日本と台湾をつなぐアート空間!泊まれるギャラリー「ニブンノ」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日本と台湾をつなぐアート空間!泊まれるギャラリー「ニブンノ」

日本と台湾をつなぐアート空間!泊まれるギャラリー「ニブンノ」

更新日:2017/07/09 16:42

篠宮 あかりのプロフィール写真 篠宮 あかり トラベルライター、ひとりトラベラー、ユニークホテルライター

最近は泊まれる本屋など、ユニークなコンセプトの宿泊施設が注目されています。2017年6月10日には東京・麻布十番に泊まれるギャラリー「NIBUNNO(ニブンノ)」をオープン!日本と台湾で活躍するクリエイター達が設立した4年間限定の宿泊施設です。美大生や若手デザイナーの作品も展示されており、クリエイティブ交流の場としても注目されています。宿泊施設でゆったり寛ぎながら気軽にアートを楽しんでみませんか?

- PR -

「解体」をテーマにした4年間限定の宿泊施設

「解体」をテーマにした4年間限定の宿泊施設

提供元:NIBUNNO(ニブンノ)

https://www.sselectlab.com/nibunno地図を見る

泊まれるギャラリー「ニブンノ」があるのは、東京・麻布十番の閑静な住宅街。国立新美術館、森美術館が点在する六本木にも近く、アートめぐりにおすすめのスポットです。元々は自動車部品の倉庫だった5階建てのビルをリノベーションしており、宿泊施設、ラウンジ、デザイナーのオフィスなどが入った複合施設に生まれ変わりました。

「解体」をテーマにした4年間限定の宿泊施設

写真:篠宮 あかり

地図を見る

こちらの施設は、日本に拠点を構える台湾のデザイン事務所のクリエイター達によって設立。日本を代表する建築家・隈研吾氏の設計事務所に勤務して、現在は独立して日本と台湾を拠点に活動する建築家・虎尾亮太氏にリノベーションを依頼し、アートを気軽に楽しめる宿泊施設を共に造り上げました。

実は2020年の東京オリンピック後に解体されるため、4年間限定での運営。それを逆手にとって、時の経過を表現した「二分の(ニブンノ)」をコンセプトとしています。客室も半分に解体されており下半分は白、上半分はコンクリートむき出しの状態。元々のビルの持ち味や解体途中のユニークさを活かした不思議な空間となっています。

「解体」をテーマにした4年間限定の宿泊施設

写真:篠宮 あかり

地図を見る

1階レセプションには、東京藝術大学を中心とした美大生や台湾人デザイナーによるアート作品を展示。台湾では若手アーティストが活躍の場を広げており各方面でも注目されています。併設のショップにはオリジナルの雑貨も販売されており、お土産にもおすすめですよ。

アートをより引き立たせる「泊まれるギャラリー」

アートをより引き立たせる「泊まれるギャラリー」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

2階と3階が客室フロアで、ベッドルームとシャワールーム、トイレを設置。客室の下半分を白に統一することで、展示されたアート作品をより際立たせています。このキレイな状態を維持するため飲食や喫煙はNG!(最上階のラウンジであればOK)まさに「泊まれるギャラリー」といったアートを楽しむための空間です。

アートをより引き立たせる「泊まれるギャラリー」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

2階の客室には、日本人アーティストによる作品「HOME SWEET HOME」を展示。空に浮かんでいる88の星座をモチーフにしたものだそうです。ひとつひとつの星座のディスプレイがかわいらしく「これはどの星座だろう?」と想像するのが楽しくなりますね。

アートをより引き立たせる「泊まれるギャラリー」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

3階の客室には、台湾人アーティストによる作品「I BECAME A STER WHILE CHASING YOU」を展示。相手を思う気持ちが夜の闇のように広がっていく、という様を表現しているそうです。元々あったフレームを上手く利用しておりユニークな作品の見せ方となっています。

2階、3階の作品は3ヶ月ごとに内容が変わる予定ですので、リピーターの方にとっても嬉しいですね!リラックスしながら様々なアートをじっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。

東京タワーを見渡せる開放的なラウンジ

東京タワーを見渡せる開放的なラウンジ

写真:篠宮 あかり

地図を見る

最上階の宿泊者専用のラウンジは、陽の光がたっぷり差し込んだ開放的な空間。大きなアート作品が展示されていたり、美術関係の雑誌も置かれていたり、自宅のリビングのように寛ぐことができます。食事もOKで奥には有料のドリンクボックスも用意されていますよ。

東京タワーを見渡せる開放的なラウンジ

写真:篠宮 あかり

地図を見る

ラウンジの一角には大きめのイラストも展示。左の少女の絵をよーく見てみると「ある変化」が起こったりするなど、ビックリするような仕掛けも施されていますよ。スタッフやゲスト同士が気軽にコミュニケーションがとれる場所としても機能しそうですね。

東京タワーを見渡せる開放的なラウンジ

写真:篠宮 あかり

地図を見る

ラウンジのバルコニーに出ると、目の前に東京タワーがドドーンと現れます(笑)!この至近距離で見ることができる施設も珍しいですよね。夜にはライトアップされて幻想的な雰囲気になりますし、今後は穴場スポットとして注目されるかもしれません。

日本と台湾のクリエイティブ交流を図るイベントも

日本と台湾のクリエイティブ交流を図るイベントも

提供元:NIBUNNO(ニブンノ)

https://www.sselectlab.com/nibunno地図を見る

地下1階の「ラボ」は、エキシビジョンスペースとして使用されている空間。今回はオープニングレセプションなどが行われましたが、今後は日本と台湾のクリエイティブ交流を図るイベントや展示を開催する予定です。ぜひイベントをチェックしてみてくださいね。

日本と台湾のクリエイティブ交流を図るイベントも

写真:篠宮 あかり

地図を見る

オープン後しばらくは「ニブンノ」が完成するまでの経過を写真で展示。自動車部品の倉庫から泊まれるギャラリーに生まれ変わる様子がよく分かります。写真を見てから客室に行ってみると、現在との違いがよく分かっておもしろいですよ!

アートがもっと身近なものになる「ニブンノ」

美術館やギャラリーが好きな方にとって「ニブンノ」はまさに夢のような空間!普段アートを見ない方でも、宿泊施設であればリラックスしながら楽しめるはずです。日本だけでなく台湾のアート事情についても詳しくなれますよ。六本木で美術館めぐりをした後は、こちらに宿泊してみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/09 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ