ここ東京!?きき酒、渓谷、秘湯!JR青梅線厳選スポット

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ここ東京!?きき酒、渓谷、秘湯!JR青梅線厳選スポット

ここ東京!?きき酒、渓谷、秘湯!JR青梅線厳選スポット

更新日:2017/07/31 17:45

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 孤高のアウトドアライター、ネイチャーカメラマン

東京都の奥多摩地域は都心から約150分で行ける秘境!驚きの大自然が広がる手軽な観光拠点です。休日には「ホリデー快速おくたま号」も運行していてアクセスも最高。JR青梅線の各駅には、きき酒ができる酒蔵、遊歩道が整備された渓谷、アルカリphの高い美肌の湯などもあり、家族連れやカップルには最適の環境がそろっています。今回はJR青梅線の各駅からのえりすぐりの観光拠点を紹介します。

- PR -

きき酒ができる無人の沢井駅!酒蔵工場見学やガーデンでくつろぐことも

きき酒ができる無人の沢井駅!酒蔵工場見学やガーデンでくつろぐことも

写真:佐久田 隆司

地図を見る

JR青梅線の沢井駅は奥多摩地域にあり終日無のひなびた風情。ですが駅からすぐの小澤酒造では、日本酒の工場見学を始め、きき酒、飲食、渓谷の散策が可能です。

東京都内の酒蔵としてかなり大規模な施設の澤乃井園は、工場見学以外は終日無料で開放され、飲食やお土産の販売など連日多くのファンで賑わっています。毎年開催される青梅マラソンのコース脇にもあたり、その時期は一年で一番にぎわう酒蔵です。

きき酒ができる無人の沢井駅!酒蔵工場見学やガーデンでくつろぐことも

写真:佐久田 隆司

地図を見る

澤乃井園ではきき酒専門の施設があり、最初にお好みのお酒をお猪口で購入すれば、お代りや銘柄変更も格安で試せます。沢カニの柄が施されたお猪口は持ち帰れるのでお土産にもなりますね。

日本酒の銘柄は月により変動しますが、常に銘柄を入れ替え、利き酒ファンの心をとらえています。純米大吟醸〜5年ものの古酒、さらに女性向けの梅酒まで網羅され、その違いを誰でも楽しめるようになっています。

きき酒ができる無人の沢井駅!酒蔵工場見学やガーデンでくつろぐことも

写真:佐久田 隆司

地図を見る

例年年始には日本酒と粕汁が無料でふるまわれます。これを楽しみに正月早々から多くのお客が澤乃井園に足を運びます。午前と午後にわかれて提供され、なくなれば終了。ただしお客の数に応じて追加調理も行われるので、わざわざ行ったのに終わっていた・・・ということもあまりないでしょう。狙い目は午前中の提供に並ぶことです。

粕汁は本格的で具だくさん、さらに酒蔵ならではの酒粕がいいアクセントになっています。寒い時期なので、防寒対策だけは怠らないようにしましょう。

これまた無人駅の白丸駅!数馬渓遊歩道で癒される

これまた無人駅の白丸駅!数馬渓遊歩道で癒される

写真:佐久田 隆司

地図を見る

白丸駅は青梅線の終点ひとつ前の無人駅です。ここからは眼下の多摩川沿いに広がる数馬渓を楽しめる「数馬渓遊歩道」が整備されています。以前はもうひとつ前の鳩ノ巣駅から「大多摩ウォーキング・トレイル・Bコース」と繋がっていましたが、遊歩道の崩落などで現在は白丸駅からでしか楽しむことができません。これを辿って奥多摩駅まで渓谷沿いを散策できます。

これまた無人駅の白丸駅!数馬渓遊歩道で癒される

写真:佐久田 隆司

地図を見る

数馬渓橋を渡って突きあたりを右に遊歩道が整備され、途中には2014年10月15日 リニューアルオープンした森のカフェ「アースガーデン」があります。ここはオーガニック食材を使ったメニューと数馬渓谷の景観を楽しめるところ。ゆったりした食事に立ち寄るのもいいかもしれません。

これまた無人駅の白丸駅!数馬渓遊歩道で癒される

写真:佐久田 隆司

地図を見る

数馬渓遊歩道を奥多摩駅方面へ進むと、大きな川原に出られます。白い石がたくさん敷き詰められたここは、一休みする絶好のスポット。浅瀬で水遊びもできますが、流れには十分注意してください。ここまでくれば奥多摩駅まではあと少し。お弁当を持って昼食にするのも素敵な時間になるでしょう。

終点JR奥多摩駅はレトロな風情。自家製粉の手打ちそばや駅舎二階のカフェも!

終点JR奥多摩駅はレトロな風情。自家製粉の手打ちそばや駅舎二階のカフェも!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

JR青梅線の終点、奥多摩駅はちょっとレトロな駅舎がそびえます。休日なら新宿駅から「ホリデー快速おくたま号」で快適に到着できますし、上りの「ホリデー快速おくたま号」は東京駅行きになるので、帰りはなおさら便利です。

JR東日本が周遊圏内の駅で販売する「休日お出かけパス」なら今回のエリアのすべてを網羅でき、乗り降り自由なうえに料金的にもお買い得です。奥多摩駅には緑の窓口がなく券売機も少ないので、通常の場合の切符は早めに購入するのがいいでしょう。もちろん奥多摩線全線で、スイカ、パスモなどの交通系ICカード※も使えます。

※JR青梅線はオートチャージに各駅対応しております。

終点JR奥多摩駅はレトロな風情。自家製粉の手打ちそばや駅舎二階のカフェも!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

奥多摩駅の正面、西東京バスの氷川サービスステーション内に手打ちそば屋があります。ここは自家製粉で手打ちという玄蕎麦スタイル!黒っぽい太めの麺はコシがあり蕎麦の香りも素晴らしくおすすめです。温かい蕎麦から冷たい蕎麦、さらにオリジナルのメニューなど地域の人気店で、良心的な料金が魅力です。どこか懐かしい感じがする店内の雰囲気は自然がたっぷりな奥多摩地域にぴったりな感じです。

ここは昼の12時になると、常連客がどっと押し寄せます。蕎麦のほかにも手打ちうどんもあり、地場産お土産なども販売されていて、奥多摩に行ったらぜひ立ち寄りたいところでしょう。

終点JR奥多摩駅はレトロな風情。自家製粉の手打ちそばや駅舎二階のカフェも!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

奥多摩駅の改札の横を二階に上がると「アースガーデンマルシェ」があります。数馬渓遊歩道にあった「アースガーデン」が2012年にオープンした駅カフェです!旧JR駅舎の二階をカフェに改装し、奥多摩の景色を楽しめるおしゃれなスポットとして地元に人気があります。

奥多摩は登山やハイキングができることでも人気ですが、ここでは簡単なアウトドア用品なども販売しています。急になにか必要になった際には覗いてみるのがいいでしょう。

渓谷の秘湯「もえぎの湯」!アルカリphが高い美肌の湯でツルツルになるべし

渓谷の秘湯「もえぎの湯」!アルカリphが高い美肌の湯でツルツルになるべし

写真:佐久田 隆司

地図を見る

奥多摩駅から氷川渓谷をめぐるように遊歩道が整備されています。丁寧に整備され歩きやすく、つり橋を渡るなどの非日常的な体験もできます。そしてJR奥多摩駅から徒歩で15分程度のところに、秘湯奥多摩温泉「もえぎの湯」があります。遊歩道を氷川キャンプ場を左手に散策し、このつり橋を渡っていけば「もえぎの湯」は渡りきってすぐのところにあります。

渓谷の秘湯「もえぎの湯」!アルカリphが高い美肌の湯でツルツルになるべし

写真:佐久田 隆司

地図を見る

もえぎの湯は日本最古の地層より湧き出る源泉100%の温泉で、アルカリ性のフッ素+メタホウ酸を含有しています。毎分28リットの噴出量はphが9.85と高く、無色透明でツルツル感があり、美肌の湯と言われています。

その他効用としては、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、皮膚病、うちみ、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、慢性皮膚病、やけど等があり、高品質の日帰り湯になっています。

断崖に建つ露天風呂からの景色は氷川渓谷を望む壮大なもの。泉質と景観のダブル効果は奥多摩に来たことに満足できるでしょう。

渓谷の秘湯「もえぎの湯」!アルカリphが高い美肌の湯でツルツルになるべし

写真:佐久田 隆司

地図を見る

もえぎの湯には日帰り入浴以外に、足湯も用意されています。日帰り入浴客は無料で、足湯だけなら¥100で利用できます。

JR青梅線の奥多摩地域厳選スポットを動画で紹介!

動画:佐久田 隆司

地図を見る

JR青梅線の奥多摩地域での厳選スポットを4K動画に収めてあります。スマホや環境の整っていないPCでは、画質を1080,720などに落としてごらんください。

大自然が広がる奥多摩!東京とは思えない楽しみがたくさん

JR青梅線は都心からアクセスが良い路線です。ですがその大自然は東京とは思えないほどで、だれもが楽しめるポイントもたくさん。家族連れでもカップルでも、思い出深い奥多摩の旅になるのは間違いありません。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/08−2017/02/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ