トラムや本棚の裏が部屋!?アムステルダム「ホテル・ノット・ホテル」で非日常な滞在を!

| オランダ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

トラムや本棚の裏が部屋!?アムステルダム「ホテル・ノット・ホテル」で非日常な滞在を!

トラムや本棚の裏が部屋!?アムステルダム「ホテル・ノット・ホテル」で非日常な滞在を!

更新日:2017/06/19 09:17

カジヤマ シオリのプロフィール写真 カジヤマ シオリ トラベルライター、アートライター

オランダの首都・アムステルダムでは、新鮮さかつ刺激を感じるようなアート作品が日々生み出されています。現代美術に触れることのできるスポットも目白押しです。

そんなアムステルダムにある「ホテル・ノット・ホテル」は、まるでアート作品そのもののような場所。名前のとおり、部屋のデザインは到底ホテルとは思えない奇想天外さです!

- PR -

一見ホテルには見えない外観が目印

一見ホテルには見えない外観が目印

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

「ホテル・ノット・ホテル」があるのは、アムステルダム中央駅からトラムで約20分ほどの場所。Witte de Withstraat停留所のすぐそば、運河沿いにあるモスク「Westermoskee Aya sofya」の裏側にあります。

外から見てすぐ目につくところには、ホテルの看板がありません。ホテルというよりもマンションのような外観です。ちょっとわかりにくいですが、この外観も「ホテルらしくない」ポイントのひとつです。見落とさないように注意してください!

一見ホテルには見えない外観が目印

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

建物の、少し奥まったところに入り口があります。ようやく「HOTEL NOT HOTEL」の看板が見えてきます。

ここを入れば、アートのような空間での非日常が始まります!

ただの本棚じゃない!?その裏側には…

ただの本棚じゃない!?その裏側には…

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

ホテルの二階部分は、壁一面に本棚がずらりと並びます。重厚感があって、落ち着いた空間です。本のジャンルは、自己啓発本や旅行のガイドブック、展覧会の図録などさまざま。それらは自由に手に取ることができ、革張りのソファでリラックスしながらの読書もおすすめです。

ですが、この本棚はただの本棚じゃありません。2階全体が本棚とソファのある共用スペースに見せかけて、実は…

ただの本棚じゃない!?その裏側には…

提供元:ホテル・ノット・ホテル

http://www.hotelnothotel.com/地図を見る

本棚を押してみると、その裏にはダブルベッドが!隠れ家のような、自分だけのプライベートな空間があります。

本棚の裏は、すべて客室となっています。一見そうは見えないにもかかわらず、この演出には驚かされることでしょう。

ベッドのみのSサイズルームから、専用シャワールームが備わったXLサイズルームまで、人数や予算によって選ぶことができます。共用シャワーとトイレが1階にあるので、Sサイズルームでも十分快適に過ごすことができます。

アムステルダム名物・トラムも実は…

アムステルダム名物・トラムも実は…

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

1階にある、アムステルダムの街中を駆け巡るトラムの車両。一見アート作品に見えるかわいらしいこの車両も、実は客室のひとつなんです!

アムステルダム名物・トラムも実は…

提供元:ホテル・ノット・ホテル

http://www.hotelnothotel.com/

この中にも、ダブルサイズのベッドが。アムステルダム名物のトラムの中に泊まるという、ここでしかできない体験ができます。

開放感ある空間に、いくつものモチーフがつまった場所

開放感ある空間に、いくつものモチーフがつまった場所

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

ホテル全体が、まるでひとつのリビングルームのような作りをしています。ホテル内の机やソファでは自由にくつろげます。その中に、さまざまなテーマを持った部屋が集まっています。広々としており、窮屈さを感じません。

どの部屋にも、びっくりさせるような面白いポイントが隠されています。ホテルであるにもかかわらず、まるで、現代アートを展示する美術館のような場所です。

忘れられないアムステルダム滞在を!

アートの要素が強いホテルですが、部屋は清潔で、スタッフもみなフレンドリー。わからないことも聞きやすく、とても居心地がよいホテルです。

トラムの停留所が近く、観光スポットの集まるダム広場やアムステルダム中央駅へのアクセスが便利なのもポイント。インスピレーションを掻き立てるような刺激と、充実なアムステルダム観光、両方とも手に入れることができます!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/16−2017/03/17 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ