SNS映え必至のブッフェ!「ZAKURO(グランドプリンスホテル新高輪)」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

SNS映え必至のブッフェ!「ZAKURO(グランドプリンスホテル新高輪)」

SNS映え必至のブッフェ!「ZAKURO(グランドプリンスホテル新高輪)」

更新日:2017/04/22 18:54

篠宮 あかりのプロフィール写真 篠宮 あかり ユニーク宿ライター、カプセルホテルマニア

グランドプリンスホテル新高輪に「Buffet & Cafe SLOPE SIDE DINER ZAKURO(ブッフェ&カフェ スロープサイドダイナーザクロ)」がオープン。3つのショーキッチンを中心としたブッフェと、テラス席のあるカフェを備えたレストランです。シェフの実演が楽しめる料理やSNS映えするスイーツなど見所が盛りだくさん。品川エリアの新たなシンボルとなりそうなブッフェをご紹介しましょう!

- PR -

ブッフェレストラン「ZAKURO」の楽しみ方とは?

ブッフェレストラン「ZAKURO」の楽しみ方とは?

写真:篠宮 あかり

地図を見る

品川駅から高輪方面に続く柘榴坂(ざくろ坂)沿いに位置する、グランドプリンスホテル新高輪。今回その路面店として新しくオープンしたのが「Buffet & Cafe SLOPE SIDE DINER ZAKURO(以降ZAKUROで表記)」です。外観はスタイリッシュな中にも、間接照明の灯りに包まれた温かみを感じるデザインとなっています。

「ZAKURO」の空間デザインは、グランドプリンスホテル新高輪の1階アライバルエリアのリニューアルも手がけた、株式会社デザインスタジオ・スピンが担当。日本の伝統技術を取り入れた「コンテンポラリージャパニーズ」をテーマにしており、和の趣を感じさせる華やかな空間が広がっています。

ブッフェレストラン「ZAKURO」の楽しみ方とは?

写真:篠宮 あかり

地図を見る

店内にはブッフェとカフェの2つのエリアを設置していますが、今回はブッフェを中心にご紹介します。こちらは朝昼夜の時間帯で料金が異なるシステムで、ドリンク代もプラスするとワインフリーフローや、フリードリンク(飲み放題)にすることも可能。料理に合わせて色々飲みたい方にはおすすめです。

3つのショーキッチンは、旬の魚介類やフォアグラをグリルしてくれる「シズルキッチン」、ローストビーフのカッティングや寿司を握ってくれる「セイボリーキッチン」、SNS映えするスイーツをサーブしてくれる「ペイストリーキッチン」で構成。躍動感あふれる演出でゲストの目を楽しませてくれますよ。

ブッフェレストラン「ZAKURO」の楽しみ方とは?

写真:篠宮 あかり

地図を見る

3つのショーキッチンの周りには、モダンな装飾のダイニングが広がっています。席と席の間も程良い距離感があるので、落ち着いて食事を楽しむことができます。ソファー席、テーブル、カウンターと席の種類も豊富なので、様々なシチュエーションに対応。会食で利用できる個室もありますのでプライベート感もバッチリです!

グリルや鉄板焼き、煮込み料理を楽しめる「シズルキッチン」

グリルや鉄板焼き、煮込み料理を楽しめる「シズルキッチン」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

おもてなしの一品は、店名にもあるザクロのソースを加えたコンソメロワイヤル。鮮やかなピンク色と濃厚な味わいで印象に残る一品です。その後はひと口サイズの前菜が並ぶ「アートアペザイダー」、色とりどりの種類豊富なサラダバー「ベジタブルガーデン」へ。この時点でお腹いっぱいにならないよう程々にしておきましょう(笑)。

グリルや鉄板焼き、煮込み料理を楽しめる「シズルキッチン」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

「シズルキッチン」注目のグリル料理はこちら!新鮮で大きな身のホタテ貝やカニ、殻付サザエなどを、シェフが目の前でじっくり焼いてくれます。シズル感あふれる光景と香ばしい匂いに釣られて並んでしまいそうになりますが、時間が掛かるのでタイミングにはご注意を。さらに職人醤油、特製タレ、世界の塩など、自分の好きな味付けを選べるのも魅力的です。

グリルや鉄板焼き、煮込み料理を楽しめる「シズルキッチン」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

こちらでは地中海周辺国の家庭料理を、現代風にアレンジしたメニューが並んでいます。例えばポルトガル料理「豚ロースとアサリのアレンテージョ風」はアサリの出汁がしっかり効いたスープが絶品でクセになります。スペインのポトフ料理「鶏とパンチェッタ、ひよこ豆のコシード」は具材たっぷりでクリーミィな味にほっこりした気分になりますよ。

シェフの実演が素晴らしい「セイボリーキッチン」

シェフの実演が素晴らしい「セイボリーキッチン」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

3つのキッチンで中央に位置する「セイボリーキッチン」で見逃せないのがローストビーフ!塩麹で一晩マリネした骨付きリブロース肉を、130度の低温で約2時間焼いて旨味を引き出したものです。シェフの鮮やかなカッティングには思わず見とれてしまいますよ。定番のグレイビーソースはもちろん、特製のわさびや塩で味の変化をつけてみるのもおすすめです。

シェフの実演が素晴らしい「セイボリーキッチン」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

ローストビーフと共に人気のある握り寿司。こちらも職人さんが目の前で手際良く握るところを楽しめます。見た目にも美しいサーモン、イカ、マグロ、ホタテ、エビが勢ぞろい。それぞれの身の食感とシャリのバランス、わさびの辛味もたまりません!基本5貫盛りですが、ネタ指定やさび抜きなども受け付けてくれるのもありがたいです。

シェフの実演が素晴らしい「セイボリーキッチン」

提供元:Buffet & Cafe SLOPE SIDE DINER ZAKURO

http://www.princehotels.co.jp/newtakanawa/contents…地図を見る

ブッフェではちょっと珍しいしゃぶしゃぶも用意!和装姿のスタッフが、新鮮なお肉を目の前でさっと茹でて、ゲストに提供してくれますよ。ローストビーフに握り寿司にしゃぶしゃぶと…、豪華なメニューがブッフェで一度に楽しめるなんて夢のようなひとときですね。

SNS映えするスイーツを揃えた「ペイストリーキッチン」

SNS映えするスイーツを揃えた「ペイストリーキッチン」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

スイーツ好きにはたまらない「ペイストリーキッチン」。見た目にも華やかなアントルメグラッセ(アイスケーキ)は、思わずSNSにアップしたくなります。その隣にはジェラートコーナーもあるのですが、それぞれカットした果物もトッピングされますよ。パティシエがプレートやコーンにおしゃれに盛り付けしてくれるのが嬉しいですね!

SNS映えするスイーツを揃えた「ペイストリーキッチン」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

スイーツのピンチョスも可愛すぎます!フルーツとゼリーを合わせたもので、気軽に取れるのが良いですよね。このサイズならいくつ食べても罪悪感がなくなるかもしれません(笑)。

SNS映えするスイーツを揃えた「ペイストリーキッチン」

写真:篠宮 あかり

地図を見る

ブッフェスイーツと言えばおなじみのケーキ。例えばグラス入りのざくろゼリー、フランボワーズのマカロン、抹茶のケーキ、カフェモカのエクレア、濃厚なチョコのオペラなどなど。フィンガーフードのように小さいので、手が止まらなくなります。最後はコーヒーで食後の時間もゆっくりと楽しみましょう。

カフェダイニングではランチプレートが人気!

カフェダイニングではランチプレートが人気!

提供元:Buffet & Cafe SLOPE SIDE DINER ZAKURO

http://www.princehotels.co.jp/newtakanawa/contents…地図を見る

ブッフェエリアよりも少しカジュアルな雰囲気のカフェダイニング。柘榴坂(ざくろ坂)を見渡せるテラス席もあるので、晴れた日には外でランチするのも良いですね。こちらでは軽食やパスタ、デザートなど、アラカルトで楽しめるメニューを充実させています。

カフェダイニングではランチプレートが人気!

提供元:Buffet & Cafe SLOPE SIDE DINER ZAKURO

http://www.princehotels.co.jp/newtakanawa/contents…地図を見る

ランチメニューで注目したいのがプレートセット!新鮮な野菜がたっぷりのナチュラルプレート、ハンバーグを中心にしたボリューム感のあるグルマンプレートの2種類を用意しています。アラカルトメニューでは自家製ポークスペアリブがおすすめです。いつもよりちょっと豪華な気分を味わいたい時に頼んでみたいランチですね。

特別なひとときを過ごせる豪華なブッフェ「ZAKURO」

今回はブッフェを中心にご紹介しましたが、一番最初に利用するのであればディナータイムがおすすめ。ブッフェの顔とも言える夜限定の特別メニューは、一度は食べてみたいものばかりです!グランドプリンスホテル新高輪の滞在時にはもちろんですが、レストランのみでも特別な日に利用してみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ