河津七滝もすぐそこ!伊豆・大滝温泉「地魚の宿 運龍」で9つの温泉を楽しもう

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

河津七滝もすぐそこ!伊豆・大滝温泉「地魚の宿 運龍」で9つの温泉を楽しもう

河津七滝もすぐそこ!伊豆・大滝温泉「地魚の宿 運龍」で9つの温泉を楽しもう

更新日:2017/05/15 16:01

たぐち ひろみのプロフィール写真 たぐち ひろみ エアライン勤務

5万坪の敷地に部屋数わずか22室。そんな贅沢な宿が静岡県河津市にあります。高級宿ランキングでも常に上位にランクインする「地魚の宿 運龍」は、名所「河津七滝」にもほど近い天城の谷あいに立地する、四季折々の情趣あふれる風流宿です。一番の自慢は敷地内の自家源泉をふんだんに使用した温泉。岩風呂、檜風呂、寝湯、打たせ湯、気泡風呂など、9つあるお風呂をはしごする温泉三昧な休日があなたを待っています。

- PR -

河津の奥座敷、天城山麓の上質宿

河津の奥座敷、天城山麓の上質宿

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

伊豆急行河津駅から送迎車で15分ほど山あいへ。河津七滝沿いの道路からちょっと脇道に入ると、木立の中から見えてくるのが「地魚の宿 運龍」です。川沿いに広がる宿の敷地はなんと5万坪。対して客室数はたった22という、空間を贅沢に使用した高級日本旅館です。

河津の奥座敷、天城山麓の上質宿

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

2015年にトリップアドバイザーの「エクセレンス認証(Certificate of Excellence)」を受賞したこの宿は、ほかにもさまざまなランキングで上位を勝ち取っています。そのサービスと設備の良さはすでにお墨付きという訳です。

自然を凝縮した形で再現する「池泉庭園」を中心に置き、それを囲むように客室が建ち並ぶ宿の造り。日本人なら誰もが郷愁を感じる和の情緒がここにあります。

温泉から温泉へ、楽しいホッピング!

この「運龍」での一番の楽しみは、間違いなく9つもある温泉です。午前と午後で男女が入れ替わる大浴場が2か所に、貸切用の浴場がこれも2つ。それぞれに内風呂や露天風呂、半露天が2つないし3つあり、どこも広々ゆったりした湯船になっています。2つの貸切浴場は無料で利用が可能ですが、先着順なのでチェックインしたらすぐ予約しましょう。

温泉から温泉へ、楽しいホッピング!

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

写真上は中でもおすすめの「河原の湯」。大浴場にある露天風呂の1つで、渓流を眺めながらの風流な湯浴みが体験できます。

そして、写真下は貸切用の「動の湯」。午後〜深夜のみ貸切専用で、朝は11時まで男性浴場に変わります。もう1つの貸切風呂「静の湯」は、同様に午前中は女性専用です。

温泉から温泉へ、楽しいホッピング!

写真:たぐち ひろみ

自家源泉ならではの広い湯船。ひとり占めできることも!

「運龍」で使用する温泉は敷地内にある山から直接引いてきた源泉です。温度調節のため循環させてはいるものの、加水は一切なし。このため、かけ流しと同様の効用が期待できます。泉質は単純アルカリ温泉でPH8.6、肌にも髪にも優しい泉質です。髪を洗った後、仕上げに数杯かぶってみてください。きっと髪の毛がさらさらになりますよ。

自家源泉ならではの広い湯船。ひとり占めできることも!

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

上の写真はこちらもおすすめ、大浴場の「野天岩風呂」です。客室数が少ない「運龍」のこと、こんなに広々した湯船でも混雑とは無縁! 時間帯によっては、入っているのは自分だけということも。このゆったりさ加減も、この宿の大きな魅力です。

一方、下の写真は源泉かけ流しの「檜の露天風呂」。山の緑に癒されながらの極楽気分を堪能してください。

自家源泉ならではの広い湯船。ひとり占めできることも!

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

数奇屋造りの客室で、しばし時を忘れてみる

さて、室内をご紹介しましょう。「雲龍」の客室は、多くが本間10畳+次の間4.5畳という純和風の数寄屋造り。これに各部屋、伊豆石でできたお風呂と大きくスペースの取られたテラスが付いています。池に張り出した形の1階のテラスに対し、2階は天城山を一望できる展望テラス。中には足湯のあるテラス付きの部屋も用意されています。

数奇屋造りの客室で、しばし時を忘れてみる

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

写真はその中の1つ、2階にある「芙蓉の間(213)」です。テラスの椅子に座ると、眼下には美しい日本庭園、周囲には天城の連山。泳ぐ鯉を観察したり、遠くの緑を眺めたり、野鳥のさえずりに耳をすませば、時間がたつのも忘れてしまいそうです。

そして、部屋にある石風呂にも注目を。決して広いお風呂ではありませんが、何といっても源泉かけ流し。一度はゆっくり浸かり、その恩恵に預かりたいものです。

数奇屋造りの客室で、しばし時を忘れてみる

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

伊豆産の海の幸が勢ぞろい!

「地魚の宿 運龍」という名前が示すとおり、この宿の看板メニューは相模湾や駿河湾など、近海で採れる魚介をふんだんに使った料理の数々。特に刺身、焼き魚、しゃぶしゃぶ、お茶漬けなど、さまざまな形で供される金目鯛は、深いうまみが甘味さえ感じさせ、食べても食べても飽きのこない美味しさです。

夜の会席では、伊勢エビ、珍しいブダイやオシツケ(アブラボウズ)、春ならではの桜海老など、それ以外にも魚介類が勢ぞろい。信州直送の新鮮な山の幸とともにテーブルを賑やかに彩ります。

伊豆産の海の幸が勢ぞろい!

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

「運龍」では、旅館としては珍しく朝食では和洋2つのチョイスが用意されています。3種類の干物を中心とした和の定食は、ご覧のとおり朝からこんなに食べられるの?と思うほどのボリューム。対して洋食は、パン、スープ、卵料理、ジュース、コーヒーと、正統派ホテル風。どちらもなかなか捨てがたい内容です。

食事は夕・朝とも食事処で。個室料亭とレストラン2か所があり、予約状況などに応じて場所が指定されます。静かに食事をしたいなら、やはり個室料亭がおすすめです。

伊豆産の海の幸が勢ぞろい!

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

できれば2泊して、のんびり、まったり。

温泉めぐりだけでもあっという間に時間が過ぎてしまいそうな宿「運龍」。ここはできれば連泊してのんびりくつろぎたいものです。2日目には、ちょっと足を延ばすだけで河津七滝めぐりも楽しめます。敷地内の裏山へ続く「花小路(はなこみち)」をたどり、ちょっとハードな山の散歩にトライするのもいいでしょう。または、あえて終日テラスでぼーっとしてみるという手も。まさに贅沢の極致と呼べる過ごし方です。

山、川、滝、温泉、日本庭園、そして海の幸。何もないようで実は何でもあるこの一軒宿は、きっとあなたの心と体をほぐしてくれるはず。おひとり様にも対応してくれる「地魚の宿 運龍」は、自分へのご褒美旅にもおすすめです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/30−2017/05/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ