使い込まれた炊事場が激シブ!別府鉄輪の貸間「陽光荘」で地獄蒸し体験

| 大分県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

使い込まれた炊事場が激シブ!別府鉄輪の貸間「陽光荘」で地獄蒸し体験

使い込まれた炊事場が激シブ!別府鉄輪の貸間「陽光荘」で地獄蒸し体験

更新日:2017/05/12 11:54

フジイ サナエのプロフィール写真 フジイ サナエ 温泉ブロガー

別府八湯の一つに数えられる鉄輪温泉は、標高200メートルの高所に数多くのホテルや旅館などが建ち並び、その中でも鉄輪特有の「貸間」と呼ばれる素泊まり宿には、温泉の蒸気を利用し客自らが蒸し料理をする「地獄釜」の設備を有する施設が多く存在します。今回は、鉄輪温泉の貸間旅館の一つで、かつて鉄輪地獄と呼ばれる間欠泉があった場所に建つ「入湯貸間 陽光荘」と、共同炊事場の地獄釜を使った地獄蒸しをご紹介します。

別府特有の素泊まり宿「貸間」が集中するいでゆ坂

写真:フジイ サナエ

地図を見る

鉄輪温泉は、別府市街地の北部に位置する伽藍岳の裾野、標高200メートルの高所に位置する温泉街。別府にある源泉の大半が集中しており、街のいたる場所からもうもうと蒸気を吹き上げています。

写真:フジイ サナエ

地図を見る

別府から長崎を結ぶ九州横断道路からは、大型のホテルが山の斜面に建ち並んでいるのが見えますが、一歩裏道に逸れると入りくんだ石畳の路地に小さな建物が密集し、昔ながらの湯治場らしい光景が広がっています。今回ご紹介する陽光荘は、亀の井バスセンターの脇から続く「いでゆ坂」という通り沿いにある貸間旅館です。鉄輪温泉には陽光荘の他にも貸間が何軒かありますが、大半がこのいでゆ坂沿いとその近辺に集中しています。

写真:フジイ サナエ

地図を見る

陽光荘は3階建ての本館と平屋の別館があり、いでゆ坂沿いにあるのは本館の方。別館は本館から徒歩5分ほど離れた場所にあります。

陽光荘が建っている場所には「鉄輪地獄」と呼ばれていた間欠泉があり、大正時代には地獄めぐりのコースにも組まれていたそうです。今は当時を偲ぶものはほとんど残されていませんが、玄関には地獄として営業していた当時のモノクロ写真が額装して飾られています。

周辺には大衆演劇専門の劇場「ヤングセンター」や、100円で誰でも入ることができる共同浴場の「地獄原(じごくばる)温泉」と「上人(しょうにん)の湯」などの名所も多く、海地獄や山地獄、かまど地獄などへも徒歩10分圏内なので、地獄めぐり観光の拠点としても最適。

炊事場にずらっと並ぶ使い込まれた地獄釜

写真:フジイ サナエ

地図を見る

玄関から1階の通路を進むと奥は土間になっていて、流し台とガスコンロ…。

写真:フジイ サナエ

地図を見る

そしてずらっと並んだ四角いコンクリート製の地獄釜。

写真:フジイ サナエ

地図を見る

木製の蓋を外すと、釜の中は30センチぐらいの深さの四角い穴になっていて、底の蒸気の吹き出し口からもうもうと高温の湯気が立ち上ってきます。

調理をする際は、備え付けの洗いカゴに食材を入れて釜にそのまま投入し蓋をします。卵なら、10分ほどで固茹で卵の完成。イモやとうもろこしが20分少々、肉や魚が15〜20分ほど。様々な食材の調理時間の目安が一覧表にして台所に貼られているので、それを参考にして調理してください。

宿の裏はスーパーマーケット、近所に魚屋もあるから食材の準備は必要なし!

写真:フジイ サナエ

1階の台所を突っ切って奥に進むと、裏口から外に出ることができます。そして、裏口のすぐ斜向いは、小さなスーパーマーケット。野菜や肉類、調味料やお酒などは一通りこちらで揃えることができるので、食材を事前に揃えてくる必要もありません。営業時間は朝7時から夜の7時まで。

写真:フジイ サナエ

地図を見る

余談ですが、こちらのスーパーマーケット「ことぶきや」は、別府八湯温泉道のスタンプを管理されているお店です。すぐそばにある共同浴場の地獄原温泉のスタンプを押す時は、陽光荘裏のことぶきやまでおいでください。

写真:フジイ サナエ

地図を見る

ことぶきやさんは魚の品揃えが少ないので、新鮮な魚介類が欲しいときはいでゆ坂を亀の井バスセンターの方へ歩いていくと魚屋さんがあります。刺し身や焼き魚用の切り身などの他、地獄蒸し用の食材も取り揃えられており、値段もお手頃。夕方6時前には閉店していることが多いので、魚屋さんへの買い出しはお早めにどうぞ。

一通り調理器具は揃っている陽光荘、唯一レンジがないので注意

写真:フジイ サナエ

地図を見る

食材は食器に入れてそのまま蒸すこともできます。巻き簾を地獄釜の蒸気の吹き出し口にかぶせて、その上に材料を乗せた食器を置き蓋をします。火の通りにくい物から先に蒸し始めるのがコツ。

写真:フジイ サナエ

地図を見る

食器や包丁などの調理に必要な道具は一通り揃っていますが、電子レンジだけが一つもありませんので食材選びの際はご注意下さい。チンするご飯は、蓋を開けずにそのまま投入。

写真:フジイ サナエ

地図を見る

蒸しあがった食材を取り出す時は、備え付けのミトンを使い高温の蒸気に充分注意しましょう。

高温の蒸気で短時間調理、だから肉も野菜もプリップリ!

写真:フジイ サナエ

地図を見る

地獄釜は、普通の蒸し器とは違い高温の蒸気で一気に加熱するので、野菜のみずみずしさが損なわれることなく、肉や魚介類もプリプリの食感に仕上がります。食材本来の美味しさが余すところなく生かされているので、あまりの美味しさにおどろくほどたくさんの野菜もペロッと平らげてしまうでしょう。

写真:フジイ サナエ

地図を見る

陽光荘は立ち寄り客は受け付けておらず、炊事場を利用できるのは宿泊客のみとなっています。各客室には布団一式と温泉熱を使った暖房器具、そして食器が無料で備え付けられていますが、その他のテレビ、エアコンなどはコイン式で有料です。台所の食器棚にも大皿や土鍋などが準備されているので、ちょっと凝った料理を作る際はそちらをご利用下さい。

冷蔵庫は各フロアに共用のものがありますので、他のお客様の食材と混同しないようレジ袋に名前を書いて各自で管理します。

さいごに

地獄釜の共同炊事場がある素泊まり宿「入湯貸間 陽光荘」いかがでしたか?

貸間の炊事場はどこも宿泊客専用となっていますので、日帰りで地獄蒸しを体験したい場合は、いでゆ坂沿いにある「地獄蒸し工房鉄輪」という施設をご利用下さい。

陽光荘は一泊4,000円、2泊以上の連泊だと一日3,500円になります。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/03−2017/04/07 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ