タイでプチプラ観光旅行!バンコクのショッピング巡りを楽しむ方法とは?

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

タイでプチプラ観光旅行!バンコクのショッピング巡りを楽しむ方法とは?

タイでプチプラ観光旅行!バンコクのショッピング巡りを楽しむ方法とは?

更新日:2017/06/06 14:16

澤 慎一のプロフィール写真 澤 慎一 放送局ディレクター

「ユニクロ」「しまむら」「H&M」よりも安く、女性が喜ぶカワイイお土産や楽しいお買い物ができるのがバンコクのショッピング巡り。物価が安いタイは、色彩豊かな魅力あふれる雑貨が多く、海外旅行でプチプラなショッピングを楽しみたい方におすすめです。そこで、小さな雑貨店から巨大ショッピングモールまで、バンコクのショッピング巡りの楽しみ方をご紹介!シルクやバッグ、衣服、化粧品などの高級ブランドも見つかります。

- PR -

超穴場!タイ雑貨巡りを楽しむスポット「サイアム・スクエア」/「リトル・サイアム」/「ニア・イコール」

超穴場!タイ雑貨巡りを楽しむスポット「サイアム・スクエア」/「リトル・サイアム」/「ニア・イコール」

写真:澤 慎一

地図を見る

安くて可愛い、「プチ(小さい)プラ (価格)」な雑貨。自然の素材を使ったナチュラルなタイ雑貨は色彩豊かで、細やかなデザインが美しく、タイ伝統の技が融合し、お手ごろな価格が魅力的です。

まず、おすすめはバンコクの中心街にある「サイアム・スクエア」。タイの若者に人気のあるエリアで、“バンコクの渋谷・原宿”と呼ばれています。「サイアム・スクエア・ワン」というショッピングセンターが建ち、オシャレなアクセサリーやファッションブランドやコスメが充実。建物の周囲にも露店が並び、安くて可愛いプチプラ雑貨のショッピングを楽しむことができます。

超穴場!タイ雑貨巡りを楽しむスポット「サイアム・スクエア」/「リトル・サイアム」/「ニア・イコール」

写真:澤 慎一

地図を見る

ほとんどの観光客が知らない超穴場のショッピングスポットが「リトル・サイアム」。サイアム・スクエアの狭い路地に伸びるアーケード商店街です。服やアクセサリー、靴など小さな店がひしめき、若手デザイナーが手がけるセンスの良い品物が多く見つかります。

観光ガイドブックに載っておらず、地元のタイ人女性(OLや学生)に人気のショップを巡ることが、より安く、より楽しく、バンコクのプチプラなショッピング巡りを楽しむコツです。

超穴場!タイ雑貨巡りを楽しむスポット「サイアム・スクエア」/「リトル・サイアム」/「ニア・イコール」

写真:澤 慎一

地図を見る

スクンビット地区は、日本人向きのオシャレなカフェやショップが多いことが特徴です。数ある雑貨店でも、おすすめは「ニア・イコール」。日本人好みの上品なアクセサリーが充実しています。チェンマイを代表する翡翠色の陶磁器「セラドン焼き」の小物も多く、バンコクのお土産探しに最適な超穴場のショップ。

ホームスパ巡りを楽しむ!「エキゾチック タイ」/「セントラル・ワールド」/「ロイヤル・プロジェクト」

ホームスパ巡りを楽しむ!「エキゾチック タイ」/「セントラル・ワールド」/「ロイヤル・プロジェクト」

写真:澤 慎一

地図を見る

自宅で高級スパ並みのセルフケアを楽しむことができるタイ発の人気コスメ系ブランド。すでに日本に上陸したブランドも多いのですが、タイで買う方が安く、オリジナルの商品も見つかります。

そこで、おすすめのショッピングスポットが「エキゾチック タイ(Exotique Thai)」。タイ全土から選りすぐりのタイ雑貨・ブランドを取りそろえたフロアで、バンコクの高級デパート「サイアム・パラゴン」4階にあります。写真の「PANPURI(パンピューリ)」をはじめ、お馴染みの「HARNN(ハーン)」や「THANN(ターン)」のほか、「KARMAKAMET(カルマカメット)」「Mt. Sapola(マウントサポラ)」「erb(アーブ)」といった人気の有名ブランドが集結。

ホームスパ巡りを楽しむ!「エキゾチック タイ」/「セントラル・ワールド」/「ロイヤル・プロジェクト」

写真:澤 慎一

地図を見る

バンコク随一の巨大ショッピングモール「セントラル・ワールド・プラザ(Central World Plaza)」も、ホームスパ・アイテム巡りにおすすめ。タイシルクで知られる「ジム・トンプソン(Jim Thompson)」や、可愛いリボンのサテンバッグ「ナラヤ(NaRaYa)」など、タイブランドが充実しています。

ホームスパ関連では、「HARNN」(写真)や「THANN」をはじめ、「PANPURI」「BATH & BLOOM(バス&ブルーム)」「DONNA CHANG(ドナ・チャン)」といった高級ブランドがずらり!

ホームスパ巡りを楽しむ!「エキゾチック タイ」/「セントラル・ワールド」/「ロイヤル・プロジェクト」

写真:澤 慎一

地図を見る

タイ王室が運営する「ロイヤル・プロジェクト・ショップ(Royal Project Shop)」も、ホームスパ・アイテムのお土産探しにおすすめ。美容関連のグッズも多く、ローズマリーやシトロネラのアロマオイルなどを使ったシャワー・ジェルは香りが豊か。

MRTガムペーンペット駅にある「ロイヤル・プロジェクト・ショップ」をはじめ、スーパーやコンビニでも買うことができます。スワンナプーム国際空港内(地下1階)にもあるので、帰国直前にぜひ立ち寄ってみて下さい。

超定番の雑貨巡り!「ウィークエンド・マーケット」/「MBK」/「アジアティーク・ザ・リバーフロント」

超定番の雑貨巡り!「ウィークエンド・マーケット」/「MBK」/「アジアティーク・ザ・リバーフロント」

写真:澤 慎一

地図を見る

タイでプチプラな雑貨を買うのなら、「チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット」が最もおすすめ。バンコク市街の北部にあるチャトゥチャック公園で、毎週土日に開かれるマーケット。1万5000以上の屋台が軒を連ね、世界最大級の市場と言われています。一度踏み込んだら抜け出せない雑貨のジャングルです。

超定番の雑貨巡り!「ウィークエンド・マーケット」/「MBK」/「アジアティーク・ザ・リバーフロント」

写真:澤 慎一

地図を見る

プチプラな雑貨の巨大デパートが「MBKセンター」 (マーブンクロンセンター)。G階(地上1階)には「ミニプラザ」と呼ばれる雑貨ストリートがあり、こちらも雑貨のジャングルを分け入っていくよう。衣類やアクセサリーが多く、バラマキ土産にもおすすめです。

超定番の雑貨巡り!「ウィークエンド・マーケット」/「MBK」/「アジアティーク・ザ・リバーフロント」

写真:澤 慎一

地図を見る

リバーサイドにある「アジアティーク・ザ・リバーフロント」は、安全に遊べるナイトマーケットとして観光客に人気があります。“チャルンクルン地区”と呼ばれるメインエリアには巨大な4棟の倉庫が並び、プチプラな雑貨店がびっしり。タイシルクの製品やインド布のバッグ、タイらしいゾウの雑貨、オシャレなワンピースなど、安いだけでなく、洗練された品も多く見つかります。

意外に穴場!人気のショッピングスポット「エムクオーティエ」/「ターミナル21」/「ジムトンプソン」

意外に穴場!人気のショッピングスポット「エムクオーティエ」/「ターミナル21」/「ジムトンプソン」

写真:澤 慎一

地図を見る

バンコクで最新の巨大ショッピングモール「エムクオーティエ」。高級デパート「エンポリウム」の2号店としてオープンし、巨大な吹き抜けや、滝が流れる外観が魅力的です。国内外のブランドがそろう高級デパートですが、週末には建物に囲まれた巨大な滝を背景に、数多くの屋台が中庭エリアに並びます。高級ブランドとプチプラなお買い物と両方楽しむことがきるお得なショッピングスポット。

意外に穴場!人気のショッピングスポット「エムクオーティエ」/「ターミナル21」/「ジムトンプソン」

写真:澤 慎一

地図を見る

タイ人OLに人気のショッピングモール「TERMINAL21(ターミナル21)」。空港をイメージし、フロアごとに「ロンドン」「イスタンブール」「サンフランシスコ」「東京」と名づけられ、巨大な吹き抜け空間に伸びていく長大なエスカレーターも斬新すぎ!

プチプラなアクセサリーから、「CPS chaps」「JASPAL」「ESPADA」「CC DOUBLE O」「Lyn Around」といったタイ発のファッションブランドまで、幅広いくお買い物を楽しむことができます。

意外に穴場!人気のショッピングスポット「エムクオーティエ」/「ターミナル21」/「ジムトンプソン」

写真:澤 慎一

地図を見る

バンコクで超穴場のショッピングスポットといえば、「ジムトンプソン・アウトレット・ショップ」(スクンビットソイ93店)。ジムトンプソンは、アメリカ人のジム・トンプソン氏が創設した有名ブランドです。アウトレットでは、シーロム地区の本店よりも3〜7割も安く購入することができ、掘り出し物がたくさん!

超ディープなショッピング巡り!「パッポンナイトバザール」/「アラブ人街」/「クロントゥーイ市場」

超ディープなショッピング巡り!「パッポンナイトバザール」/「アラブ人街」/「クロントゥーイ市場」

写真:澤 慎一

地図を見る

タイで観光旅行されるのなら、超ディープなショッピングもぜひ!バンコクの老舗夜遊び・ナイトスポットの「パッポン通り」。ここで毎夜開かれるのが「パッポンナイトバザール」です。いかがわしいゴーゴーバーの通りに並ぶディープなショッピングスポット。「健全さ」「不健全さ」が両立した際どいタイの文化を肌で感じることができます。

超ディープなショッピング巡り!「パッポンナイトバザール」/「アラブ人街」/「クロントゥーイ市場」

写真:澤 慎一

地図を見る

もう一つ、性風俗で賑わう歓楽街にあるショッピングスポットが「アラブ人街」。バンコクで1、2を競うゴーゴーバーのメッカ「ナナ・プラザ」がスグ目の前にあり、混とんとした雰囲気がたまらない。この付近は、アラブ系のイスラム教徒が多いエリア。モザイク模様のアクセサリーなど、エキゾチックなプチプラ雑貨が多く、まるで中東のバザールに迷い込んだよう。店内でも黒い布で全身を覆う女性に出会えます。

超ディープなショッピング巡り!「パッポンナイトバザール」/「アラブ人街」/「クロントゥーイ市場」

写真:澤 慎一

地図を見る

超ディープなショッピングスポットが「クロントゥーイ市場」。地元民の仕入れなどで賑わうバンコク最大の生鮮市場で、野菜や果物、魚介類、肉類を主に取り扱っています。「臭い!」「汚い!」「キケン!」の3拍子がそろった超ディープインパクト。テントで覆われた広大な市場には雑貨売り場もありますが、プチプラ雑貨巡りというよりも、東南アジアのカオスを楽しむショッピングスポット。「普通のタイ観光旅行はモノ足りない!」という方におすすめです。

「チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット」が観光者に一番おすすめ

バンコクへの短期旅行で、タイらしいショッピングを楽しむのなら、「チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット」が一番おすすめです。巨大ショッピングモールでのプチプラな雑貨巡りやブランド品のお買い物も素敵ですが、ツウには夜遊びも兼ねた「アラブ人街」もおすすめ。

「クロントゥーイ市場」は、働き者で美人なタイの奥さまが多いショッピングスポットです。

なお、タイでのおすすめのお土産や、バンコクのショッピングスポットなどについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOに貼り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ