龍馬生誕地すぐ!名士たちが愛した高知の老舗旅館「城西館」

| 高知県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

龍馬生誕地すぐ!名士たちが愛した高知の老舗旅館「城西館」

龍馬生誕地すぐ!名士たちが愛した高知の老舗旅館「城西館」

更新日:2017/07/11 13:53

片岡 慎悟のプロフィール写真 片岡 慎悟 ローカルライター、ブロガー、ゲストハウス店主

高知県のイメージと言えば坂本龍馬でしょう。彼の生まれた風情ある下町、高知市上町の鏡川近くに御皇室・政界の人々が愛した老舗旅館があります。
創業から140年を越える名宿「城西館(じょうせいかん)」の5つの魅力をご紹介します。

この宿には、ご皇室の方々をはじめに吉田茂・池田勇人ら元総理大臣が愛して止まなかった、歴史が息づいています。

- PR -

(1)坂本龍馬の生誕地に佇む創業140年の旅館

(1)坂本龍馬の生誕地に佇む創業140年の旅館

提供元:城西館

https://www.jyoseikan.co.jp/

第一に、城西館のよさは立地にあり。龍馬生誕地から徒歩1分と、龍馬が育った上町の街へと足を運べます。もう少し東へ歩けば、国内有数・木造の天守閣が残る「高知城」や2017年3月4日に開場した「高知城歴史博物館」にも、さらには“酒の国”と呼ばれる高知県らしい施設「ひろめ市場」へも足を運ぶことができます。

国道32号線に位置しているため車でのアクセスも良好。東は香南市・安芸市、西は須崎市・四万十町であれば1時間以内に到着できるでしょう。

(2)ご皇室ご用達、昭和政界の重鎮が訪れる「城西館」

(2)ご皇室ご用達、昭和政界の重鎮が訪れる「城西館」

提供元:城西館

https://www.jyoseikan.co.jp/地図を見る

城西館は約140年にわたって皇族のご常宿として、また政財界をはじめとした多くの名士の方々が宿泊されました。
例えば多くの有名人がご利用された「特別室」は、和室と和モダンのベッドルームが2間つながっているお部屋となっております。このほかのお部屋も和室を基調とした落ち着く空間です。

特に高知県宿毛市の生まれである吉田茂・元首相が生前、高知に戻った際によく城西館に訪れていました。彼の銅像が残るほどに愛した旅館なのです。現在まで吉田元首相が愛用したウィスキーのビンや着物が保存されております。

こうした日本の名士たちが訪れた足跡を実感できる旅館、それが「城西館」なのです。

(2)ご皇室ご用達、昭和政界の重鎮が訪れる「城西館」

写真:片岡 慎悟

地図を見る

(3)屋上の露天風呂から、高知市の夜空を見渡そう…!

(3)屋上の露天風呂から、高知市の夜空を見渡そう…!

提供元:城西館

https://www.jyoseikan.co.jp/

8階に上がると、露天風呂つきの大浴場があります。「いごっそうの湯」「はちきんの湯」の二種類があり、夜と朝で男湯・女湯が入れかわり、両方の浴場に入ることができます。

いずれの大浴場でも高知市街地と高知市をかこむ山々が見え、晴れた日には遠くまで見渡すことができる素晴らしい景観です。

(4)高知城のライトアップを、自らの手で!

(4)高知城のライトアップを、自らの手で!

写真:片岡 慎悟

地図を見る

そして大浴場の手前にある休憩所にはなんと、高知城を照らす「大型スポットライト」があります。白壁の美しい高知城の、夜の姿を見ることができます。ちなみに高知城を照らすお店はこの旅館を含めて2店舗のみです。

(4)高知城のライトアップを、自らの手で!

写真:片岡 慎悟

地図を見る

この場所から【日没後〜24:00までスイッチのON/OFFの切り替え】ができ、自分の手で高知城を照らす体験ができるのです。雨の日でもはっきりと雨筋と高知城の姿が見えるので、天候が悪くてもぜひチャレンジしてみましょう。

(5)高知県産の産品ふんだん!「朝食バイキング」で鋭気を養おう

(5)高知県産の産品ふんだん!「朝食バイキング」で鋭気を養おう

写真:片岡 慎悟

地図を見る

グルメも多彩な城西館。午前7時から9時30分の間には朝食バイキングが開かれます。食の宝庫たる高知県産の食品を扱っており、鮮度・メニューの種類ともに豊富にそろっております。特に「四万十鶏のサラダ」「カツオみそ」「高知牛乳・ゆずジュース」といった高知ブランドの食事はおすすめです。

(5)高知県産の産品ふんだん!「朝食バイキング」で鋭気を養おう

提供元:城西館

https://www.jyoseikan.co.jp/

老舗旅館の味をゆったりと楽しみたい方には、ディナーが楽しめるプランもおすすめ。「皿鉢(さわち)料理」と呼ばれる、刺し身にカツオのたたきを盛り込んだ高知の郷土料理が楽しめます。細やかに盛り込まれて豪快な一品であります。
ぜひとも夕食・朝食をあわせて「食の宝庫・高知県」を体感してみてください。

【おわりに】土佐のおもてなしの象徴:城西館へ行こう

高知の味覚に、南国土佐・高知県の歴史を感じるならば城西館へ。高知市内で泊まるにはとても素晴らしい場所ですので、風情あるこの旅館へ宿泊されることをオススメします。龍馬の生まれた地で高知のおもてなしを存分に体感してください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/07−2017/06/08 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ