、写真の後方に見える岩山。映画の中でも登場する「オーナメント・バレー」は、ルート66沿いに実在する観光スポット「キャデラック・ランチ」をデフォルメしています。実在のこの場所、10台のキャデラックが地面に突き刺さっているのです!確かに、岩山をよく見ると・・突き刺さってますね。

撮影スポット:ラジエーター・スプリングス/メインストリート

風景、デザイン、色、全てがノスタルジック!

写真:藤谷 愛

地図を見る

カーズランドに入って続くのは、映画の中でマックィーンが仲間たちと出会う町「ラジエーター・スプリングス」。建物の位置まで映画と同じなんですよ。この町はルート66に実在しませんが、ルート66を旅した人は「ここがラジエーター・スプリングスじゃない?」と思い当たるような、いかにもありそうな雰囲気の町なのです。

しかも、20世紀半ばのノスタルジックなデザインが目白押し!映画に登場する「フローのV8カフェ」は『カーズ』ファンなら感動ものの再現率です。

撮影スポット:ラジエーター・スプリングス/「フローのV8カフェ」

カーズランド一番人気のアトラクション「ラジエーター・スプリングス・レーサー」

カーズランド一番人気のアトラクション「ラジエーター・スプリングス・レーサー」

写真:藤谷 愛

地図を見る

ラジエーター・スプリングスの町を抜けると、アトラクション「ラジエーター・スプリングス・レーサー」があります。実はこちら、カリフォルニア・アドベンチャー・パークでも一、二を争う人気アトラクションです。早い時間のファストパス取得は必須、スタンバイなら朝一番にどうぞ。

カーズランド一番人気のアトラクション「ラジエーター・スプリングス・レーサー」

写真:藤谷 愛

地図を見る

マックィーンやその仲間たちの車に乗って、ラジエーター・スプリングスを疾走できるこのアトラクション。待ち列の間も雄大な風景を満喫できます。

カーズランド一番人気のアトラクション「ラジエーター・スプリングス・レーサー」

提供元:(C)Disney/Pixar

地図を見る

夜になると、その景色はグランド・キャニオン以上!ライトアップされたオーナメント・バレーの中でのアトラクションはさらにスピード感を増し、爽快感もアップしますよ。

本段落の写真の撮影スポット:ラジエーター・スプリングス・レーサー

どの車に乗れるか!?当日のお楽しみ!

どの車に乗れるか!?当日のお楽しみ!

写真:藤谷 愛

地図を見る

色とりどりのライドの車ですが、どの車に乗るかは当日のお楽しみです。ライド中も屋内エリアではメーターやドック・ハドソンに会うことができるので、じっくりその世界観を楽しんでくださいね。

どの車に乗れるか!?当日のお楽しみ!

写真:藤谷 愛

地図を見る

直線コースでも坂でもスピード感は抜群!2台並んでの走行はまさにレースで、抜きつ抜かれつの興奮を楽しめますよ。

どの車に乗れるか!?当日のお楽しみ!

写真:藤谷 愛

地図を見る

ライドが終わってアトラクションから出口に向かう道沿いでも、レース中のゲストたちを間近で見ることができます。ライド中は安全の為に撮影不可ですが、この場所でなら疾走する車たちをバックに、最高の1枚を撮影できますね。

本段落の写真の撮影スポット:ラジエーター・スプリングス・レーサー

グリーティングも1日中楽しめるランド内

グリーティングも1日中楽しめるランド内

写真:藤谷 愛

地図を見る

102センチ以上の身長制限があるラジエーター・スプリングス・レーサーは、残念ながら小さなお子さんが乗ることができません。しかし、それ以外にも小さなお子さん(81センチ以上の身長制限あり)が楽しめるアトラクションが2つあります。中でも「ルイジのローリッキン・ロードスター」は夜のライトアップが素敵。車ごとダンスをするこのアトラクションは、子供だけでなくカップルにも人気なんですよ。

撮影スポット:ルイジのローリッキン・ロードスター

グリーティングも1日中楽しめるランド内

写真:藤谷 愛

地図を見る

カーズランド内では、映画『カーズ』に登場する数々のキャラクターにバッタリ遭遇することもあります。また、朝一番のオープン時には、メーターとマックィーンがゲストたちを率いてカーズランドへ入場。映画のキャラクターと一緒にラジエーター・スプリングスを歩けるなんて、ファンにはたまりません!

撮影スポット:ラジエーター・スプリングス

グリーティングも1日中楽しめるランド内

写真:藤谷 愛

地図を見る

オレンジのとんがり屋根が目印の「コージー・コーン・モーテル」の近くでは、キャラクター・グリーティングが楽しめます。メーターやマックィーンと一緒に記念撮影をどうぞ。

撮影スポット:コージー・コーン・モーテル

クールすぎる、夜の「フローのV8カフェ」

クールすぎる、夜の「フローのV8カフェ」

提供元:(C)Disney/Pixar

地図を見る

夜のカーズランドはネオンの町になります。そのカラーも全く映画と同じ。そんな町でキャラクターたちと同様に“燃料補給”をするなら「フローのV8カフェ」(以下、V8カフェ)がお勧め。

クールすぎる、夜の「フローのV8カフェ」

写真:藤谷 愛

地図を見る

映画にも登場するV8カフェ。やはりモデルとなったのは、ルート66に数多くあったロードサイドカフェです。遠くからでもドライバーたちの目を引くように大きな看板を設置したり、派手なネオンを輝かせていたその時代のカフェ。映画からそのまま引っ張り出したように魅力的な色彩を放ちます。

クールすぎる、夜の「フローのV8カフェ」

写真:藤谷 愛

地図を見る

商品の注文をするレジカウンターエリアのデザインは、外観同様に素敵!1960年代のアメリカンダイナーの色使いがかっこよすぎますが、料理もやはりその雰囲気を壊しません。本場、アメリカのミルクセーキは外せませんよ。

また、店内には映画に登場する伝説のレーサー、ドックの経歴を紹介するショールームもあるので、映画ファンは食事と一緒に楽しんでみてください。

本段落の写真の撮影スポット:フローのV8カフェ

ここにしかないテーマランドは絶対外せない!

世界初の「カーズランド」、いかがでしたか?映画ファンやルート66ファンならずとも、興奮のアトラクションやランドのデザイン、夜のイルミネーションなどを期待以上に楽しむことができるでしょう。

2017年7月にはシリーズ第3弾の映画『カーズ・クロスロード』も公開。スクリーンだけでなく、次のホリデーで、実際のマックィーンたちに会いに出かけてみては?

*記事下「関連MEMO」には、同じくディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークにできた最新アトラクションや、直営ホテルを紹介した記事があります。併せてご利用ください

As to Disney artwork, logos and properties: (C)Disney

協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ