「湯元榊原舘」は全国屈指のツルツル温泉! 三重県榊原温泉

| 三重県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「湯元榊原舘」は全国屈指のツルツル温泉! 三重県榊原温泉

「湯元榊原舘」は全国屈指のツルツル温泉! 三重県榊原温泉

更新日:2017/06/01 09:19

温泉ソムリエぐっちのプロフィール写真 温泉ソムリエぐっち 源泉かけ流し温泉伝道師、温泉ライター

三重県の榊原温泉は枕草子に出てくる「ななくりの湯」と言われている歴史ある小さな温泉地。また、その昔、榊原温泉で湯垢離(ゆごり)をして体を清めてから伊勢参りをするのが習わしだったようです。そんな榊原温泉の「湯元榊原舘」は敷地内から温泉が湧き出し、その湯は温泉通も絶賛する程。歴史ある名湯をご紹介させて頂きます。

- PR -

大きな温泉宿「湯元榊原舘」

大きな温泉宿「湯元榊原舘」

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

榊原温泉でひときわ大きなお宿が「湯元榊原舘」です。最寄駅は近畿日本鉄道の榊原温泉口駅。そこから車で15分ほど離れていますが、送迎バスもありますので安心ですね。また、「湯元榊原舘」には日帰り温泉の「湯の庄」も併設されています。

大きな温泉宿「湯元榊原舘」

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

建物へ入ると大きなロビーがお出迎え。とてもゆったりしていて、日本の大型温泉宿ならではの光景です。また、夜にはラウンジとして利用できる喫茶コーナーや伊勢名物の伊勢うどんも提供される夜だけ営業される麺処もあります。

館内には源泉神社までも!

館内には源泉神社までも!

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

メインの大浴場へ続く廊下は榊原側に沿って続いていますので、とても清々しい気分になれます。

館内には源泉神社までも!

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

大浴場へのエントランス部分には源泉神社が祀られ、この下から温泉が湧き出しています。大浴場は「まろみの湯」と名付けられ、2ヶ所あります。男湯と女湯は日替わりで入れ替わります。また、こちらの温泉は飲泉可能で、飲泉場も設けられています。ほんのり硫黄の香り漂う名湯を是非味わってくださいませ。

名湯をじっくり楽しむなら大浴場へ

名湯をじっくり楽しむなら大浴場へ

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

大浴場はとても広々としています。メインの大きな浴槽に小さな浴槽、そしてさらに露天風呂があります。温泉の源泉温度は31.2℃なので、メインの大きな浴槽では加温されていますが、嬉しいことにかけ流しで提供されています。

名湯をじっくり楽しむなら大浴場へ

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

小さな浴槽は、源泉をそのままに提供されていて正真正銘の源泉かけ流しです。そのため、最初入るときはやや冷たいと感じますが、浸かってしまうと不思議なくらい冷たさは感じなくなりますので、ず〜っと浸かっていられます。そのためか、この浴槽に浸かる方は皆さん長湯されています。

そして、湯面からはほのかなゆでたまごのような硫黄の香りが漂っています。この香りはまさに温泉の醍醐味のひとつではないでしょうか。さらに驚くほどのツルツル感。全国屈指のツルツル温泉と言っても過言ではないでしょう。また、浸かっていると体が小さな気泡まみれになります。これも新鮮な温泉の証ですね。この湯に入らずして榊原温泉を語れません。名湯と言われる所以ですね。

名湯をじっくり楽しむなら大浴場へ

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

大浴場から続く露天風呂も大浴場の大きな浴槽と同じく、加温だけされたかけ流しで温泉を提供されています。露天風呂と言いましても建物の下部に作られていますので、開放感はやや少なめですが、対岸の緑を感じられます。また、雨天時でも外気を感じながら雨に濡れずに浸かれるのも嬉しいですね。

開放感溢れる屋上の露天風呂

開放感溢れる屋上の露天風呂

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

6階には屋上露天風呂が2ヶ所あります。こちらも日替わりで男湯と女湯が入れ替わります。開放感がとてもあり、さらに夜には松明に火が灯され、とても幻想的な雰囲気になります。そして、こちらの屋上露天風呂の浴槽は循環式となります。

お部屋でもかけ流しの温泉を味わえる?!

お部屋でもかけ流しの温泉を味わえる?!

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

お部屋も色々なタイプがあります。「月の館」「花の館」のお部屋のお風呂は嬉しいことに蛇口をひねれば温泉が出てきます。名湯をお部屋で贅沢に独り占めできます。

お部屋でもかけ流しの温泉を味わえる?!

提供元:湯元榊原舘

http://www.yumoto-sakaki.co.jp/

食事もプランにより様々で、全国的に有名な松阪牛を味わえるプランもあります。

お湯に拘るなら午前中

「湯元榊原舘」では夜11時からお風呂に入れません。なぜなら、毎日お湯を抜いて清掃されるからです。これは当たり前のように思われがちですが、そうでもない温泉施設もあるようです。なので、「湯元榊原舘」では当然ながら朝が一番新鮮な温泉を味わえます。かけ流しの温泉であれば常に新鮮では?と思われる方もいらっしゃると思いますが、湯量や浴槽の大きさ、また入浴者数により常に新鮮なお湯だとは言い切れません。

「湯元榊原舘」の源泉浴槽で、特に新鮮な温泉を味わいたい方は朝がおすすめです。また、源泉温度がぬるいため、おすすめの時期は夏場です。そして、日帰り温泉の「湯の庄」、実は「湯元榊原舘」と同じ浴室となります。営業時間は9時から18時まで。日本屈指のツルツルの名湯を日帰りでも宿泊でも、きっと満足して頂けるでしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/28−2017/05/29 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ