ハートランドフェリー新造船「カランセ奥尻」で奥尻島へ行こう!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ハートランドフェリー新造船「カランセ奥尻」で奥尻島へ行こう!

ハートランドフェリー新造船「カランセ奥尻」で奥尻島へ行こう!

更新日:2017/05/01 16:15

ヨッシー 安達のプロフィール写真 ヨッシー 安達 トラフィックトラベルナビゲーター

ハートランドフェリーは2017年5月1日、奥尻島と北海道本土(江差・瀬棚)を結ぶ航路に新造船「カランセ奥尻」を就航させました。これまでのフェリーと比べ、客室が充実しバリアフリー対応になるなど、より旅行しやすい船に!新しい「カランセ奥尻」で奥尻島への旅がより楽しくなります。

従来船よりも大きく利用しやすくなった「カランセ奥尻」!

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

「カランセ奥尻」は内海造船瀬戸田工場で建造されました。2017年1月に進水し、4月にハートランドフェリーへ引き渡されました。カランセとは、奥尻島に咲く薄紫色の花「オクシリエビネ」の学名に由来し、花言葉は「誠実」です。

これまで運航していた「アブローラ奥尻」と比べ、船体のサイズが2,248トンから3,631トンにアップし、横揺れを軽減するフィンスタビライザーが設置されました。より安定運航が可能になり就航率の向上が見込まれます。

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

これまでの「アブローラ奥尻」で操舵室の隣に設けられていた特別室は、「カランセ奥尻」では船の揺れが比較的少ない船の中央部の左側に設置されました。特別室は2室のみ各4人部屋となっており、船首側がプレミアムブルー、船尾側にある部屋がプレミアムオーシャンとなっています。両部屋ともにTVモニターがあって、1等で楽しめる船首の景色などを見る事が出来ます。
特別室プレミアムブルーは中央にテーブルが設置されています。

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

特別室プレミアムオーシャンはリクライニングシートが4人分設置され、TVモニターは前方に設置されています。

「カランセ奥尻」1等は「アイランドビューシート」で船首がよく見える!

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

1等座席は客室2階に設置され、船首の景色が楽しめる「アイランドビューシート」になりました。座席はJR特急列車のグリーン車並みで、シートピッチは広く足元に余裕があるほか、座席前にテーブルが出せるようになっています。また景色が見やすい船の壁側には100ボルトコンセントとUSBコンセントが新たに設けられ、電子機器の充電をしながら旅行可能に。

なお1等最前方にTVモニターが付いており、ビューシートの後方座席に指定された場合でもモニターで景色を楽しめるようになっています。また夜間は安全航海のために前方のカーテンが閉められますが、TVモニターを見ながら船橋にいる船員と同じ景色を楽しめます。

バリアフリー対応に2等には優先席も!車椅子でも快適な「カランセ奥尻」

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

「カランセ奥尻」には客室1階案内所近くに、2等優先席が設けられました。優先席の進行方向側には写真の様に車椅子スペースがあり、進行方向右側にあるエレベーターからわずかの場所にあります。また車椅子用のトイレがエレベーターの隣に設置され、足が不自由な利用客に利用しやすくなりました。

なお車椅子用トイレは、特別室と1等がある客室2階にもエレベーター入口前に設置されています。

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

2等優先席スペースには、車いすスペースの隣に座席が設けられました。また2等優先席区画の前には一般のトイレもあり、トイレまでの距離が短縮されています。

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

車両甲板にはエレベーターがある船の右側客室用入口そばに、体が不自由なお客様の車両を置けるスペースがあります。車両を乗せての旅行もしやすくなっております。

ペットルーム、レディースルーム、キッズルームにベビールームも!

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

客室1階船尾左側にはペットルームが設置されました。ペットを航海中ケージに入れて、ペットと一緒に過ごせる2等の部屋です。なお乗下船時以外はペットをペットルームの外に出す事が出来ません。

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

ペットルームの隣には、カーペット敷である2等女性専用区画「レディースルーム」が設けられました。レディースルームから2室ある写真のパウダールームへ向かう事が出来ます。女性のお客様のお化粧直し等に最適です。
(このエリアは男性の立ち入りは出来ません)

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

2等船尾右側にはカーペット敷のキッズルームとその隣には子供が遊べる区画が設けられています。またベビーベッドが1つ設けられたベビールームも側にあります。

見どころいっぱい!奥尻島

提供元:奥尻島観光協会

http://unimaru.com/地図を見る

江差港、または瀬棚港を出港し、奥尻島の島影が見えてきて写真の鍋釣岩が見えたら奥尻港フェリーターミナルはもうすぐです。

提供元:奥尻島観光協会

http://unimaru.com/地図を見る

ハートランドフェリーの奥尻航路は季節によって運航形態が大きく変わります。冬の間は奥尻港―江差港のみであり、瀬棚港−奥尻港の運航があるのは5月から10月中旬までとなります。
特別室、1等、2等の座席指定席、車両の予約は乗船の2か月前からですが、15名未満の2等自由席は乗船当日乗船港の窓口か券売機で定員になるまで販売されます。ペットルーム利用を希望する場合、予め奥尻港、江差港、瀬棚港のいずれかへ問い合わせる必要があります。

「カランセ奥尻」で楽しい奥尻島への旅を!

新造船「カランセ奥尻」は、これまでの「アブローラ奥尻」と比べて充実した客室・設備となり、より利用しやすくなりました。体がご不自由なお客様向けのバリアフリー対応の設備に女性専用部屋、子供用部屋、そして船首の1等アイランドビューシートと現代に合った船です。ハートランドフェリー「カランセ奥尻」に乗って奥尻島へ出かけてみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/29 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ