至福の大人旅!森に溶け込む隠れ家温泉「箱根強羅白檀」

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

至福の大人旅!森に溶け込む隠れ家温泉「箱根強羅白檀」

至福の大人旅!森に溶け込む隠れ家温泉「箱根強羅白檀」

更新日:2017/05/14 18:06

藤井 麻未のプロフィール写真 藤井 麻未 元秘境系海外旅行添乗員、トラベルライター

グルメに観光に温泉と、三拍子揃った人気スポット箱根。箱根の山間に点在する各スポットは風光明媚な自然と一体化しながら独特の情緒を醸し出す。そんな箱根の中心部強羅に注目の宿「箱根強羅白檀」はある。箱根の美しい自然に囲まれ、モダンながらも旅館ならではの和の情緒もたっぷりと味わえる。僅か16室のみの強羅白檀は全室露天風呂付、まさに大人の隠れ家というに相応しい。

- PR -

人ごみとは無縁の静けさ漂う立地

人ごみとは無縁の静けさ漂う立地

写真:藤井 麻未

地図を見る

箱根町の中心部、強羅は大正8年の箱根登山鉄道の開通と共に温泉別荘地として栄えた場所だ。駅の近くには沢山の宿や土産物屋があり観光客で賑わう。強羅白檀はそんな強羅に位置するが、小涌谷の駅から急な坂道を上がった場所にあるため人通りが極端に少ない。まるで森に溶け込むような、小鳥のさえずりのみが聞こえる静かな立地は日常の喧騒から逃れるにはもってこいだ。それでいて登山鉄道小涌谷の駅から無料送迎が付いているのでアクセスも良い。

テーマは「白檀」

テーマは「白檀」

写真:藤井 麻未

地図を見る

強羅白檀は、その名にある通り「白檀」の香りをテーマとしている。ひんやりとした石畳の床に清潔感のある白木のエントランスを入ると、広々とした玄関には白檀の香炉が置いてあり、ふわりと雅な香りが訪れた人々を迎えてくれる。宿全体にそこはかとなく薫る白檀は、自然と心身をリラックスさせてくれるのだ。

テーマは「白檀」

写真:藤井 麻未

地図を見る

各部屋には香炉と白檀の原木片、数種類の香が置いてある。好みの香を部屋に焚きこめてみれば、たちまち極上の癒し空間に。

ずっと過ごしていたくなる開放的なラウンジ

ずっと過ごしていたくなる開放的なラウンジ

写真:藤井 麻未

地図を見る

玄関から入ると広々とした吹き抜けの開放的なラウンジとなっており目の前に箱根連山の大パノラマが広がる。チェックインはこちらのラウンジで。

ずっと過ごしていたくなる開放的なラウンジ

写真:藤井 麻未

地図を見る

ウェルカムドリンクには本格的なお抹茶とお茶菓子を頂くことができる。薫り高い抹茶と季節の和菓子に舌鼓を打ち、箱根連山の雄大な風景を眺めながらまずは旅の疲れを癒そう。ラウンジではコーヒーの他ローズヒップティーなど女性に嬉しいヘルシーなお茶類も自由に頂くことができ、部屋にテイクアウトすることもできるのが嬉しい。

全室露天風呂付!広々とした和モダンな客室

全室露天風呂付!広々とした和モダンな客室

写真:藤井 麻未

地図を見る

強羅白檀の客室は全部でわずか16室のみ。それぞれに趣向を凝らした庭があつらえられており、苔生す岩や新緑の木々などがまるで森に溶け込むような感覚にさせてくれる。もちろん全室源泉かけ流しの露天風呂付。小鳥のさえずりを聞きながらいつでも自分だけの露天風呂を楽しむことができるのは嬉しいポイントだ。美肌効果はもちろん、筋・関節痛、打撲、ねんざ、冷え性、慢性婦人疾患、慢性消化器疾患などに効く。

全室露天風呂付!広々とした和モダンな客室

写真:藤井 麻未

地図を見る

客室は明るい色調の清潔感ある雰囲気。モダンながらも和のテイストが感じられて心が安らぐ。アメニティはメイク落としから化粧水、乳液まで一通り揃うため、手ぶらで訪れても大丈夫だ。

旬の味覚を頂く懐石料理

旬の味覚を頂く懐石料理

写真:藤井 麻未

地図を見る

温泉にグルメはつきものだ。強羅白檀では箱根の雑木林を見渡せる明るいダイニングで旬の味覚をふんだんに使った懐石料理を頂ける。夕食は季節ごとに献立が変わり、その時期美味しいものを厳選してメニューに反映させてくれる。朝食にはアジやのどぐろ、サバなどお好みで魚を選び手元で炙って熱いうちに食べられるのも嬉しい。

おわりに

箱根の隠れ家的高級旅館「箱根強羅白檀」。2016年7月にオープンしたばかりの注目の宿だ。人目につきにくい閑静な一画に、まるで森に溶け込むようにして建てられたこぢんまりとした宿。ゆったりとした造りからか、わずか16室という規模だからか、満室でもあまり人で混み合っているように感じないのが良い。オープンからもうすぐ一年。2017年は注目度大の宿だといえよう。白檀の香り漂う至極の隠れ家へ、ぜひ訪れてみてはいかがだろうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/03−2017/05/04 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ