地球に優しくなれる!スイス・バーゼル「ガイアホテル」でオーガニック体験を

| スイス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

地球に優しくなれる!スイス・バーゼル「ガイアホテル」でオーガニック体験を

地球に優しくなれる!スイス・バーゼル「ガイアホテル」でオーガニック体験を

更新日:2017/04/20 11:11

平川 郁世のプロフィール写真 平川 郁世 フリーライター

スイス・ドイツ・フランスを一日で回れる、国境の街バーゼル。特にクリスマス前、3カ国のマーケットを効率よく回るべく、バーゼルに宿泊するツアーが増えています。また時計・宝飾見本市バーゼルワールド、バーゼル銀行監督委員会など重要会議や見本市が多く、ビジネス客の姿も目立ちます。

そんな忙しい日程をこなす方に、旅の疲れをいやし、かつエコロジカルな体験もできる、ユニークな「ガイアホテル」をご紹介します!

すべてがオーガニック……体がよろこぶ朝食!

写真:平川 郁世

地図を見る

ビュッフェスタイルの朝食は、ハム・サラミ類、チーズ等、すべてオーガニックで無添加のものだけを扱っています(※注、人工甘味料など特定のご要望にも応えてくれますが、その場合はオーガニックでない食品もあります)。
チーズは牛乳のみならず、羊のミルク、山羊のミルクから作られたものも!

さらにゆで卵、スクランブルエッグ、ソーセージ、ベーコンなどの暖かい料理も、厳選された安心素材で作られたものばかり。自然の味を実感してください!

写真:平川 郁世

地図を見る

ヨーグルト各種も、牛乳だけでなく羊のミルクから作られたものがあり、どれも濃厚なお味。その横にはフレッシュなフルーツ&ドライフルーツ。なんとその場で新鮮なスムージーも作れるのです!そしてスイスのシリアル・ミューズリーも各種あり、ナッツ&シード類も多数そろっていて、ヘルシーなことこの上なし!!

パンは焼きたての大型パン、ミニクッペ、クロワッサン、グルテンフリーのパンも。パンにぬるバターも、乳糖なしバター、羊のミルクで作ったバターを含む4種類、ジャム・チョコレートスプレッド類も10種類以上がずらり。ヌストルテ(くるみのケーキ)やリンゼルトルテ(ラズベリージャムのケーキ)等、スイスのケーキも!ここで味見して、気に入ったらおみやげにいかがですか!?

牛乳も全脂肪・低脂肪はもちろん、乳糖なし牛乳、豆乳、ライスミルク、山羊のミルク等々がそろっています。山羊のミルクは牛乳より消化が良いので、牛乳が苦手な人でも大丈夫。珍しいミルクを試してみるチャンスです!

写真:平川 郁世

地図を見る

ホットドリンクも、もちろん飲み放題。特にコーヒーのおいしさに感動して、思わずお代わりしてしまいます。木目調の暖かい空間も居心地よくて、つい長居してしまうのですが……。

「せっかくバーゼルに来たのに、ホテルにこもっていてはもったいないですよ!」とはスタッフの弁……でももちろん、のんびりしていても大丈夫です!
(朝食は平日6:30〜10:00、休日7:00〜11:00)

「ローカル」と「オーガニック」にこだわったお部屋、サウナ、バー

提供元:Gaia Hotel

http://www.gaiahotel.ch/地図を見る

お部屋は清潔で、アメニティも充実しています。残った石鹸は回収され、別の用途の石鹸に生まれ変わるのだそう。

備え付けミニ・バーのドリンクは無料。コーラは、天然ガラナ・エキスを使ったヘルシーなコーラ。ミネラルウォーターも、フッ素の含有量が少ないものを厳選しています。オレンジはスイスで生産されていないのでオレンジジュースは置かない、というポリシー!

さらに1階のバーも、あくまでも地元産にこだわった、ワイン・ウイスキー・ジン等をそろえています。どれもスタッフが地元の生産者を訪ね歩いて選んだ逸品です!

写真:平川 郁世

地図を見る

そして2017年に入り、あらたにスパ&サウナが完成。指圧マッサージも併設されていますので、これで旅の疲れを完璧にいやしてくださいね!

ガイヤ一家の家族経営

写真:平川 郁世

地図を見る

Come as a guest, leave as a friend.… このキャッチフレーズ通り、実に気さくでフレンドリーなスタッフばかり。4つ星ホテルとはいえ、制服を来たフォーマルな従業員は見当たりません。顔と名前をすぐに覚えてもらえる雰囲気があり、リピーターが大変多いのも納得です。

写真:平川 郁世

地図を見る

ガイア・ファミリー(写真)が家族経営しており、ロビーに飼い犬(実におとなしいコリー犬)が寝そべっていたりと、アットホームな雰囲気です。

抜群のロケーション

写真:平川 郁世

地図を見る

写真のバーゼル駅には、フランス国鉄も乗り入れています。フランス国鉄の終点であるバル(フランス語でバーゼルの意)駅が、スイス国鉄の駅構内にあり、税関もあるのです。バーゼルにはほかにもドイツ国鉄の駅が乗り入れていますが、ドイツ駅は街の北部にあります。

ガイアホテルは、まさにこのバーゼル駅のななめ前。出口から徒歩1分、マクドナルドの隣です。その割には静かなのですが、音に過敏な方は、予約時に静かな部屋をリクエストしておくとより確実です。

ガイアホテルは、バーゼル空港からバスで15分。ホテルから街の中心までは、バスやトラムで10分という、これ以上ないほど便利な位置にあります。

時間が許せばぜひ見ておきたい……バーゼル

写真:平川 郁世

地図を見る

バーゼルは欧州の中心に位置し、国際企業を多く抱えているため、ヨーロッパ周遊やビジネス、イベント等の目的で滞在する人が多いのは事実です。

しかし!バーゼルそのものが、実は見どころ満載の、なんとも興味深い街なのです。下記、関連MEMO欄にいくつかリンクを載せましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

写真はライン川と、その自然な流れを利用した渡し船です。

イベント時期の予約に注意!!

バーゼルでは、年間を通して多数のイベントが開催されています。特にカーニバル(2月か3月)、バーゼルワールド(3月か4月)、アートバーゼル(6月)等の時期は、ホテルの確保がかなり難しいのが実際のところ。お早めの予約をお勧めします!!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/13−2017/04/14 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ