夜景、空中散歩、ルーフトップバー!シカゴ「摩天楼スポット4選」

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

夜景、空中散歩、ルーフトップバー!シカゴ「摩天楼スポット4選」

夜景、空中散歩、ルーフトップバー!シカゴ「摩天楼スポット4選」

更新日:2017/06/11 12:44

松田 朝子のプロフィール写真 松田 朝子 トラベルジャーナリスト/ライター

摩天楼発祥の地、シカゴではその高さを楽しむアトラクションや、眺めの良いルーフトップレストランが数多くあります。そんな場所から、昼間ならば、地上から見るのとは違うスカイラインや湖を、そして夜は地上の星のように輝くビル群を楽しむことができます。高所恐怖症の人にはちょっとスリリングなものもありますが、その場所でしか楽しめないシカゴの景色を、しっかりと心に刻んでおきたいですね。

TILT!で305mの高さから夜景の中に放り出される!

写真:松田 朝子

地図を見る

ジョン・ハンコック・センターは、ツノみたいな2本の塔のある黒い台形のビルで、高層ビル群の中では特徴的な形をしています。フロアは100階まであり、その94階は、「360°シカゴ」という展望フロアになっています。外に出ることはできませんが、窓ガラスは天井から床まであるので、このフロアに立っているだけでダウンタウンやミシガン湖はもとより、イリノイ州、インディアナ州、ミシガン州、ウィスコンシン州 と4 つの州にわたるパノラミック景色を楽しむことができます。そして夜の帳が降りる頃には、宝石箱をひっくり返したような夜景を楽しむことができるのです。
街のイルミネーションを楽しみながらカクテルを傾けるのもいいですが、ここには、外に向かって傾くガラスがあって、そこに身を委ねる、TILT!というアトラクションが人気です。

写真:松田 朝子

地図を見る

TILT!は1人が1枚のガラスに張り付きます。それだけでも高所恐怖症の人には怖いでしょう。最大8人までが一度に楽しめるのですが、それぞれのブースに体を委ねると、他の人が見えないので、305mの高さからたった1人で飛び降りるような気分になります。
ガラスが傾き始めると足元がちょっと浮く感じがするので、この時が一番怖いかもしれません。傾くといっても30度くらいなので、その角度での街をしっかりと見ておいて欲しいと思います。慣れてくると、イルミネーションの街に舞っているような陶酔感を楽しめます。

摩天楼を空中散歩できるザ・レッジ

提供元:©Adam Alexander Photography

https://www.choosechicago.com/地図を見る

さらにアメリカでは2番目、1ワールドトレードセンターの次に高い、110階建てのウィリス・タワーには、床までが全面ガラス張りになったバルコニー「ザ・レッジ」(The Ledge) が展望ルームにあります。

提供元:©Adam Alexander Photography

https://www.choosechicago.com/地図を見る

こちらは103階、高さはなんと412m!高所恐怖症の人は足がすくんでしまいますが、シカゴの摩天楼を空中散歩しているような感覚を楽しんでみましょう。

歴史的ビルディングのシンディーズ・ルーフトップ

写真:松田 朝子

地図を見る

ミレニアム・パークの前にあるクラシックなビルは、19世紀末に建てられた、シカゴ・アスレチック協会 という、紳士が集まる社交クラブがあった建物。当時のヴェネツィア風ゴシック建築を生かして改装され、現在はホテルとして使われています。建物の中に入ると、タイル装飾の美しい床や大理石の階段があり、階上のゲームルームやバーなども豪華な装飾。年代物のチェスボードなどに、おしゃれなスポーツマンたちが集う姿が脳裏をかすめます。

写真:松田 朝子

地図を見る

そのクラシックビルの屋上にあるのが、シンディーズ・ルーフトップ。
ローカルに人気なこのレストラン・バーからは、ミレニアム・パークのオブジェ、クラウド・ゲートや野外コンサート会場のジェイ・プリツカー・パヴィリオン、その向こうに広がるミシガン湖までが一望のもと。

写真:松田 朝子

地図を見る

ここにいると湖から爽やかな風が吹き抜けて、ビーチハウスにいるような気分になります。旬の食材を生かしたメニューの中には、豆腐などを使ったフュージョンスタイルのものもあり、彩りも綺麗。ロマンチックなランチ&ディナー、カクテルタイムに利用したいレストラン・バーです。

花火も楽しめるルーフトップバー、ザ・テラス

提供元:Photo Courtesy of Trump Chicago Hotel

http://www.choosechicago.com/地図を見る

こちらはトランプ・ホテルのレストランフロアーで、夏季のみオープンのルーフトップバー、The Terrace。ここから街方面に視線を移すと、クラシックなリグレービルの時計塔の他、対面するビル群のルーフトップバーも色々見えるので、ルーフトップバー巡りの拠点としても使えます。また、シカゴ川とミシガン湖の壮大な眺めを楽しむことができ、5月末のメモリアルデー以降のサマーシーズンは、水曜日と土曜日の夜に花火を見ることができます。

シカゴのハイライトシーンを色々なところから

昼間の青空や湖とスカイライン、夜のネオンきらめく摩天楼、それらを様々な高さから見ると、同じ場所でも全く違った景色を楽しむことができます。色々なところから、毎日のハイライトシーンを心とカメラにしっかりと刻むシカゴの旅はいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/25 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ