絶対に外せない!ニュージーランドのお勧めグルメ厳選11品

| ニュージーランド

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

絶対に外せない!ニュージーランドのお勧めグルメ厳選11品

絶対に外せない!ニュージーランドのお勧めグルメ厳選11品

更新日:2017/05/14 18:32

やま かづのプロフィール写真 やま かづ ロングステイアドバイザー、トラベルライター

ニュージーランドは島国で、なおかつ内陸部にも広大な自然が広がっているため、魚介類、肉類、乳製品、そして野菜に果物と、新鮮な食材が豊富にそろっています。そのことにより、イギリス食文化の影響を受けたニュージーランドは、世界に誇るヘルシーグルメの先進国となっています。
ここでは、そんなニュージーランドのヘルシーなグルメの中から、誰でも気軽に楽しめるお勧めグルメ厳選11品をご紹介します。

滞在中一度は食べたいフレッシュなシーフード

写真:やま かづ

地図を見る

ニュージーランドに行ったなら、一度は食べたいのがシーフード。日本と同じく四方を海に囲まれているので、いつでも新鮮な食材が手に入ります。
そんな中で、季節に関係なくいつでも比較的気軽にいただくことのできるのがカニ(Crab)です。マッドクラブ、キングクラブなど、その種類はいろいろありますが、スチームしてガーリックバターでいただくのが定番です。

<写真店舗>
ザ・クラブシャック(The Crab Shack)

写真:やま かづ

地図を見る

もう一つ、ニュージーランドらしいシーフードを挙げるとすればマッスル(Mussels)でしょう。ムール貝の一種で、白ワイン蒸しが一般的です。ちなみに、クリーム色がオス、オレンジ色がメスですが、あなたに味の違いがわかるかな?

その他、ニュージーランドの代表的なシーフードにオイスターやクレイフィッシュ(ロブスターの一種)がありますが、いずれも旬があるため、季節によっては食べられない場合もあります。

<写真店舗>
ザ・クラブシャック(The Crab Shack)

B級グルメと呼ばないで!素材で勝負のヘルシーグルメ

写真:やま かづ

地図を見る

フィッシュ&チップスは、街角で気軽に食べることができるニュージーランドを代表するスナックで、イギリスからの移民が伝えました。
専門店では、ホキ(タラの一種)、スナッパー(マダイ)、ブルーコッド(タラ)から魚の種類を選び、さらにフライかグリルか調理方法を選びます。
出来立てをほおばったときの、さくっとした食感がたまりません!

<写真店舗>
フィッシュ&チップス(Fish’n Chips)

写真:やま かづ

地図を見る

ミートパイもイギリスから伝わった料理で、街角で気軽に食べることができますが、ニュージーランドならではの羊肉を使ったマトンパイ(Mutton Pie)はいかがですか?
ビーフやチキンと比べるとちょっとクセはありますが、これぞニュージーランドの味!ぜひお試しください。

<写真店舗>
カウントダウン(Countdown)

写真:やま かづ

地図を見る

ハイカロリーのジャンクフードのイメージがあるハンバーガーですが、ニュージーランドのハンバーガーはグルメバーガーという新ジャンルで人気を集めています。
ニュージーランド産のビーフパティ、新鮮でオーガニックな野菜、添加物のない自家製ソース、体にやさしいヘルシーバーガーなんです。

<写真店舗>
バーガー・ウィスコンシン(Burger Wisconsin)

スナックとはいえボリュームたっぷり!

写真:やま かづ

地図を見る

マフィンやスコーンもイギリスからの移民がニュージーランドに伝えたものです。プレーンに加えて、チョコチップが入ったもの、ブルーベリーが入ったものなど種類はさまざまです。
日本のものよりも、さらにボリュームたっぷりで重たいマフィンやスコーン、街角のカフェでいただくことができます。

<写真店舗>
カウントダウン(Countdown)

写真:やま かづ

地図を見る

サツマイモをスティック状にカットし、フライした後、軽く塩味をつけたのがクマラフライ(Kumara Fries)です。クマラとは、ニュージーランドの原住民マオリ語でサツマイモを意味します。一口ほお張ると、塩味に隠れて自然な甘さが口の中に広がり、ほくほくした食感が楽しめます。
ハンバーガーショップのサイドメニューとして、フライドポテトのかわりに選んでみてはいかがですか?

<写真店舗>
バーガー・フュエル(Burger Fuel)

食後はこれで決まり!スイーツ&フルーツ

写真:やま かづ

地図を見る

ニュージーランドのアイスクリームといえば、バニラアイスにキャラメル粒を混ぜ込んだホーキーポーキー(Hokey-Pokey)です。乳成分濃厚なアイスにカリッとしたキャラメルの食感、一度食べたら忘れられません。
なお、アイスクリーム自体もキャラメル味だったり、ハチミツ入りのキャラメルを使ったりと、ハイブリッドなホーキーポーキーも人気です。

<写真店舗>
ニュージーランド・ナチュラル(New Zealand Natural)

写真:やま かづ

地図を見る

ニュージーランドではたくさんの種類のフルーツが収穫されますが、その中でも有名なのがキウイやペア(洋ナシ)です。
しかし、日本ではなじみのないフェイジョア(Feijoa)も一般的なフルーツです。半分に切ってスプーンでくり抜いて食べますが、パイナップルのような甘みに加えて、さわやかな酸味が魅力です。

<写真店舗>
カウントダウン(Countdown)

カフェ&ソフトドリンクだって「ザ・ニュージーランド」

写真:やま かづ

地図を見る

イギリス文化の影響が強い紅茶文化は影を潜め、今やニュージーランドといえばカフェ文化でしょう。ロングブラック、ショートブラック、モカチーノなど、日本では耳なじみのないメニューが並んでいます。
中でも、フラットホワイト(エスプレッソ1/3、ミルク2/3)は定番中の定番、口の中に広がるクリーミーなコク、一度飲んだら忘れられない一品です。これも酪農大国ニュージーランドの乳製品のなせる技、「ザ・ニュージーランド」を感じずにはいられません。

<写真店舗>
ダウンアンダー・バー&カフェ(Down Under Bar & Cafe)

写真:やま かづ

地図を見る

ニュージーランド発祥の炭酸飲料といえば、レモン&パエロア(通称L&P)です。レモン味の炭酸飲料で、地元の人の間ではコーラと並んで人気のソフトドリンクです。スタンダードなフレイバーのほかにチリ&ライムフレーバーもあります。また、チョコレート会社とのコラボで、L&Pフレーバーというものも売られていたりします。
アレンジ多様なニュージーランド人のソウルドリンク、ここではあえてグルメとして紹介させていただきます。

<写真店舗>
フィッシュ&チップス(Fish’n Chips)

ニュージーランドの絶品グルメ、キーワードは“ヘルシー”!

ニュージーランドの絶品グルメ、どれも特別なものはありません。しかし、新鮮な海の幸や山の幸をぜいたくに使い、添加物や体に悪いものは使わないオーガニックを基本としているため、とってもヘルシーなんです。
ニュージーランドに行ったなら、体にやさしいヘルシーなグルメ、ぜひお試しください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/08−2017/04/11 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ