絶景インフィニティ露天風呂で癒されたい!箱根小涌園「天悠」

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

絶景インフィニティ露天風呂で癒されたい!箱根小涌園「天悠」

絶景インフィニティ露天風呂で癒されたい!箱根小涌園「天悠」

更新日:2017/04/29 11:19

篠宮 あかりのプロフィール写真 篠宮 あかり トラベルライター、ひとりトラベラー、ユニークホテルライター

箱根ホテル小涌園やユネッサンなど、箱根を長年リゾート地として盛り上げてきた藤田観光。2017年4月20日には、小涌園の新たな宿泊施設として「箱根小涌園 天悠(てんゆう)」をオープン。箱根の自然と溶け込むインフィニティ露天風呂、和モダンな内装が楽しめる6つの特別客室、ゆったりと寛げる離れのスパなど、心ときめく内容が盛りだくさん。忙しい大人の女性がホッと癒される箱根の新たな旅館をご紹介します!

藤田観光の伝統を受け継いだ「箱根小涌園 天悠」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

1959年の創業で長年多くの旅行客に愛されてきた「箱根ホテル小涌園」。箱根地区の再開発やホテル自体の老朽化に伴い、2018年に閉業することが決まった時には大きな話題になりました。箱根ホテル小涌園に変わって新たにオープンするのが、今回ご紹介する「天悠」です。

高低差のある広大な敷地に建てられた旅館で、雄大な自然の中にただずむモダンな外観が目を引きます。アクセスは箱根登山鉄道「小涌谷」駅から徒歩10分ですが、長い坂道があるので送迎車を予約するのが便利。また、伊豆箱根バスの「天悠」からは徒歩すぐの距離ですよ。

提供元:箱根小涌園 天悠

http://www.ten-yu.com/

フロントには大きな窓や自然のオブジェが配置され、車沢が流れる渓谷庭園の展望を満喫できます。カウンターの後ろにはLEDで淡く光る亀甲文様のレリーフアートを設置。こちらの文様は藤田観光の前身「藤田組」の創始者・藤田傳三郎男爵が、客人をもてなす際に使用したお盆に施されたもの。時代を超えて新たな表現で伝統を受け継ぐところに遊び心がありますね。

箱根の自然と一体になったような「浮雲の湯」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

天悠のシンボルとも言えるのが、6階の大浴場「浮雲の湯」。高台に位置しているため、箱根の雄大な自然と一体となったような、インフィニティ露天風呂を満喫できるのです…!まるで空に浮かんでいるような不思議な感覚になりますね。お肌に優しく、湯冷めしにくいと言われるナトリウム-塩化物泉なので、四季それぞれの景色をゆったりと楽しめますよ。

提供元:箱根小涌園 天悠

http://www.ten-yu.com/地図を見る

「浮雲の湯」の絶景を存分に楽しむなら朝一番に行くのがおすすめ。朝もやと湯煙が立ち込めるなか、箱根外輪山の稜線を照らす朝日に心がほどけていくような気分に…。四季の移ろいや鳥のさえずりなど、自然に包まれながら素敵な朝を迎えられそうですね。

写真:篠宮 あかり

地図を見る

大浴場のパウダールームは、ジムやスパを思わせるようなスタイリッシュな空間。ひとつひとつの洗面スペースが広いのにも関わらず、座席数が多いのも嬉しいところです。スキンケアは資生堂の「THE AMENITY」シリーズ。しっとり滑らかなテクスチャーと華やかな香りで贅沢な気分になれそうですね。

6つの地名になぞらえた特別客室「箱根遊山」

提供元:箱根小涌園 天悠

http://www.ten-yu.com/地図を見る

天悠では標準的な露天風呂付客室、最上階客室の他に、6室だけの特別客室「箱根遊山」を設置。全室に岩風呂や富士黒石の風呂など、趣きが異なる温泉露天風呂が付いており、プライベートな空間で箱根ビューを満喫することができますよ。

写真は、箱根の自然と文化というテーマの中から「仙石原」をモチーフにした特別客室。和室でありながらも、大胆なデザインの壁紙とモダンな照明に目を奪われますね。こちらは仙石原の広大なすすき野原をイメージしているものだそうです。

提供元:箱根小涌園 天悠

http://www.ten-yu.com/地図を見る

西洋ロマンな雰囲気が漂っているこちらは「宮ノ下」をテーマにした客室。明治時代、箱根の温泉リゾート発祥の地は宮ノ下だったことから、当時の日本人が抱いた西洋の憧れを表現しています。赤絨毯やテーブルのある洋室の奥には和室も用意されていますよ。当時にタイムスリップしたような気分を味わえそうですね。

写真:篠宮 あかり

地図を見る

特別客室用の夕飯は、部屋でゆっくり寛ぎながら味わえるのが魅力。前菜からメイン、デザートまで豪華メニューが勢ぞろいしています。特に注目したいのは魚料理の「伊佐木と浅利のフィルム包み焼き」。お皿の下で十分に温めた後、フィルムを開いた時のワクワク感も楽しめるのです!ゲストが料理を食べる直前まで驚きや発見があるのも見逃せないポイントですよ。

シェフの創作料理を味わえる「ダイニング はこね」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

天悠の食事処は、坪庭を見渡すことができる「ダイニング はこね」。和と洋の素材を自由な発想で組み合わせた創作料理をいただけます。中央のオープンキッチンでは、シェフが調理をする姿も見ることができてライブ感があります。煮場では香り(嗅覚)、焼場では音(聴覚)、刺場では技(視覚)など、ゲストの五感を刺激させるレストランです。

写真:篠宮 あかり

地図を見る

食事の後はラグジュアリー感が漂うバーラウンジへ。旅館にバーラウンジというのも珍しいですが、天悠の和モダンな内装を考えると違和感ないですよね。バーテンダーが定番メニューからオリジナルカクテルまで、約100種類以上のドリンクを作ってくれますよ。箱根の夜のひと時をじっくり満喫してみてはいかがでしょうか。

和のおもてなしを感じられる「庵スパ箱根」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

天悠の離れに位置するのは、全3室でプライベート感のある「庵スパ箱根」。専用ラウンジでは、美しい緑を見渡しながらウェルカムドリンクの抹茶と和菓子をいただけます。スパの施術では「ミキモトコスメティックス」や「資生堂iQ」など、日本でもおなじみの製品を使用しているので安心感がありますね。

提供元:箱根小涌園 天悠

http://www.ten-yu.com/地図を見る

トリートメントルームは、ダークブラウンを基調とした落ち着ける空間。友人やカップルなど二人以上で施術を受けられるツインルームもありますよ。自分の体調や気分によって、アロマテラピーボディやフェイシャルメニューを選んでみましょう。エステティシャンの心を込めた施術によって、深いリラグゼーションをもたらしてくれます。

忙しい大人の女性を癒してくれる「天悠」

箱根小涌園の高級旅館というと敷居が高い気もしますが、忙しい大人の女性にこそ泊まってほしい旅館です。インフィニティ露天風呂、和モダンな内装の客室、ゆったりと寛げる離れのスパなど、癒される要素がたっぷり!女性専用の宿泊プランが出ることもありますので、予約する際にチェックしてみて下さいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/18 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ