星に願いを!大阪「七夕のゆうべin四天王寺」で夏の夜を満喫しよう

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

星に願いを!大阪「七夕のゆうべin四天王寺」で夏の夜を満喫しよう

星に願いを!大阪「七夕のゆうべin四天王寺」で夏の夜を満喫しよう

更新日:2017/06/15 15:11

モノホシ ダンのプロフィール写真 モノホシ ダン 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

大阪の七夕まつりはいくつかありますが、一番のおすすめは「七夕のゆうべin四天王寺」です。聖徳太子によって593年に創建された四天王寺を舞台に地元の大江まちづくり協議会が、毎年7月の3日間開催するイベントで、「笹トンネル」や「星空観望会」「七夕ふれあいコンサート」などを体験できます。家族連れやカップルさんも楽しめる大阪に夏の訪れを告げるイベントにぜひ足を運んでみませんか?

- PR -

まずは石鳥居をくぐって入場しよう

まずは石鳥居をくぐって入場しよう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

「七夕のゆうべin四天王寺」2017年の開催期間は7月6日(木)、7日(金)、8日(土)の3日間で、時間は17時からです。会場の四天王寺は、お寺なのに鳥居があります。この石鳥居は神仏習合の名残りです。またこの石鳥居付近は1615年の「大阪夏の陣」で、大坂城を死守する豊臣方と徳川方の最後の決戦の地ともなりました。

まずは石鳥居をくぐって入場しよう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

参道の両側の「仙台たなばた」の吹き流しエリアでは風に揺られて気持ちよさそうにたなびく吹き流しを楽しみましょう。吹き流しは織姫に供えられた織り糸を表現したもので、織姫にちなみ裁縫の上達を願うものです。

まずは石鳥居をくぐって入場しよう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

伽藍入口の「極楽門」は以前は西大門と呼ばれていました。よく見ると門の四ケ所の柱にコマ状の小さな車輪「転法輪」がついているのが分かります。これは御釈迦様の教えが転じて伝わるのを輪にたとえたものです。参詣者はこの門をくぐるときに車輪を回して通りましょう。

短冊に願いを込めて

短冊に願いを込めて

写真:モノホシ ダン

地図を見る

極楽門をくぐると大人気の「笹トンネル」が待っています。全長27m、笹400本の天井を3万球のLEDで飾り、天の川をイメージしたものです。一方通行になっていて基本は立ち止まるのは禁止ですが、いちばんの見どころとあって写真を撮る人が多いです。LEDの点灯時間は19時から24時までです(最終日は20時まで)。

短冊に願いを込めて

写真:モノホシ ダン

地図を見る

「笹トンネル」に願いを込めた短冊を吊るしましょう。参加料は1枚100円です。ちなみに短冊の色は青・赤・黄・紫・白の「五色」ありますが、これは初め五色の糸を飾っていたからです。現在のように五色の短冊が使われるようになったのは江戸時代になってからです。

短冊に願いを込めて

写真:モノホシ ダン

地図を見る

伽藍内に入ったら五重塔前で行われている「鎮魂の灯火」に火を灯しましょう。鎮魂の灯火は東日本大震災で亡くなられた方の哀悼の意と地域の早期復興を祈念するものです。ローソクは2種類、100円と200円(花柄)があります。

塔堂伽藍のライトアップは必見

塔堂伽藍のライトアップは必見

写真:モノホシ ダン

地図を見る

五重塔はライトアップされて周囲には荘厳な空気が漂います。現在の五重塔は8代目で、高さは39.2mの鉄筋コンクリート製です。

塔堂伽藍のライトアップは必見

写真:モノホシ ダン

地図を見る

五重塔を中心とした堂塔伽藍のライトアップを楽しみましょう。五重塔と仁王門、その彼方にあべのハルカスも望むことができます。なお仁王門付近の特設ステージでは「七夕ふれあいコンサート」も開催予定です。詳しくは関連MEMOをご覧下さい。

塔堂伽藍のライトアップは必見

写真:モノホシ ダン

地図を見る

人混みで疲れたら回廊内で休憩しましょう。この付近は人も少なく落ち着いた雰囲気に包まれていておすすめです。

星空観察会や縁日も楽しみ

星空観察会や縁日も楽しみ

写真:モノホシ ダン

地図を見る

なお境内の東重門付近一帯では「星空観望会」が開かれます。織姫、彦星、土星の3天体を中心に本格的な天体望遠鏡で観察するというものです。日時は2017年7月6日・7日で先着順、参加費は無料です。詳しくは関連MEMOをご覧下さい。

星空観察会や縁日も楽しみ

写真:モノホシ ダン

地図を見る

さらに笹トンネルを含む西重門付近一帯では、フード、ゲーム、物販などのテントが立ち並ぶ縁日スペースとなります。涼を呼ぶミストとともに、ご当地グルメやヨーヨー釣り、くじ引きなどを楽しみましょう。

なお、イベント期間中は梅雨の真っ最中ですので、晴れていても突然、天候状況が変化しゲリラ豪雨に見舞われることもしばしばです。必ず傘などの雨具を持ってお出掛け下さい。

まだある大阪の七夕イベントをご紹介

いかがでしたか。「七夕のゆうべin四天王寺」は開催期間も3日間と長く、おすすめのイベントです。ほかに日程が重複するイベントもありますが、大阪の七夕イベントをご紹介します。まずは「平成OSAKA天の川伝説」。大川の天満橋から北浜周辺にかけて2017年7月7日(金)開催予定です。

つづいて「梅田七夕」。新梅田シティにて2017年6月3日(土)から8月8日(火)まで開催予定です。さらに「天満天神七夕祭」。大阪天満宮にて大阪・天神祭の始まりとして7月7日(金)に開催予定です。いずれの祭りも距離が近いのでアクティブに七夕祭りのハシゴを楽しむというのもおすすめですよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/07/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ