源泉かけ流しの客室露天風呂を堪能!西那須温泉「五ツ星源泉の宿大鷹の湯」

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

源泉かけ流しの客室露天風呂を堪能!西那須温泉「五ツ星源泉の宿大鷹の湯」

源泉かけ流しの客室露天風呂を堪能!西那須温泉「五ツ星源泉の宿大鷹の湯」

更新日:2017/05/16 18:39

池田 みるのプロフィール写真 池田 みる 格安国内旅行ブロガー

北関東有数の観光地那須塩原。この地に温泉が魅力のお宿「五ツ星源泉の宿大鷹の湯」があります。ここでおすすめなのが、露天風呂付の客室です。いつでも好きな時に、源泉かけ流しの温泉に浸かることのできるお部屋。赤ちゃんでも入れる温泉なので、赤ちゃん連れでの初めての旅行で利用するのもおすすめなんですよ。そして心温まるおもてなしに感動すること間違いなし!そんな「五ツ星源泉の宿大鷹の湯」の魅力を紹介していきます。

那須での観光の拠点にも便利な立地

写真:池田 みる

地図を見る

今回ご紹介するお宿「五ツ星源泉の宿大鷹の湯」があるのは、観光スポットが点在している栃木県那須塩原です。車で旅行予定の方は、東北自動車道の西那須野インターから5分程度。また、東北新幹線を利用して那須へ訪れる方でも安心なのが、送迎ワゴンの運行があること。1日1回の完全予約制となりますが、公共交通機関を利用してでも行けるのもうれしいですよね。

さらに、このお宿の近くには魅力ある観光スポットもたくさん。車を利用すれば、那須ガーデンアウトレットや千本松牧場など、子供から大人まで楽しめる観光スポットにもアクセスしやすいんです。

せっかくの那須旅行、お宿だけでなくその他の観光スポットでも素敵な思い出を作ってください。

露天風呂付客室の魅力

写真:池田 みる

地図を見る

せっかくの温泉、存分に堪能したいという方には、露天風呂付の客室別邸鷹山がおすすめです。好きな時間に何度でも温泉に入れるのは魅力ですよね。もちろんお部屋についている露天風呂も源泉かけ流しです。浴槽も広々しているので、日頃の疲れを取るのにもってこい!

写真:池田 みる

地図を見る

洗い場も広々としていて、ゆったりと過ごせますね。ちなみに、露天風呂付客室のほかに、和室一間タイプ、和室二間タイプも。もちろん宿には大浴場もあるので、リーズナブルに温泉を楽しみたいという方は、こちらを選んでみてもいいかもしれませんね。

さらにはペットと一緒に宿泊できる専用の客室まであるんですよ。那須には愛犬と一緒に観光できるスポットも多くあるので、一緒に旅行を楽しむなんてのも素敵ですね。また、このペット専用のお部屋、愛犬以外にも愛猫と一緒でもOK!ペット専用のバスタブも借りることができるので、ペットと一緒に温泉を堪能してみてくださいね。

手ぶらで行っても問題なし!アメニティも充実!

写真:池田 みる

地図を見る

客室には広々とした洗面台。女性には嬉しいですよね。さらに、アメニティも充実しています。そのため、手ぶらで来ても問題ありません。また、女性がテンション上がること間違いなしなのが、選べる色浴衣があること。様々な絵柄、サイズが用意されているので、お好きな浴衣を選んでください。

温泉が飲めちゃう!?

写真:池田 みる

地図を見る

そして、このお宿の温泉は飲むこともできるのです!フロントにある飲泉所にてコップ1杯程度の温泉を飲んでから、お湯に浸かるといいんだとか。ここでコップ1杯程度の温泉を飲むのは無料なので、ぜひ試してみてください。

もちろん食事だって満足できますよ!

写真:池田 みる

地図を見る

温泉の他に宿泊先に期待してしまうのが、食事ではないでしょうか。「五ツ星源泉の宿大鷹の湯」では、季節の食材、そして那須ならではの地元の食材を使った料理を満喫することができますよ。量が心配という方でも、別注のメニューがあるので安心。

また、この夕食は個室にていただくことができます。人の目を気にせずに、ゆったりと食事を楽しむことができるのはうれしいポイントではないでしょうか。椅子のお部屋と座敷のお部屋があるので、妊婦さんや、床に座るのが辛い方は、事前に要望を伝えておきましょう。

写真:池田 みる

朝食はバイキング。メニューも豊富で朝からモリモリと食べちゃうこと間違いなし!和食中心にしてみてもよし、パン食でもよし、もちろんどちらも堪能しちゃうのもよし!朝から食べ過ぎないように注意してくださいね。

魅力溢れる温泉宿!

「五ツ星源泉の宿大鷹の湯」の魅力は伝わりましたでしょうか。今回ご紹介できなかった魅力もまだまだあるんですよ。別邸鷹山に宿泊の方は、17時までにアクセスすれば、部屋でのチェックインが可能。さらに、お手紙が置いてあったりと小さなことでも気づくと嬉しくなる心温まるおもてなしがあちらこちらに。

療養として期待されている温泉を堪能し、そして日頃の疲れを癒しに、ぜひ訪れてみてくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ