美しすぎ!梅雨明けあとの沖縄は夕日&夕焼けベストシーズン!!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

美しすぎ!梅雨明けあとの沖縄は夕日&夕焼けベストシーズン!!

美しすぎ!梅雨明けあとの沖縄は夕日&夕焼けベストシーズン!!

更新日:2017/06/12 13:34

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

1年で最も夕日や夕焼けが美しく望める時期は、沖縄では梅雨明けしたあと。沖縄の梅雨明けは例年6月ですので、6月以降の沖縄旅行で夕時の空は見逃すべからず。あまりの美しさに言葉を失うことでしょう。同じものは二度と望めません。そんな素晴らしい夕日&夕焼けの楽しむコツを、沖縄のエリアごとに紹介!一生に一度しか望めない空の芸術を、沖縄で楽しみましょう!!

- PR -

【那覇】意外と那覇は夕日&夕焼けのベストスポット!!

【那覇】意外と那覇は夕日&夕焼けのベストスポット!!

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月21日 午後7時35分「三重城」での夕焼け(日没 約10分後)

【那覇】意外と那覇は夕日&夕焼けのベストスポット!!

写真:離島 こむ

地図を見る

▲8月4日 午後7時23分「泊港」での夕焼け(日没 約10分後)

【那覇】意外と那覇は夕日&夕焼けのベストスポット!!

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月31日 午後7時31分「泊港」での夕焼け(日没 約15分後)


太陽は東から昇って西に沈むので、夕日や夕焼けを見るなら沖縄でも西向きがおすすめ。しかも夏だとかなり北寄りに太陽が落ちるので、西よりも北西向きの方がさらにおすすめです。まさにその北西方向に海が広がっているのが、沖縄の県庁所在地でもある「那覇」。その那覇でもおすすめなのは、国際通りからでもアクセスしやすい「三重城」「うみそら公園」「泊港」で、どれも北西向きに海を有し、夕日&夕焼け鑑賞にはもってこいです。

あとはタイミング。沖縄は日本で最も西に位置するので、日没時間もかなり遅め。梅雨明け後の6〜7月だと、那覇の日没時間は午後7時20分前後になります。でも夕日はその時間までですが、夕焼けは日没後の「30分間」が見所。空の色がオレンジ・赤・紫と刻一刻と変化していきます。那覇でのおすすめ鑑賞時間は「午後7時〜午後8時」の1時間。夕食を早めにとり、北西向きのおすすめスポットへ!!

【与那国島】最西端の離島で日本最後の夕日&夕焼けを楽しもう!!

【与那国島】最西端の離島で日本最後の夕日&夕焼けを楽しもう!!

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月10日 午後7時59分「西岸の久部良集落」での夕焼け(日没 約20分後)

【与那国島】最西端の離島で日本最後の夕日&夕焼けを楽しもう!!

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月5日 午後8時6分「北岸の祖内集落」での夕焼け(日没 約25分後)

【与那国島】最西端の離島で日本最後の夕日&夕焼けを楽しもう!!

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月5日 午後8時7分「北岸の祖内集落」での夕焼け(日没 約25分後)


日本最西端の離島と言えば与那国島。もちろん夕日や夕焼けも、日本で一番遅くまで楽しめます。そんな与那国島でも夕日や夕焼けを鑑賞するなら、日本最西端の碑がある「西崎」と言いたいところですが、おすすめはその西崎から一歩下がった場所にある西岸の「久部良集落」。ここなら最西端の岬と夕日&夕焼けがコラボした絶景が楽しめます。また梅雨明け後なら夕日はかなり北寄りに落ちるので、町役場がある北岸の「祖内集落」でも鑑賞可能。与那国島での夕日&夕焼け鑑賞は、主要な集落から散歩感覚で楽しめます。

与那国島の日没時間は那覇より約15分遅く、おすすめ鑑賞時間も6〜7月だと「午後7時15分〜午後8時15分」。日本で最後に沈む夕日と最後まで輝く空を、与那国島で楽しみましょう!!

【波照間島】最南端の離島には夕日&夕焼け鑑賞に最高のビーチ有り!!

【波照間島】最南端の離島には夕日&夕焼け鑑賞に最高のビーチ有り!!

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月8日 午後7時49分「ニシ浜」での夕焼け(日没 約15分後)

【波照間島】最南端の離島には夕日&夕焼け鑑賞に最高のビーチ有り!!

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月8日 午後7時50分「ニシ浜」での夕焼け(日没 約15分後)

【波照間島】最南端の離島には夕日&夕焼け鑑賞に最高のビーチ有り!!

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月8日 午後7時53分「ニシ浜」での夕焼け(日没 約20分後)


日本最南端の波照間島といえば、沖縄で最も海が綺麗といっても過言ではない「ニシ浜」ですが、夕日や夕焼けを鑑賞するにも最高のビーチだったんです。そもそも「ニシ浜」を漢字で書くと「北浜」。しかも島の西に位置するビーチなので、夏場の夕日&夕焼けには絶好の北西向き!昼は青々した景色を楽しめ、夕時はオレンジ色に輝く海と空を楽しめます。

波照間島の日没時間は那覇より約10分遅く、おすすめ鑑賞時間は6〜7月だと「午後7時10分〜午後8時10分」。最南端の絶景ビーチを昼も夕方も満喫しましょう!!

【石垣島】石垣市街の夕日&夕焼けポイントは「橋」と「具志堅用高」?

【石垣島】石垣市街の夕日&夕焼けポイントは「橋」と「具志堅用高」?

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月11日 午後8時1分「サザンゲートブリッジ」と夕焼け(日没 約25分後)

【石垣島】石垣市街の夕日&夕焼けポイントは「橋」と「具志堅用高」?

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月11日 午後8時1分「サザンゲートブリッジ」での夕焼け(日没 約25分後)

【石垣島】石垣市街の夕日&夕焼けポイントは「橋」と「具志堅用高」?

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月7日 午後8時0分「具志堅用高記念館近く」での夕焼け(日没 約25分後)


石垣島の中心街は島の南岸にあるので、夏場に市街から夕日や夕焼けを見るにはコツがあります。ポイントは「橋」と「具志堅用高」。前者の「橋」とは、石垣市街から南ぬ浜町ビーチがある埋め立て地に架かる「サザンゲートブリッジ」。北西向きに景色が開ける橋の上が鑑賞ポイントです。そして後者の「具志堅用高」は、石垣市街西部にある「具志堅用高記念館」近くの港を差します。北西向きに景色が開ける防波堤が鑑賞ポイントです。どちらも石垣市街の中にあるので、気軽に鑑賞ポイントまで往来可能です。

石垣島の日没時間は那覇より約10分遅く、おすすめ鑑賞時間は6〜7月だと「午後7時10分〜午後8時10分」。周辺に飲食店が多いので、食前・食後に夕日&夕焼けを楽しみましょう!!

【宮古島】中心街のど真ん中で夕日&夕焼けが楽しめる!!

【宮古島】中心街のど真ん中で夕日&夕焼けが楽しめる!!

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月25日 午後7時31分「パイナガマビーチ」での夕焼け(日没 約5分後)

【宮古島】中心街のど真ん中で夕日&夕焼けが楽しめる!!

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月25日 午後7時33分「パイナガマビーチ」での夕焼け(日没 約5分後)


宮古島は西岸に絶景ビーチがたくさんあるので、少し移動すれば夕日&夕焼け鑑賞ポイントまで気軽に行くことができます。でも宮古島の中心街「平良」に居ても、夕日や夕焼けを思う存分楽しめます。中心街のど真ん中にある「パイナガマビーチ」が、夕日&夕焼けのおすすめ鑑賞ポイントです。しかもビーチのすぐ近くにコンビニがあり、夕日&夕焼けを見ながらアイスを食べたりすることも可能。贅沢な夕時を街中でも楽しめます。

日没時間は那覇より約5分遅く、おすすめ鑑賞時間は6〜7月だと「午後7時5分〜午後8時5分」。ビーチ周辺はコンビニ以外にも飲食店が多く、夕日&夕焼けの後に乾杯も可能。もちろんコンビニで調達すれば、ビーチで乾杯も可能です。

【宮古島】中心街のど真ん中で夕日&夕焼けが楽しめる!!

写真:離島 こむ

地図を見る

▲7月22日 午後7時26分「宮古島から那覇行きの機内」からの夕焼け(日没時間)


ちなみに宮古島や石垣島へ飛行機で往来する場合、6月〜7月の午後7時台のフライトなら、機内からでも夕日や夕焼けが望めます。那覇方面行きの場合は「A席」など進行方向左側、石垣島や宮古島行きの場合は「K席」など進行方向右側の席を確保しましょう。これなら往復の飛行機でも夕日や夕焼けを楽しめます。

夕日&夕焼けのベストシーズンが「梅雨明けしたあと」の理由!?

夕日&夕焼け鑑賞におすすめの場所が「北西向き」というのはわかると思いますが、時期が「梅雨明けしたあと」がおすすめの理由は、梅雨明けすると常に湿度が高くなるからなんです。湿度が高いと程よく雲が発生し、日没後の太陽がそれらを照らして空が輝くというわけです。また湿度が高いときは、光の屈折が起こりやすく、夕焼けがより綺麗に望めるというわけなんです。

平年では6月には梅雨明けする沖縄。6月、7月、そして8月の沖縄は、夕日や夕焼け鑑賞にはベストシーズン。梅雨明けしたあとの沖縄で、一生に一度しか望めない空の芸術を堪能してみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2008/07/22−2016/08/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ