世界遺産の庭園、寺院、水郷の街歩きにグルメ!蘇州1日観光コース

| 中国

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

世界遺産の庭園、寺院、水郷の街歩きにグルメ!蘇州1日観光コース

世界遺産の庭園、寺院、水郷の街歩きにグルメ!蘇州1日観光コース

更新日:2017/05/30 15:32

羽田 さえのプロフィール写真 羽田 さえ 旅ブロガー

中国新幹線で約30分という近さで、上海からの日帰り旅に人気の蘇州。バスでも上海から2時間ほどでアクセスでき、手軽に古都、水郷古鎮の雰囲気を味わえます。そんな蘇州は、観光・ショッピング・食べ歩きと楽しみの多い街。短い滞在でも効率よくあちこち回りたいものです。世界遺産の庭園に歴史ある寺院、運河沿いの古い街並み、名物グルメまで満喫する、蘇州の1日観光コースをご紹介しましょう。

- PR -

まずは世界遺産の庭園「留園」を見学

まずは世界遺産の庭園「留園」を見学

写真:羽田 さえ

地図を見る

蘇州観光の最初に訪れたいのは世界遺産の「蘇州古典園林」のひとつ「留園」。清代の個人庭園の傑作と評され、中国四大庭園のひとつに数えられています。起源は明の時代までさかのぼりますが、現在の姿は清の時代に完成したものと言われています。

まずは世界遺産の庭園「留園」を見学

写真:羽田 さえ

地図を見る

留園のハイライトのひとつが、まっすぐに天に向かって伸びる太湖石「冠雪峰」。高さ6.5メートルの1枚岩です。その姿は迫力がありながら、どこかエレガントな佇まい。冠雪峰の奥に見える建物は茶館になっているので、庭を眺めながら中国茶でひと休みするのもおすすめです。

まずは世界遺産の庭園「留園」を見学

写真:羽田 さえ

地図を見る

庭園内には、さまざまな趣向を凝らした美しい建物もあります。写真は「林泉奢碩之館」を写したもの。繊細な装飾や重厚感のある調度品にも注目です。

人気の「山塘街」で運河沿い散策&ランチ

人気の「山塘街」で運河沿い散策&ランチ

写真:羽田 さえ

地図を見る

続いては蘇州で最も古い商店街と言われる山塘街(さんとうがい)へ。白楽天(白居易)が、蘇州の役人として赴任していた時代に整備した街です。地下鉄1号線「山塘街」駅からすぐの便利な立地にあります。

運河沿いに古い建物が建ち並び、赤いちょうちんが連なる様子は何ともノスタルジック。通りにはB級グルメやお土産ものを売る店が多くあるほか、広場で伝統楽器を演奏する人の姿も。縁日のような賑わいが楽しめます。

人気の「山塘街」で運河沿い散策&ランチ

写真:羽田 さえ

地図を見る

B級グルメの食べ歩きも楽しいけれど、名物料理のランチをいただくなら老舗の「松鶴楼」へ。風格の漂う古めかしい店構えですが、中は改装されていてとてもきれい。二人掛けのテーブル席から円卓、個室もあり、観光客だけでなく地元の人にも人気のレストランです。

人気の「山塘街」で運河沿い散策&ランチ

写真:羽田 さえ

地図を見る

松鶴楼の名物料理が「松鼠桂魚 (ソンシューグイユー)」。淡泊な味わいの白身魚の丸揚げに、甘酢あんがかけられたもの。身の部分に細かく包丁を入れているため、花が咲いたような独特の形状をしています。18世紀、清の皇帝である乾隆帝が食したことから、一躍有名になった料理と言われています。

水郷ならでは!運河のリバークルーズ

水郷ならでは!運河のリバークルーズ

写真:羽田 さえ

地図を見る

山塘街を楽しんだら、次の目的地は「虎丘」。移動手段は船がおすすめです。山塘街に面した運河である山塘河には乗合船が運航しており、虎丘近くの船着き場まで効率よく移動できます。山塘河は、もともと蘇州城と虎丘を結ぶために整備されたもの。便利で風情も味わえるとあって人気です。

水郷ならでは!運河のリバークルーズ

写真:羽田 さえ

地図を見る

チケット売り場は、昼食でご紹介したレストラン「松鶴楼」の目の前。虎丘まで片道・往復どちらでも利用できます。大人数のグループ旅行者には、貸切での利用も人気なのだとか。船が山塘街を抜けると、周囲の景色は洗濯物がたなびく住宅街に変わります。虎丘までは約20分。ローカルな人々の何気ない日常を感じながら、短い船旅を楽しみましょう。

東洋のピサの斜塔!?虎丘「雲岩寺塔」

東洋のピサの斜塔!?虎丘「雲岩寺塔」

写真:羽田 さえ

地図を見る

船を下り、案内表示に従って進むと「虎丘」に到着です。虎丘は文字通り小高い丘ですが、庭園、虎阜禅寺という寺院、展望所などで構成されています。敷地は広く階段も多いので、歩きやすい靴で行くのが良いでしょう。

東洋のピサの斜塔!?虎丘「雲岩寺塔」

写真:羽田 さえ

地図を見る

虎丘の最大のみどころが、東洋のピサの斜塔と呼ばれる雲岩寺塔。なんと1000年以上も前に建てられたレンガ造りの塔で、地盤沈下などの影響により傾いています。現在ではの傾斜は3.59度と言われています。

東洋のピサの斜塔!?虎丘「雲岩寺塔」

写真:羽田 さえ

地図を見る

異国情緒たっぷりの八角形の塔は七層、47.7メートルの高さがあります。安全のため、上ったり中に入ったりすることはできませんが、すぐ近くを歩いて回ることは可能。真下から眺めると迫力抜群!その傾きを体感しましょう。

旅のシメは平江路の歴史地区でのんびり

旅のシメは平江路の歴史地区でのんびり

写真:羽田 さえ

地図を見る

最後は平江路の歴史文化地区へ。地下鉄1号線「相門」が最寄駅です。平江路は800年以上前、南宋時代の絵図にも描かれている古い街。運河沿いの石畳の路地や、古い建物は独特の雰囲気があって何ともフォトジェニック!おしゃれなカフェや料理店、お土産屋さんのほか、蘇州特産のシルク製品を扱う見せ店などが並んでいます。

旅のシメは平江路の歴史地区でのんびり

写真:羽田 さえ

地図を見る

観光客向けに夜まで営業している店も多いので、気に入った店で夕食をとるのもおすすめです。蘇州観光の余韻を楽しみながら食べるなら、やさしい味わいの「蘇州麺」がぴったり。エビや牛肉など、好みのトッピングを選べます。

蘇州観光のおすすめコース、1日たっぷり楽しもう!

蘇州の1日観光コース、いかがでしたか?上海から新幹線で30分の近さを生かして、日帰り観光も可能な蘇州。今回ご紹介した場所以外にもたくさんの見どころがあり、魅力的なホテルもあります。ゆったりとした水郷の雰囲気を楽しみたい人は、ぜひ一泊してのんびり滞在してみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/01−2017/03/03 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ