大江戸温泉物語「熱海伊豆山 ホテル水葉亭」は料理・温泉・客室・眺望いずれも素晴らしい!

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

大江戸温泉物語「熱海伊豆山 ホテル水葉亭」は料理・温泉・客室・眺望いずれも素晴らしい!

大江戸温泉物語「熱海伊豆山 ホテル水葉亭」は料理・温泉・客室・眺望いずれも素晴らしい!

更新日:2017/05/01 17:03

藤田  聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

ホテル水葉亭(静岡県熱海市)は伊豆山温泉を代表する老舗旅館で、2017年4月に大江戸温泉物語の宿として新装オープンしました。もともと眺望が素晴らしい立地ですが、今回の改装で温泉も客室も大幅にグレードアップ。食事に定評がある大江戸温泉物語ですから、絶品料理も食べ放題です。
宿泊料金も9,800円(税別)からと非常にリーズナブルな、「熱海伊豆山 ホテル水葉亭」の魅力を詳細に紹介します!

大江戸温泉物語「熱海伊豆山 ホテル水葉亭」は、眺望が最高の老舗温泉旅館

写真:藤田 聡

地図を見る

大江戸温泉物語「熱海伊豆山 ホテル水葉亭」は、熱海温泉手前の崖の上にあります。写真は有料道路「熱海ビーチライン」から見た様子で、客室はもちろん、館内の至る所から海の絶景を満喫出来ます!

ホテル水葉亭の食事は、金目鯛の刺身と「まご茶漬け」が名物

写真:藤田 聡

地図を見る

ホテル水葉亭の食事は、夕食も朝食も食べ放題のバイキング形式。大江戸温泉物語の宿は食事に定評がありますが、ホテル水葉亭の料理は一層華やか。新鮮な金目鯛の刺身も一年中提供され、夕食の目玉料理になっています。

写真:藤田 聡

地図を見る

ホテル水葉亭のレストランにはライブキッチンがあり、常時5名のシェフが腕を奮っています。オープン記念料理として、国産黒毛和牛のステーキも登場しているので、早めに宿泊するのがおすすめです!

写真:藤田 聡

地図を見る

朝食では、地元の郷土料理「まご茶漬け」が登場。朝から刺身が乗ったお茶漬けを食べられるとは、本当に贅沢な気分になれます。

走り湯源泉のかけ流し浴槽を新設!ホテル水葉亭の温泉は海の絶景が素晴らしい

写真:藤田 聡

地図を見る

ホテル水葉亭では2本の自家源泉と、伊豆山温泉の名湯「走り湯」源泉を2本引湯しており、4源泉混合の温泉を楽しめます。中でも、離れた場所にあるオーシャンビューの露天風呂は、眺望が最高です!

写真:藤田 聡

地図を見る

大浴場も、もちろんオーシャンビュー。温泉の泉質も、海水に似た塩化土類泉なので、まるで海に浸かっているような気分で温泉三昧を楽しめます。

写真:藤田 聡

地図を見る

ホテル水葉亭の温泉は、循環併用ながら温泉好きにも好評の湯使いが特徴です。今回のリニューアルでは、伊豆山温泉を代表する名湯「走り湯」源泉のかけ流し浴槽も新設されました。広大な体育館のような大浴場には、多彩な温泉浴槽が多数並んでいるので、何回入浴しても飽きる事がありません。

ホテル水葉亭は新設のグレードアップ客室がおすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

ホテル水葉亭の部屋は、9,800円(税別)の一般客室も美しく改装されています。しかし、グレードアップ客室の追加料金も1,000円から3,000円程と手頃なので、折角ならグレードアップ客室がおすすめ。写真は、新設和洋室の一例です。

写真:藤田 聡

地図を見る

グレードアップ客室の中でも、特におすすめなのが、本館ハイフロアの新設和室(写真)。和室とは思えない程スタイリッシュな空間に、差額一人2,000円で泊まれるのですから、是非グレードアップしましょう!

写真:藤田 聡

地図を見る

ホテル水葉亭で一番ゴージャスな客室が、新設の洋室の中でも本館最上階の角部屋。2方向に巨大な窓があり、海の絶景を存分に満喫出来る部屋です。

広大な太平洋を一望する!客室眺望とロビーの眺望

写真:藤田 聡

地図を見る

ホテル水葉亭は大半の客室がオーシャンビューで、客室眺望も最高です。広大な太平洋を一望するのはもちろん、伊豆山温泉の旅館群も一望する絶景です。

写真:藤田 聡

地図を見る

ホテル水葉亭は、ロビーも絶景。特に太平洋の方向には、果てしない海が広がり、まるで豪華客船でクルージングをしているような気分になります。

大江戸温泉物語「熱海伊豆山 ホテル水葉亭」だけじゃない!熱海温泉には名旅館が多数あります。

大江戸温泉物語「熱海伊豆山 ホテル水葉亭」の魅力、いかがでしたでしょうか?リニューアルにより、館内の至る所がグレードアップしている事がお分かり頂けたと思います。こんなに素晴らしい温泉宿に、税別一万円前後で泊まれるのですから、まさに破格値。誰にでも自信を持っておすすめ出来ます!

伊豆山温泉を含めた熱海温泉には、他にもおすすめのホテルや観光地が多数あります。別の記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります)

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/24 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ