初ソウルの思い出に!わざわざ食べに行きたい韓国グルメ5選

| 韓国

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

初ソウルの思い出に!わざわざ食べに行きたい韓国グルメ5選

初ソウルの思い出に!わざわざ食べに行きたい韓国グルメ5選

更新日:2017/06/19 09:31

林本 実樹のプロフィール写真 林本 実樹 学芸員資格

牛焼肉やビビンパに限らず、サムギョプサルやサムゲタンなどの韓国料理が日本でもずいぶん親しまれるようになりました。東京の新大久保や赤坂、上野、大阪の鶴橋などのコリアンタウンもにぎわい、本場の味を楽しめるお店もたくさんあります。
とはいえやっぱり韓国でないと食べられない味もあります。「またあれ食べたい」と、初めてのソウル旅行を思い出すような、そんな美味しいグルメを5つ厳選して紹介します。

「カンジャンケジャン」のために韓国に行きたい!?

写真:林本 実樹

地図を見る

カンジャンケジャンは、生のワタリガニを醤油漬けにしたとてもシンプルな料理です。日本では食べられるお店が少ないうえ、やっぱり韓国で食べるカンジャンケジャンは格別なので特におすすめです。

テレビ番組で紹介されたり、韓国旅行のガイドブックにも必ずといっていいほど掲載されているのでご存知の方も多いかもしれません。韓国でも贅沢な料理なので、少々値段ははりますが海産物好きの方なら後悔はしないはず。ただし、おいしいお店はソウルでも限られています。

有名な麻浦エリアにある「チンミシッタン」は、韓国国内でも人気なので事前に予約が必須、メニューはカンジャンケジャン定食だけなので、予約の際に人数分注文しておきます。

少しソウル中心部から離れますが、「イルミカンジャンケジャン」なら、24時間営業しており、予約なしでも入れる可能性があります。ゆでガニやコッケタン(蟹鍋)などのメニューも。

写真:林本 実樹

地図を見る

カンジャンケジャンはご飯泥棒とも呼ばれています。絶妙な加減で醤油タレがしみたカニの濃厚なうまみは、たしかにご飯がすすみます。カンジャンケジャンの甲羅にご飯を入れて食べるのも定番の楽しみです。

写真:林本 実樹

地図を見る

美味しいカンジャンケジャンは卵がたっぷりで色も鮮やかです。

鳥一羽をまるごと味わう!「タッカンマリ」

写真:林本 実樹

地図を見る

鶏を一羽まるごと楽しむ、タッカンマリ。日本語にすると鶏1羽(鶏=タック、1羽=ハンマリ)という名前の鍋料理です。日本には水炊きがありますが、そのイメージとは違います。タッカンマリといえば、東大門にタッカンマリ通りがあり、人気店は外まで待つ人があふれることも。

ニンニクと鶏の出汁がきいたスープが絶品。好みで唐辛子としょうゆベースのタレ、マスタードをつけて食べます。付け合わせは浅付けの白菜キムチが定番。中には鍋にキムチを入れて食べる人もいます。〆に乾麺のうどんを入れるのも定番ですが、スープを吸ったうどんがまた最高です。

写真:林本 実樹

地図を見る

どのお店でも、店員さんが目の前で食べやすい大きさにハサミで切ってくれます。

写真:林本 実樹

地図を見る

東大門のタッカンマリ通りのおすすめは、名店の名に恥じない味を維持し続ける「チンオックァハルメ ウォンジョ タッカンマリ」。特徴は鶏肉の身が大ぶりでたべごたえがあるところ。満席になると番号札が発行され順番を待ちます。2階席もあるので回転は比較的早いです。

ちなみに、東大門のタッカンマリ通りは、一歩路地をはいった一見わかりにくい通りなので、こんなところに?と思っても地図を信じて進んでください。

また、東大門以外では、新村の「コンルンタッカンマリ」がおすすめ。ここは鶏肉は少々こぶりですが、スープが絶品で、〆のうどんはもちろんですが、おじやを選べるところが珍しいです。

汁物天国「韓国」で、澄んだスープの絶品「コムタン」を

写真:林本 実樹

地図を見る

日本人がお味噌汁を愛するかのように、韓国ではいろいろな種類のスープ料理が愛されています。汁物天国といっても過言ではありません。おいしいスープ料理はメニューだけでもたくさん。

そのなかで、何かひとつだけをおすすめするならば、澄んだスープのコムタンです。牛の出汁がベースのスープといえばソルロンタンも有名で、こちらももちろん美味しいですが、せっかくソウルに行ったらぜひソウルでしか食べられない味を楽しんで欲しいです。

スープが売り切れたら販売終了となるので午後4時以降営業したことがない、という、明洞の「河東館」のコムタンは朝ごはんやランチにおすすめ。

写真:林本 実樹

地図を見る

「河東館」のコムタンは、ご飯が入った状態で提供されます。ネギと塩、コショウで、自分の好みの味に調節できます。キムチとカクテキも美味しいです。キムチの汁をスープに入れて食べる人もいます。

焼肉なら外がいい!サムギョプサルの次はきっと「ヤンニョムデジカルビ」

写真:林本 実樹

地図を見る

韓国といえば焼肉!カルビもクッパも実は韓国語ですが、最近ではサムギョプサルもすっかり日本で市民権を得たといえるでしょう。

でも、本場で焼肉!というならば、屋外で焼肉を味わってみてください。日本と比べても明らかに焼肉店が多いのですが、韓国は屋根が可動式になっていたり、お店の前まで席がでていたり、オープンなお店が多いのです。

おいしい焼肉店を見つけるこつ、豚肉が国内(韓国)産で鉄板よりも炭火焼きです。国内産が良いというのは、冷凍されていない可能性が高いからです。

そして、ぜひ味わってほしいのが、ヤンニョムデジカルビ=味付き豚カルビです。サムギョプサルは日本でも最近ではおなじみなので、ここはぜひ、新しいブームの予感漂うヤンニョムカルビを食べてみてください。

写真:林本 実樹

地図を見る

ヤンニョムデジカルビはサムギョプサルほどではなくとも、だいたい必ずあるメニューなので、サムギョプサルを楽しみながら追加注文することもできますが、せっかくならば特においしいお店をご紹介。

コチュジャンヤンニョムデジカルビが隠れた名物になっている、狎鴎亭の「シンミシッタン」がおすすめです。本当はカムジャタン専門店なのですが、いつも店内は焼肉を楽しむ地元客がたくさん。カムジャタンも1人用のサイズで注文できて、もちろんおいしいのでぜひ一緒に注文してみてください。

また、弘大にある「デジチョグムトン」は、熱した水晶玉(みためは石コロ)で肉を焼くという珍しいスタイル。豚ロースの塩焼き(ソグムグイ)が看板メニューなのですが、ヤンニョムデジカルビも実は隠れた名選手。オープンな雰囲気も抜群です。

写真:林本 実樹

地図を見る

ソウルの焼肉はとてもリーズナブル。逆輸入で日本式の焼肉は少し高めです。冬は寒いので外は厳しいかもしれませんが、外でたべる解放感は最高。焼肉もビールもマッコリもすすみます。

おやつにもデザートにも、夏でも冬でもみんな大好き「パッピンス」

写真:林本 実樹

地図を見る

韓国人は全員かき氷が好き、といってもいいほど、なにかにつけてかき氷=ピンスです。日本にも「ソルビン」が表参道にオープンしていますが、ソウルにいれば夏だけでなく冬でもかき氷です。

チェーン店や個人経営のカフェなど、どのお店も工夫をこらしており、年によって流行があったり、奇抜なメニューがあったりします。おやつにもデザートにも、ソウルではかき氷がかかせません。

お店によってふわふわタイプ、さらさらタイプの氷があり、2〜3人でシェアできるサイズが多いです。

今や、パッピンス=「雪氷(ソルビン)」ではないかというほど、主要な駅には必ずといっていいほどソルビンの店舗があります。テイクアウトもできるので、ソウル滞在中の休憩やご飯のあとのデザート利用にとても便利。種類豊富なピンスの味も間違いないです。

写真:林本 実樹

地図を見る

パッピンスは日本語で小豆氷のこと、かき氷はピンスです。小豆ひとつとっても自家製のものを使っているお店があるなど、実は奥が深い世界。

写真:林本 実樹

地図を見る

生のいちごやマンゴーを使うのはもはや定番、メロンを半分つかったり、サツマイモやゴマ、きな粉味など、いろいろな楽しみがあります。チョコミント味などの変わりダネも。

ソウルはやっぱりおいしいものたくさん!

「カンジャンケジャン」「タッカンマリ」「コムタン」「(外で食べる)ヤンニョムデジカルビ」「パッピンス」を紹介しました。
でも、これだけではまだまだ紹介しきれない美味しいものがたくさんあります。
でも旅行の時間は限られているので、今回は初めてのソウルで食べるなら、というグルメを厳選しました。「また食べたい」「また来たい」と思ってもらえたら、ソウルはとても行きやすいところなので、2度、3度、何度ももっともっと美味しい韓国料理をたくさん楽しんでいただきたい、です。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ