元祖きたなシュラン三ツ星!横浜「三陽」は下ネタ溢れる中華店

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

元祖きたなシュラン三ツ星!横浜「三陽」は下ネタ溢れる中華店

元祖きたなシュラン三ツ星!横浜「三陽」は下ネタ溢れる中華店

更新日:2017/05/23 11:29

Naoyuki 金井のプロフィール写真 Naoyuki 金井 武蔵国ナビゲーター、歴史探索ブロガー

「酔っ払いオヤジがたむろする飲んだくれの街」横浜市中区野毛町。そんな野毛町にあって、常に異彩を放っているのが中華料理店「三陽」で、みなとみらいへの観光客はもとより東京からわざわざやってくるほどの人気ぶり。その人気の秘密は「きたなシュラン」三ツ星の勲章と下ネタ、そして絶品グルメと云う摩訶不思議な店なのだ。あなたの知らない耽美な中華店をお教えしよう。

- PR -

のんべの聖地のメインストリート「野毛小路」

のんべの聖地のメインストリート「野毛小路」

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

JR桜木町駅から「ぴおシティ」の地下道を通って地上に出ると、そこは約500店舗以上ある野毛のんべ街のメインストリート「野毛小路」。ディープカルチャー・ストリートともいえる「野毛小路」は、ある意味で横浜の隠れた素顔と云えるのだ。

のんべの聖地のメインストリート「野毛小路」

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

その野毛小路のとば口に燦然と輝いているのが「三陽」。何もなければタダの三階建てのビルだが、黄色をメイとしたビビットカラーが、すぐ三陽とわかる存在感を示している。

のんべの聖地のメインストリート「野毛小路」

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

正面にまわれば、ドキッとするような看板が目に飛び込む。毛沢東や周恩来、楊貴妃から高倉建さんまで日中のオールスターがそろい踏み。ワクワク感と一抹の不安が交差するエントランスだ。

「きたなシュラン」三ツ星って一体!?

「きたなシュラン」三ツ星って一体!?

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

店頭の健さんとオーナーのツーショット写真にある「きたなシュラン」とは一体何なのか。店内に踏み込めばその意味もピンと来るはずである。

「きたなシュラン」三ツ星って一体!?

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

「きたなシュラン」とは、フジテレビ「とんねるずのみなさんおかげでした」のコーナー「きたなシュラン」(現在は「きたなトラン」に変更された)で紹介されたお店で、見た目は汚いけれど料理はおいしいレストランや飲食店のこと。
2009年11月、栄えある第1回目の放映で何と最初に三ツ星を獲得したのがこの「三陽」で、云わば「きたなシュラン」三ツ星の元祖なのだ。

「きたなシュラン」三ツ星って一体!?

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

その選出理由が振るっている。「ちょっとふざけた下ネタ語録が多く、店内は油にまみれている。店のトレーナーを6,000円で売っていて、主人の会話の基本は下ネタ。店の水道の水を飲むとお腹を壊す」という二の足を踏みたくなるようなお店。
店内に飾られた番組の石田弘エグゼクティブプロデューサーの顔のマスコットキャラがニヤついて見えるのも無理からぬところである。

やっぱりおススメには逆らえない

やっぱりおススメには逆らえない

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

席に着いたとたん店主の一言。「長男の餃子に次男の味噌ダレネギ鳥ね」と半ば押し売り状態で勧められる。勿論、断って良いのだが、ビギナーは素直にオーダーするのも良いだろう。それにしても「長男、次男って」と思わずメニューを見れば「おつまみ三兄弟」とある。衝撃のおつまみ一家が、あなたを歓迎しているのだ。

やっぱりおススメには逆らえない

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

長男の餃子。「毛沢東もびっくり」という三陽の看板メニュー。熱々の出来立てをハフハフ言いながら食べれば、ガツンとニンニクの効いたパンチが襲ってくる。本来の餃子はこうでなきゃいけない。仕事やデートでニンニクを嫌うなら食べなくて結構なのだ。

やっぱりおススメには逆らえない

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

次男の味噌ダレネギ鳥は、自家製の味噌が文字通りの“ミソ”。こちらも熱々の逸品で、甘辛の味噌ダレは「とりあえずのビール」に良く合う仕組みだ。絶妙なコンビネーションの兄弟は、まさに中川家といったところであろう。

下ネタしかない創作サワー

下ネタしかない創作サワー

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

「とりあえずのビール」のあとの一押しはサワーだ。創作サワーと云っているが、特に珍しいサワーではない。むしろ珍しいのはネーミングの方である。下ネタオンパレードの「ムクムクサワー」は、せめて一杯は呑んでおこう。

下ネタしかない創作サワー

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

中でも「テポドンサワー」をいくのが王道であるが、ここは爽やかに永遠の「チェリーボーイサワー」をオーダーするのも一興だ。チェリー焼酎という聞きなれない酒に惹かれるが、チェリーが入っているだけというオチが付いている。

下ネタしかない創作サワー

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

焼酎ベースでないのが気を引く「ベイスターズサワー」。ジンベースの地元に敬意を表した逸品で、実はベイスターズの選手が良く来ることから創られたもの。時折、有名人も来るそうなので、運が良ければ会えるかもしれない。

〆はやっぱりラーメンでしょう

〆はやっぱりラーメンでしょう

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

ガンガン呑んでガツガツ食べる中、もう一つ紹介しておきたいのが「酢豚」。“酒好き、肉好き。女好き”の異母兄弟五男の火傷しそうなくらいの熱々の肉にかぶりつけば、カリッとした食感の中はジューシー。ベタベタした甘さも控えめながらコクのある美味さに驚くであろう。

〆はやっぱりラーメンでしょう

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

中華の〆といえばやはりラーメン。選択肢も多く「周恩来も驚く」ラーメンや「ギャルのアイドル」海鮮チンコロラーメンといった、オーダーするのをはばかるようなネーミングが楽しい。

〆はやっぱりラーメンでしょう

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

その中でおススメが「楊貴妃も腰抜かす」チンチンラーメン。店でのソバ人気ナンバー1の逸品で、タンメン風味のスープはコクがありながらサッパリ。ストレート麺は上手くスープのコクだけを吸い上げて、飲んべにはうってつけのラーメンと云えよう。

中央研究所で考え抜かれた絶品中華

「きたなシュラン」三ツ星に違わぬ店であるが、特別珍しい料理も無くテッパン中華しかない、といっても過言ではない。しかし、その美味さには、驚かされるはずである。
その美味さの秘密は日夜、三陽の「中央研究所」で開発されているからであるが、オーナー、スタッフともに研究所については多くを語らない。余程の企業秘密なのであろう。そんな絶品中華を是非、のんべの街野毛で味わってもらいたいものである。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ