夕食は本格中国料理!マロウドイン飯能のお得な1泊2食付プラン

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

夕食は本格中国料理!マロウドイン飯能のお得な1泊2食付プラン

夕食は本格中国料理!マロウドイン飯能のお得な1泊2食付プラン

更新日:2017/06/01 15:50

水津 陽子のプロフィール写真 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント

埼玉県飯能市といえば、最近はムーミン童話の世界をモチーフにした「あけぼの子どもの森公園」が話題を呼んだり、人気アニメ「ヤマノススメ」の舞台となったことで聖地巡礼やハイキングに訪れる人も増えています。都心から1時間とアクセスも良好ですが、飯能にはホテルや旅館、民宿など多様な宿泊施設があり、滞在型の体験や学びには宿泊もお勧め。マロウドイン飯能は本格中国レストランを備え、お得なプランも充実しています。

ビジネスだけでなく、飯能や入間の観光レジャーの宿に

写真:水津 陽子

地図を見る

飯能市には旅館やホテル、民宿のほか、宿坊など、多様な宿泊施設が充実しています。マロウドイン飯能は東飯能駅に近く、ビジネスはもちろん、ハイキングなどの観光レジャーでも利用しやすいホテルです。

飯能市は池袋から特急列車で39分、普通列車で48分と都心から1時間弱と都心からアクセスに優れています。またお隣の入間市は同じ西武池袋線沿線にあり、普通列車で最短16分(飯能駅で乗換え)。入間市にはほとんど宿泊施設がないため、同じ西武線沿線の飯能駅や東飯能駅周辺の宿は入間観光やビジネスの宿としてもとっても便利です。

東飯能駅へは同じ西武池袋線の飯能駅ホーム内で、向かいの列車に乗り換えるかたちで乗車時間は2分。移動のストレスはありません。

女性に嬉しい、プチ贅沢なレディースプランも!

写真:水津 陽子

地図を見る

マロウドイン飯能の客室はシングル、ツインA・Bとデラックスツインの4種。女性にはプチ贅沢なレディースプランが用意されています。

女性限定のレディースプランのアメニティには、リキッドクレンジング・モイスチャーローション・モイスチャーミルクのスキンケアセット、ボディタオル・コットン・ヘアゴム・綿棒・ヘアブラシ・エコバッグがセットになった特選アメニティを用意。

禁煙ルームや加湿空気清浄機、フットマッサージャー、ナノスチームイオンドライヤーと女性に嬉しい設備やサービスが整っています。

バスルームは少しゆったり

写真:水津 陽子

地図を見る

マロウドイン飯能のバスルームはビジネスホテルの中では少し明るく、やや広めの空間です。

またレディースプランなら、アロマハープの効果にこだわったPOLAアロマエッセのスキンケア&バスセット、ローマンカモミール」から抽出された保湿成分をバスセットに配合したボディソープ・シャンプー・コンディショナーが用意されています。

20品から選べるメインにミニラーメンなど充実の夕定食

写真:水津 陽子

地図を見る

マロウドイン飯能は宿泊施設とは別棟にレストラン・宴会場があり、夕食付きプランの場合、本格中国料理レストラン「摩亜魯王洞」で提供されます。

本格中国料理の夕食は、20品のメイン料理のメニューの中から2品の料理、ミニラーメンでは醤油か塩のいずれか1品を選びます。またほかにサラダ、ライス、ザーサイ、杏仁豆腐がセットで付きます。

料理はボリュームたっぷり、味も本格的です。

朝食は和洋バイキング

写真:水津 陽子

地図を見る

マロウドイン飯能の朝食は夕食会場と同じ、別棟の中華レストランにて15種の和洋バイキングが頂けます。焼魚や納豆、玉子焼き、ご飯、味噌汁などの和食、パン、ウインナー、スクランブルエッグなどが用意されています。

夕食がボリュームたっぷりなので、小食な女性は朝は軽くという方もいるかもしれませんが、メニューには男性には嬉しい朝カレーもあります。

飯能や入間のビジネスや観光に利用できる

マロウドイン飯能はJR八高線・西武池袋線東飯能駅から徒歩5分、西武池袋線飯能駅からでも徒歩15分。飯能はもちろん、入間など埼玉県西部のビジネス・観光に便利な宿です。

お隣の入間市には「ジョンソンタウン」や「三井アウトレットパーク」のほか、埼玉県で生産される狭山茶の半量以上が生産される市域の1割を占める広大な茶畑など、知られざる見所も多数あります。

※飯能や入間の観光情報は、記事末尾の【関連MEMO】を参考にしてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/24−2017/05/25 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ