磯料理にがっつける!南伊豆町中木・民宿「殿羽根」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

磯料理にがっつける!南伊豆町中木・民宿「殿羽根」

磯料理にがっつける!南伊豆町中木・民宿「殿羽根」

更新日:2017/05/02 17:26

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

「殿羽根(どんばね)」は、南伊豆町中木地区にある小さな民宿。目の前に広がる入り組んだ地形の海は、海の恵みをもたらす天然の漁場。宿の主人は刺し網漁を営んでおり、食事は高級料亭に負けない磯料理を味わえます。伊勢海老・サザエ・〆たての魚を使った鮮度抜群の刺身など、豪勢な料理が並び、確かな品質の海の幸がお得価格……宿の規模は小さいが侮れないっ!美食グルメの方には必見の民宿「殿羽根」をご紹介します。

旅情を搔き立てる!海辺に佇む民宿

写真:sachie

地図を見る

ご紹介する民宿「殿羽根」は、伊豆半島の最南端の町・南伊豆町中木にあります。ここは、観光客に大人気な青く美しい海もあり、ヒリゾ浜へ向かう渡船が出るなど、夏は賑わいを見せる人気の場所です。

宿は、港のすぐ目の前に構えている老舗の民宿。宿の主人は刺し網漁を営んでおり、食事は獲れたての魚が食べられます。長年、漁に携わっているため、魚介に関しては確かな目を持っています。

昭和チックな雰囲気が堪らない!風情溢れる客室

写真:sachie

地図を見る

宿の客室は、畳敷きの和室。客室の手洗い場など、使いやすいようにリニューアルするなど配慮されていて、鏡台や敷布団など、今となっては懐かしさを感じさせる日本的な雰囲気が漂っています。

洒落っ気はありませんが、かえって素朴さが心を無垢にしてくれ、日常の慌ただしさを忘れさせてくれるような穏やかな時間が流れています。海側の部屋からは、海を一望することが出来て眺めは抜群です。比較的穏やかな海を見ながらのんびり過ごせますよ。夕食までの間、海辺を散歩してみても良いですね。

夕食は惜しげもなく海の幸がど〜んっ!思わず声が漏れる豪快メニュー

写真:sachie

地図を見る

この宿で楽しみなのは、なんといっても夕食の時間。手前から時計回りに、伊勢海老ボイル、タコ・マグロ・カツオ・ブリ・アジなどの刺身の盛合せ、サザエのつぼ焼き、ラデッシュ・塩辛・スナップエンドウ・枝豆など。

伊勢海老は、頭からしっぽまで丸々一匹を茹でた豪快な料理。刺身は、マグロ・カツオ・ブリなど、刺身の王道素材と言っても過言ではない名だたるメンバーを、一皿にまとめてしまった贅沢な一品になっています。料理の内容は季節によって異なりますが、漁で獲れた選りすぐりの素材が味わえるのは、ここならでは。

写真:sachie

地図を見る

ここ南伊豆町は、伊勢海老の漁獲量が県内でトップクラス。毎年、伊勢海老漁が解禁される9月中旬〜12月中旬にかけて、町内で伊勢海老祭りが開催されるなど、町のメイン素材となっています。そのため、美味しさ保証付き!の鮮度抜群の伊勢海老にありつくことができ、料理の中で一番お勧めしたいメニューです。

ボイルした伊勢海老の身は、プリプリとした中にサクサク感のある不思議な食感。ボイルした海老は、噛めば噛むほど甘みが染み出して、刺身で食べるより更に美味しく食べられます。オーソドックスにマヨネースを付けて食べても良し。一匹分の身を一口で頬張ってみてはいかが?

丸ごと一匹をゴージャスに使っているので、頭のミソが食べれるのも嬉しいところ。運が良ければオレンジ色した卵が入っている場合も。卵は雌にあり、産卵の時期に限られるためとっても希少な食材なのです。そんな食材が食べられるなんて、幸せ〜と思ってしまう瞬間。味噌や卵は、とっても濃厚でなんとも言えない美味しさ。伊勢海老の本場だから味わえる代物です。

養殖じゃない!天然素材そのままの通を唸らせる旨さと出会える!

写真:sachie

地図を見る

夕食のメニューはまだ終わりません。こちらは、サザエのお刺身です。スーパーなどで売っているサザエは、養殖が多いですが、ここで頂くサザエは天然もの。漁をやっているからこそ手に入る食材で、このサザエは大人の男性の握り拳より遙かにデカい大きさ。切り身が大きく、サザエの味をじっくり吟味できるので、グルメの方にもお勧め。コリコリとした食感と共に、口に広がる磯の香りが堪りません。これを酒の肴に、一杯やるのも乙なもの。

メニューは、ブダイの姿煮、ワカメ・エビなどの具だくさんの茶碗蒸し、山菜の天ぷらなど、とても食べきれないくらいの料理が並びます。魚だけでなく、フキノトウなど時期にあった素材が取り入れられているので、季節感を味わえるのも魅力的です。

夏は予約が殺到!宿泊の申し込みはお早めに

南伊豆町中木は、透明度抜群の海「ヒリゾ浜」があるため、夏場の海水浴シーズン中は、宿は満室となる場合があります。海水浴と料理を一緒に楽しみたい方は、予約はお早めに。

民宿は、お安く泊まれる代わりに布団の上げ下げや、食事の食器の上げ下げは、セルフサービスとなります。バスタオル・フェイスタオルなどのタオル類や、ドライヤー・化粧水などのアメニティは必ず持って行きましょう。宿のお風呂は、沸かし湯となります。

民宿「殿羽根」は、鮮度抜群の高級食材の海の幸をお腹一杯に堪能できる!確実に美味しい海の幸にありつけること間違いなし!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/24 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ