名古屋駅ですぐ買える!スイーツな「お土産」おすすめ5選

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

名古屋駅ですぐ買える!スイーツな「お土産」おすすめ5選

名古屋駅ですぐ買える!スイーツな「お土産」おすすめ5選

更新日:2017/06/06 14:01

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 あなたを魔法にかける宿紹介人、癒やし旅研究家、おいしいもの探検家

名古屋は新型ビル&レジャースポットのオープンラッシュ!これを機に、名古屋に行ってみたい、という方も多いでしょう。特に名古屋駅周辺は高層ビルが続々登場し、グルメやお土産が充実しました。
そこで今回は名古屋駅から徒歩10分圏内のショップの中から、目新しくてスイーツなお土産をピックアップ。日持ちすることも重視して選んだオススメ5品と、各店舗へのアクセスをご紹介します。もう、買い逃すことはありませんよ!

- PR -

ツバメヤ大名古屋ビルヂング店の「名古屋あんこサブレ」

ツバメヤ大名古屋ビルヂング店の「名古屋あんこサブレ」

写真:安藤 美紀

地図を見る

名古屋駅の真正面に建つ、名古屋のランドマーク「大名古屋ビルヂング」。2016年3月の建て替えにより、一気に垢抜け、センスの良い空間に生まれ変わりました。地下1Fから5Fは、スマートでおしゃれなショップ74店舗が集まる商業ゾーン。特に地下1Fはレストラン&カフェが多く、ランチやお土産探しにぴったり!ただし、ほとんどのお店が11時OPENになるので、午前中に立ち寄る方は、開店時間に注意しましょう。

東山線側の地下街を通れば、「大名古屋ビルヂング」地下1Fへ直結。雨に濡れる心配もありません。名古屋駅 中央コンコースの桜通口から出ると、横断歩道を渡ってすぐ。名古屋駅から徒歩1分です。

ツバメヤ大名古屋ビルヂング店の「名古屋あんこサブレ」

写真:安藤 美紀

「大名古屋ビルヂング」の中で最もにぎわっている「お土産スポット」といえば、地下1Fにある「ツバメヤ」でしょう。岐阜・柳ケ瀬に本店をもつ「ツバメヤ」ですが、大名古屋ビルヂング店でしか買えないレアなお菓子が並んでいます。

丸いカタチの和風サブレにアンコをのせながら食べる「名古屋あんこサブレ」は、自分で作る楽しさがあります。残ったアンコは、食パンにのせれば、マイ小倉トーストに早変わり。また暑い日は、アイスクリームに添えてもグッド。いろんな楽しみ方ができます。

<名古屋あんこサブレ>
■つぶ餡250g、サブレ20枚 1,080円(税込み)

エスカ、両口屋是清の「新武将物語千なり」

エスカ、両口屋是清の「新武将物語千なり」

写真:安藤 美紀

地図を見る

名古屋駅の地下には広大な地下街が右へ左へ伸びていますが、新幹線乗り場に一番近い地下街といえば「エスカ」です。ここは、電車に乗る前にパっとお土産が買えて便利!新幹線ユーザーには特に嬉しいスポットです。

エスカへのアクセスは、名古屋駅 中央コンコースを通って太閤口側から一旦外へ。すぐに、エスカへ降りるエスカレーターが見えてきます。

エスカ、両口屋是清の「新武将物語千なり」

写真:安藤 美紀

地図を見る

「エスカ」の中で、女子に喜ばれそうなものNo.1といえば、「両口屋是清」の「新武将物語千なり」です。「千なり」は、カステラ風の皮に大納言小豆を挟んだリッチなどら焼き。そこに、愛知県生まれの三英傑、家康・信長・秀吉の焼印をいれたのが「新武将物語千なり」です。普通の「千なり」でもいいけれど、このどら焼きは、美味しいだけじゃなくてキュート!

<新武将物語千なり>
■1箱6個入り 982円(税込み)

名鉄百貨店本店「菓乃舎」の「名古屋ナナちゃんチョコサンド」

名鉄百貨店本店「菓乃舎」の「名古屋ナナちゃんチョコサンド」

写真:安藤 美紀

地図を見る

今も昔も、地元で愛される百貨店といえば、名鉄百貨店本館です。その中でも、名鉄百貨店本店(地下1F)にある「菓乃舎」は、名古屋のお土産を集めたショップ。定番から最新のものまで、幅広いランナップからお土産をチョイスできます。

「菓乃舎」へのアクセスは、名古屋駅 中央コンコースを通り、桜通口から出て一旦外へ。そのまま右手に進み、8番地下入口から地下に降り、右手に進みます。地下街サンロード沿い、名鉄「宝くじ売り場」のそばなので、迷ったら「宝くじ売り場」を目指しましょう。

名鉄百貨店本店「菓乃舎」の「名古屋ナナちゃんチョコサンド」

写真:安藤 美紀

地図を見る

「菓乃舎」で買いたいのは、名古屋名物の巨大マネキン「ナナちゃん」をモチーフにした「ナナちゃんチョコサンド」。

名鉄百貨店本店(メンズ館)1F前に、実物の「ナナちゃん」がいますので、「ナナちゃんチョコサンド」片手に写真を撮ってみましょう。写真映えする「ナナちゃん」は、SNSとの相性抜群。「名古屋らしさ」が出て盛り上がりますよ!

ただし、カップルの方は「ナナちゃんの股の下を通ると別れる」という都市伝説があるので要注意。逆に友達同士で渡ると「絆が深まる」という伝説も。話題につきないナナちゃん、ぜひ会いに行ってみてください。

<ナナちゃんチョコサンド>
■1箱15本入り 770円(税込み)

東急ハンズ名古屋店の「名古屋限定パッケージ クッピーラムネ」

東急ハンズ名古屋店の「名古屋限定パッケージ クッピーラムネ」

写真:安藤 美紀

地図を見る

名古屋駅 中央コンコースの桜通口付近にあるのが、待ち合わせスポットの定番「金の時計」(反対側に「銀の時計」もあるので、ご注意を!)。その横にある「JR名古屋高島屋」のエスカレーターを使って8Fまで行くと、「東急ハンズ名古屋店」のバラエティグッズを扱うフロアにたどり着きます。するとそこには、名古屋土産を集めたコーナーが!ここは、知る人ぞ知る穴場のお土産スポットです。

東急ハンズ名古屋店の「名古屋限定パッケージ クッピーラムネ」

写真:安藤 美紀

地図を見る

名古屋駅の近く、明道町(西区)界隈に「駄菓子問屋街」があるほど、じつは名古屋の人は駄菓子好き。そんな名古屋で、不動の人気を博しているのが「クッピーラムネ」です。「クッピーラムネ」は、名古屋市西区に本社をもつカクダイ製菓鰍フ駄菓子。名古屋発祥なの!?と驚かれることも多いご当地グルメの一つです。

「東急ハンズ名古屋店」なら、名古屋城と金のシャチホコついたかわいい名古屋限定パッケージを入手可能!しかも、ラムネは直径20mmほどあるビッグサイズで、口に入れたときのシュワシュワ感が持続します。

<クッピーラムネ 名古屋限定パッケージ>
■65g×4袋入り  540円(税込み)

名古屋駅のキヨスク専用。大須ういろの「ウイロバー」

名古屋駅のキヨスク専用。大須ういろの「ウイロバー」

写真:安藤 美紀

地図を見る

名古屋駅 中央コンコースにある一番大きな「グランドキヨスク」は売り場が広く、スタンダードな名古屋土産が集まっています。新しい商品も続々登場し、目新しいお土産もチェックできます。営業時間は、朝6時15分から夜10時までとたっぷり!

名古屋駅のキヨスク専用。大須ういろの「ウイロバー」

写真:安藤 美紀

地図を見る

まるでアイスキャンディーみたい!この不思議なお菓子は、「大須ういろ」がキヨスク限定で販売している「ういろう」の進化系「ウイロバー」です。

「ういろう」は名古屋土産の定番ですが、棒状になっているため、包丁でカットするのは正直面倒…。「ウイロバー」は、アイスキャンディー感覚で食べられるから、とっても楽ちん!少し冷やすと、美味しさがアップしますよ。

<ウイロバー>
■5本入り 540円(税込み)

お土産を買うなら、本当に喜ばれるものを!

独自路線をひた走る名古屋人。お土産も派手なものが多く、「スマートでおしゃれなものがない…」と頭を悩ませる人が多いのではないでしょうか。

かくいう筆者も名古屋出身のナビゲーターとして、名古屋駅界隈をくまなく歩いて「本当に喜ばれるお土産はどれ?」と探しています。今回ご紹介したのは、渡したときに「すてき!」「いいね!」と喜ばれるものばかり。お土産選びの参考にしていただけると幸いです。

※価格は2017年5月時点のものです。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ