シンガポール「チャター・ボックス」で極上のチキンライスを!

| シンガポール

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

シンガポール「チャター・ボックス」で極上のチキンライスを!

シンガポール「チャター・ボックス」で極上のチキンライスを!

更新日:2017/05/14 19:48

麻田 ユウミのプロフィール写真 麻田 ユウミ 旅ブロガー

シンガポールのローカルフードでもあるチキンライスは、ホーカー(屋台)から専門店まで数多くのお店があります。その中でも、「ベスト・チキンライス賞」等様々な賞を数多く受賞している「チャター・ボックス」は、地元の人から観光客まで大絶賛のお店です。厳選されたこだわりの食材のみを使ったチキンライスは、他のお店では味わうことができない、まさに最上級の味。是非極上のチキンライスを味わってみて下さい!

1971年創業の歴史あるレストラン「チャーター・ボックス」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

今回ご紹介する「チャター・ボックス」は、シンガポール随一のショッピング街でもあるオーチャード地区にある五つ星ホテル「マンダリン・オーチャードホテル」内にある、1971年創業の歴史あるレストランです。

このシンガポールのローカルフードでもあるチキンライスを、厳選された食材と調理方法で誕生させたのがチャター・ボックス名物「マンダリン・チキンライス」。地元の人はもちろんですが、特に海外からの観光客から絶大な支持を得ています。

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

落ち着いた木目調の造りにグリーンがアクセントになったモダンな店内。カジュアルなお店ですのでドレスコードはなく、買い物ついでに訪れても問題ありません。人気店なため、大人数や時間がない方には予約をお勧めします。

ベスト・チキンライス賞受賞!「マンダリン・チキンライス」をご賞味あれ

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

こちらがベスト・チキンライス賞も受賞した名物の「マンダリン・チキンライス」です。チキンとライスは別皿に盛り付けられており、スープ、3種のソースがセットになっています。盛り付けもとっても綺麗で、老舗高級店の貫禄を漂わせます。

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

とっても香り高く柔らかいチキンは、他のお店とは一線を画す味!プルンとした食感を残しつつジューシーでふんわりとした仕上がり、まさに鶏肉の美味しさを最大限に引き出したといっても過言ではない程です。

鶏肉にはしっかりとタレに漬けこまれているので、このままで食べても極上の美味しさ!オリジナルのソースが3種類用意されているので、色々味の変化を楽しむこともできます。

チキンに負けない美味しさの名脇役たち!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

チキンライスのライスは、主役のチキンと同じくらい重要ポジション。“香り米”とも呼ばれるタイ産のジャスミンライスを使用しているのが特徴です。しっかりと鶏の出汁が染み込んだライスは、もちろん主役のチキンとの相性は抜群!ライスだけで食べても絶品級の美味しさです。

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

野菜が具沢山で、濃厚なうま味ギュッと詰め込んだ鶏の出汁スープも他では味わえない美味しさ!鶏のスープは滋養がありコラーゲンもたっぷりなので、美容にも健康にも効果があるという、一石二鳥のスープです。

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

チキンはそのままでもしっかりと味が染み込んでいるので美味しいですが、変化をつけたい時はチリ、ジンジャー、ダーク・ソイソースの3種のソースを。

チリは、唐辛子やニンニク等のスパイスが入っており、辛味と甘味が絶妙。ガラッと味の変化を楽しみたい時にお勧めです。ジンジャーはペースト状になっており、とっても香り高いソースです。あっさりと食べたい時にはこのソースを!そしてダーク・ソイソースは、醤油ベースで甘くてとろみがあります。

どのソースも素材の味をしっかり感じることが出来ながらも、チキン本来の旨みの邪魔をしない名脇役です。

ソースはお土産にも最適!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

チキンライスに使われていたチリソースとダーク・ソイソースは店内で販売もしているので、お土産にも最適。チキンライス以外にもチリソースならエビチリ等にも、ダーク・ソイソースは和食に変化をつけたい時にもベストですよ!

お値段以上の実力!

いかがでしたか?今回ご紹介したチャーター・ボックスの「マンダリン・チキンライス」のお値段は実はSGD27ドル!ホーカーではSGD5前後で食べられると思うとかなり高級ですが、厳選された質の高い鶏肉やお米を使用し、人工甘味料等を一切使用しないこだわり、ひと手間加えた繊細なソース等など…。一度食べたら忘れられないチキンライスになること間違いなし!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/04 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ