ツインリンクもてぎで立体迷路「迷宮森殿 ITADAKI」子どもは冒険!大人は脳トレ!

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ツインリンクもてぎで立体迷路「迷宮森殿 ITADAKI」子どもは冒険!大人は脳トレ!

ツインリンクもてぎで立体迷路「迷宮森殿 ITADAKI」子どもは冒険!大人は脳トレ!

更新日:2017/07/02 16:12

フルリーナ YOCのプロフィール写真 フルリーナ YOC トラベルライター、音楽講師

自然の中でモータースポーツや遊園地を楽しめる「ツインリンクもてぎ」に、2017年3月オープンした立体迷路「迷宮森殿 ITADAKI」。生態系を体感しながら5層階に分かれる立体迷路で、見て触って、アスレチックやリアルな生き物のオブジェと遭遇しながら進みます。子供にとってはドキドキの大冒険!大人にとっては超難解な迷路突破がパズルのような脳トレ!ITADAKIにたどり着けるか挑戦!

- PR -

「迷宮森殿 ITADAKI」は超難解!みんなで協力してITADAKIを目指せ!

「迷宮森殿 ITADAKI」は超難解!みんなで協力してITADAKIを目指せ!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

2017年で開業20周年を迎えるモビリティテーマパーク「ツインリンクもてぎ」は、モータースポーツのみならず自然と一体になって、子どもも大人も夢中になって遊べる場所。2016年にはグランピングも楽しめる「森と星空のキャンプビレッジ」、2017年には立体迷路「迷宮森殿 ITADAKI」がオープンと、進化が止まりません。

この「迷宮森殿 ITADAKI」はただの立体迷路ではありません。パズル・アスレチック・スタンプラリー・クイズなどの要素が加わりながら生態系を体感でき、また、未知の世界への冒険にでるようなワクワク感がいっぱいなのです。

「迷宮森殿 ITADAKI」は超難解!みんなで協力してITADAKIを目指せ!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「迷宮森殿 ITADAKI」のゴールは、5階まで行き森の生態系の頂点にたどり着くこと。迷路は初めから超難解でパズルのよう。大人は特に頭を柔らかくしないとなかなか前へ進めません。ファミリーや仲間同士で知恵を出し合い、考えながらゴールを目指しましょう!

「迷宮森殿 ITADAKI」は超難解!みんなで協力してITADAKIを目指せ!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「迷宮森殿 ITADAKI」には、スタンプラリーとクイズの要素も盛り込まれ、森に関するいくつかの秘密を解き、知らず知らずのうちに森の生き物のことを知っていくことができます。スタンプポイントも忘れず見つけてくださいね。

一階は地中に住む虫がテーマ!ダンゴ虫に乗っちゃおう!

一階は地中に住む虫がテーマ!ダンゴ虫に乗っちゃおう!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「迷宮森殿 ITADAKI」は5層になっており1階は森に住む地中の虫たちと出会います。土の中に住む虫たちは、フカフカで栄養ある土を作り植物を育てます。小さな虫たちも、とっても大切な働きをしているのですね。

超リアルなミミズにドキドキしながら吊り橋を渡ったり、ダンゴ虫に乗って遊んじゃいましょう!

一階は地中に住む虫がテーマ!ダンゴ虫に乗っちゃおう!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

ここは2階の植物の世界。土の中で働く小さな虫や微生物のおかげで、森の植物たちは元気に育ちます。そして木々が落とすドングリなどの木の実は、リスやネズミのエサとなります。

大きなドングリには、ぶら下ったり乗ったりして遊べます。フォトスポットでもあるので撮影もお忘れなく!

一階は地中に住む虫がテーマ!ダンゴ虫に乗っちゃおう!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

わあ、おおきな松ぼっくり!自分が小さな虫だったら、こんなふうに松ぼっくりが見えるのでしょうね。さあ、この松ぼっくりを乗り越えて次の世界へ!

3階は地上の昆虫たちの世界

3階は地上の昆虫たちの世界

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

3階へは、また難解な迷路が待ち構えています。何度も同じ道を戻ってしまったり、ギブアップの矢印の誘惑にかられたり・・・。木の隙間をくぐったり、知恵を絞ってドアを開いたり。頭の固い大人にとっては脳トレそのもの!知恵を絞って難問を突破しましょう。

3階は地上の昆虫たちの世界

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

蜘蛛の糸が出てきたら、無事に地上の昆虫の世界へ到着!蜘蛛は糸に架かった蝶などの昆虫を食べてしまいます。張り巡らされた蜘蛛の糸を脱出して次へ向かいましょう。

3階は地上の昆虫たちの世界

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

うわあ!今度はカマキリがカマをもたげて獲物を狙っています。カマキリのエサにならないうちに脱出しなくては!蜘蛛は蝶を食べてしまいましたが、今度はカマキリのエサになってしまいます。自然の生態系は、このようにしてできているんですね。

森の生態系のITADAKIにある動物は・・・

森の生態系のITADAKIにある動物は・・・

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

そうして更に上の階へと登って行くと、コウモリに遭遇!コウモリは昆虫などを捕えて食べます。コウモリの下に入ると、コウモリに襲われた写真を撮ることもできます・・・キャーッ!

森の生態系のITADAKIにある動物は・・・

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

そうして森の生態系の頂点に君臨する動物は・・・。それは今はヒミツ・・・ITADAKIに登る皆さんの目で確かめてくださいね。そして、いよいよその動物からも逃れてITADAKIの頂上へと上り詰めましょう!

最後の難関はこの網の坂道を登って行くこと!

森の生態系のITADAKIにある動物は・・・

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

おめでとう!ITADAKIに到着です!達成感ハンパないです!ゴールに着いたら鐘を鳴らし、森の生態系のTOPに君臨する動物のスタンプを押しましょう。

早ければ30分ほどでクリアできるそうですが、方向音痴の筆者は独りで挑戦したので、何と1時間半もかかってしまいました。でも楽しかったです。「迷宮森殿 ITADAKI」は森の生態系をいろいろ観察&体験、楽しむためにも時間には余裕を持ってのチャレンジをおすすめします。

最後のもう一つサプライズ!

最後のもう一つサプライズ!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

そして最後の最後に、もう一つのサプライズがこれ!
5階から高さ10メートルを、ぐるぐるスライダーで一気に滑り降ります。スピードが好きな人はそのまま、ちょっと怖い方は足を踏ん張ってブレーキをかけながら滑り降りましょう。

荷物は最小限で身軽にチャレンジ!

いかがでしたか?オープン以来大人気の「迷宮森殿 ITADAKI」。独りでも楽しめますが、ここはやはりファミリーや仲間たちと、知恵を出し合い、写真を撮りながらワイワイと楽しみたいもの。

小さいお子さんにとっては恐いこともたくさんの大冒険なので、パパやママはしっかりと抱きしめたり励ましながらチャレンジしてくださいね。子どもたちはこのチャレンジから楽しさのみならず、勇気を出して難関を乗り越える力をも受け取ることでしょう。

注意事項として、アスレチックのように登ったり潜ったりするところもあるので、必要のない荷物はコインロッカーに入れておくことをお勧めします。コインロッカーは、中央エントランス内・ 東エントランス内・コントロールタワー・ ホンダコレクションホール・ ファンファンラボ・ ハローウッズの各場所に設置されています(有料)。それでは皆さん、エキサイティングな旅を!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/26 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ