豊かな自然と素朴さが残るタイ「チャーン島」で秘境感を堪能!

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

豊かな自然と素朴さが残るタイ「チャーン島」で秘境感を堪能!

豊かな自然と素朴さが残るタイ「チャーン島」で秘境感を堪能!

更新日:2017/05/08 11:54

大川原 明のプロフィール写真 大川原 明 旅行ジャーナリスト(ライター)

タイの東部、カンボジアとの国境近くにあるチャーン島。タイではプーケット島の次に大きな島で、島内には綺麗なビーチが多くあり、内陸部の山々の景色も美しいです。海と山、双方楽しむ事が出来、発展著しいタイの中において、のどかな自然と雰囲気が残り秘境感が味わえる島です。

今回は皆様に、豊かな自然と素朴さが残り秘境感が味わえるタイ「チャーン島」をご紹介いたします。

- PR -

島内3つのお薦めビーチ

島内3つのお薦めビーチ

写真:大川原 明

地図を見る

チャーン島内には多くのビーチがありますが、ビーチにより趣きが異なります。著者がお薦めする3つのビーチはサイカオビーチ(ホワイト・サンド・ビーチ)、ロンリービーチ、ロングビーチです。

まず、サイカオビーチ(ホワイト・サンド・ビーチ)ですが、チャーン島で最も栄えている賑やかなビーチです。安いバンガローから高級リゾートまで50軒程の宿泊施設があり、レストランやバー、お土産屋、両替所、コンビニ等があります。賑やかな感じがよければサイカオビーチ(ホワイト・サンド・ビーチ)です。週末の夜はハウスやテクノ、トランス等のイベントも開催されています。クラブ好きには最適です。

島内3つのお薦めビーチ

写真:大川原 明

地図を見る

賑やかな雰囲気より、のんびりした感じのビーチがよければ西海岸の南部にあるローンリービーチ(上記写真)がお薦めです。安いバンガローから小洒落たリゾートホテルまで宿泊施設があり、サイカオビーチ程ではありませんがバーもあります。ビーチは小じんまりしていますが、落ち着いた雰囲気が漂っています。

島内3つのお薦めビーチ

写真:大川原 明

地図を見る

チャーン島内で最も秘境感が高いビーチは東海岸南部にあるロングビーチ(上記写真)です。ロングビーチは岬を隔て北と南の2つのビーチがあるのですが、南側のビーチは非常に静かで、のんびりするのには最適なビーチです。

クローン・プルー滝でマイナスイオンを浴びよう!

クローン・プルー滝でマイナスイオンを浴びよう!

写真:大川原 明

地図を見る

チャーン島内には複数の滝がありますが、その中で最もお薦めなのが島の中央部にあるクローン・プルー滝です。入り口から滝までは500メートル程歩かねばなりませんが、見る価値のある滝です。神秘的な感じがする滝で、マイナスイオンを浴びる事が出来ますので、しばらく滝を眺めて心身ともにリフレッシュしてください。

クローン・プルー滝でマイナスイオンを浴びよう!

写真:大川原 明

地図を見る

滝つぼでは泳ぐ事が可能ですが、水流が強いので注意が必要です。泳ぎに自信がある方は泳いでみるとよいでしょう。水は冷たいので非常に気持ちよいです。足元は滑りやすいので写真のように必ずロープを使って滝つぼに入りましょう。

クローン・プルー滝でマイナスイオンを浴びよう!

写真:大川原 明

地図を見る

ちなみに入り口から滝までは、悪路ですので怪我をしないようビーチサンダルではなく歩きやすい靴を履いていく事をお薦めします。脱水症状にならないように飲料水を持参してください。

美しい景色を堪能できる展望台

美しい景色を堪能できる展望台

写真:大川原 明

地図を見る

チャーン島の西海岸のカイベービーチを南に下っていくとカイベービューポイントと呼ばれる景色が堪能できる場所があるのですが、その南に展望台があります。ここは「The Light House Koh Chang」というカフェ&レストランの所有物です。一杯、飲み物を注文するだけで展望台の上に上がることが出来ますが、お腹が空いているのであれば食事もするとよいでしょう。

美しい景色を堪能できる展望台

写真:大川原 明

地図を見る

上まで上るのに体力がいりますが、頑張って上ると展望台最上階からは上記写真のように近くの島々の景色を堪能することが出来ます。最上階まで上った甲斐があると実感するでしょう。

海だけでなく山々の景色も美しい

海だけでなく山々の景色も美しい

写真:大川原 明

地図を見る

チャーン島は綺麗なビーチだけでなく、内陸部には多くの山があります。島で最も高い山は「Khao Salak Phet」で、標高744mです。西海岸は開発が進んでいますが、東海岸は開発があまり進んでおらず、秘境感が残っています。海の景色も良いですが、山の景色も堪能できるのがチャーン島です。

海だけでなく山々の景色も美しい

写真:大川原 明

もし、バイクの運転に自信があるのであれば、バイク(スクーター)を借りて周るのが効率的です。山がちな地形の島ですので上記のような峠道が非常に多いので運転には十分注意してください。タイではプーケット島に次いで2番目に大きな島ですのでツーリングを楽しむ事が出来ます。

近海で穫れる海の幸を堪能

近海で穫れる海の幸を堪能

写真:大川原 明

地図を見る

チャーン島は漁業もおこなわており、島内には近海で穫れる魚介類を堪能出来るレストランが多くあります。日本で見た事のある魚も置いてあれば、見慣れない魚もありますが近海で穫れる海の幸を堪能してください。

近海で穫れる海の幸を堪能

写真:大川原 明

地図を見る

島内には数多くのタイ料理のレストランがあり、どこにしようか迷うかもしれませんが、雰囲気を味わいたいのであれば各ビーチにあるオンザビーチのレストランです。ビーチを眺めながらタイ料理を堪能するとよいでしょう。

チャーン島では様々な体験が出来る!

いかがでしたか?発展著しいタイの中にあってまだまだのどかさと秘境感が残るチャーン島。今回ご紹介した以外にも島内各所にある旅行会社を通じて釣り、スキューバダイビング、シュノーケリング、象乗り、銃の試射、タイ料理教室等様々なものを体験できます。興味がある方は、体験してみるとよいでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/17−2017/02/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ