石垣島・川平でトレーラーハウスに泊まれる「かーらB&B」

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

石垣島・川平でトレーラーハウスに泊まれる「かーらB&B」

石垣島・川平でトレーラーハウスに泊まれる「かーらB&B」

更新日:2017/05/05 17:36

宮腰 由希子のプロフィール写真 宮腰 由希子 国際関係スペシャリスト、ロシア語通訳翻訳

「かーらB&B」は石垣島で最も美しい海、川平湾が眺望できるカフェを併設したゲストハウス。おしゃれなツイン、ファミリールームの他、トレーラーハウスにも泊まれる。カフェでは石垣島らしい食材や直営農場で採れた卵や熱帯果実を使ったメニューが人気だ。グラスボート乗り場が徒歩圏内で、川平湾周辺の観光にぴったりだ。

- PR -

川平公園からすぐのロケーション

川平公園からすぐのロケーション

写真:宮腰 由希子

地図を見る

川平湾は石垣島で最も美しいブルーが見られる海だ。潮流が速いため遊泳禁止だが、グラスボートやカヤックが人気で、グラスボート乗り場のある川平公園から「かーらB&B」までは、徒歩5分のところにあり、川平観光に便利なロケーションだ。市街地からバスでアクセスする場合は、川平郵便局前の停留所が宿の目の前なので、そこで降車する。

石垣空港からも川平行きの路線バス「米原キャンプ場線」があるが、本数が非常に少なく、一度バスターミナルまで行き、そこで乗り換える必要があるため、飛行機の到着時刻によってはお勧めできない。一番便利な移動手段はレンタカーで、宿には駐車スペースが7台分あるので、予約せずに無料で停めることができる。

川平公園からすぐのロケーション

写真:宮腰 由希子

地図を見る

「かーらB&B」の客室は、おしゃれなインテリアで飾られたツインルームと4人まで泊まれるキッチン付きのファミリールームがある他、5人まで宿泊可能なキッチン付きトレーラーハウスがある。内装がおしゃれなだけでなく、清潔感もあり、とても快適に過ごすことができる。

トレーラーハウスに泊まって気分はアメリカン!

トレーラーハウスに泊まって気分はアメリカン!

写真:宮腰 由希子

地図を見る

トレーラーハウスには、大きなダブルベッドのある寝室と、いかにもトレーラーハウスに泊まっている気分を醸し出してくれる寝台がついた部屋がある。ダイニングにはキッチンもあり自炊可能だが、アメリカ仕様の電子レンジは使い方がやや難しいので取り扱いには注意しよう。シャワーやトイレもトレーラーハウスの中についており、狭いが特に不便は感じない。洗濯機は他の客室と共用で、屋外に設置されている。

トレーラーハウスに泊まって気分はアメリカン!

写真:宮腰 由希子

地図を見る

トレーラーハウスの玄関にはテーブルと椅子が設置されたラウンジがある。庭にはマンゴーやグァバなどの熱帯果実の木が植えられており、パティオもある。川平公園だけなら不要だが、もっと遠くに出かける場合は、併設のカフェで自転車を借りることもできる。

川平湾を眺望できるkabira cafe

川平湾を眺望できるkabira cafe

写真:宮腰 由希子

地図を見る

トレーラーハウスに併設されているkabira cafeでは、チェックイン時にウェルカムドリンクのサービスがあり、2016年に改装したばかりのテラス席でフレッシュジュースを飲みながら美しい川平湾を眺めることができる。

宿泊プランは素泊まりだけだが、カフェのメニューが豊富なので、ディナーでは、ぜひkabira cafeをオススメしたい。魚介類、石垣牛や水牛のチーズなど石垣ならではの食材を使った美味しい洋食やデザートを提供している。「かーらB&B」にはカフェの他に、「かーらファーム」という直営農場があり、そこで採れた島バナナと卵を使ったシフォンケーキや黄班プリマスロックの有精卵を使った濃厚プリンがお客さんの間で大好評だ。

川平観光をするなら「かーらB&B」に泊まろう

「かーらB&B」は、石垣島で一番美しい川平湾を見渡せるカフェが併設され、川平公園から歩いてすぐの宿だ。トレーラーハウスに泊まれば、普通のホテルとは一味違った滞在ができ、石垣島旅行のかけがえのない思い出になるだろう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ