旅スタグラマーに聞く"インスタ映え"する撮影・加工のコツ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

旅スタグラマーに聞く"インスタ映え"する撮影・加工のコツ

旅スタグラマーに聞く"インスタ映え"する撮影・加工のコツ

更新日:2017/04/21 16:44

トラベルjp編集部 伊賀真弓のプロフィール写真 トラベルjp編集部 伊賀真弓 プロデューサー

Instagramには旅行系の写真を投稿しているインスタグラマー、通称「旅スタグラマー」の素敵な写真がたくさん並んでいて、思わずうっとり。彼女たちのギャラリーには素敵な写真が並んでいるけれど、どうすればあんな風に素敵に撮れるのでしょう。人気の旅スタグラマーさんにインスタジェニックな写真にするための撮影テクを教えてもらいました。

- PR -

    インスタジェニックな写真を撮るコツ

    インスタジェニックな写真を撮るコツ

    提供元:Pixabay

    https://pixabay.com/

    今回インスタ写真の上手な撮り方を教えてくれたのは、トラベルjpナビゲーターのなかでもインスタ上手で知られる藤井麻未さん(@mamfuji)と下村純可さん(@naptimesumi)。お話を伺ってみると、お二人とも相当なこだわりを持って撮影していることがわかりました。

    ■スマホではなくカメラで撮る
    藤井さんも下村さんも、スマホで撮るよりもミラーレス一眼や高性能コンパクトデジカメなど、ちゃんとしたカメラで撮影したものをスマホに読み込んでインスタに載せることが多いそう。

    ■自然光で撮る
    「写真は光を味方に付けて撮るのがポイントです。朝、日中、夕暮れ、夜とできるだけ自然光で撮ります。わざと逆光にしてみると、思わぬ良い写真が撮れることもありますよ。その上で、明るさなどは後で加工アプリで調整を。」(藤井さん)

    ■目線を変えて撮る
    「カメラを構える目線も大きなポイントです。ただ構えるだけではなく、下から、上からと目線を変えて撮ってみましょう。路地裏などは地面に近づけて撮ると臨場感のある写真になります。」(藤井さん)

    「食べ物や物撮りは、真上から撮る場合と、角度をつけて撮るなどを比べてみて、しっくりくる方を使います。」(下村さん)

    色、人、目線に工夫を!シーン別撮り方アドバイス

    色、人、目線に工夫を!シーン別撮り方アドバイス

    提供元:ぱくたそ

    https://www.pakutaso.com/

    ■旅先の料理や食事シーンの撮り方
    「メニューやショップカード、コースターや花、エキゾチックなお皿なども使ってテーブルコーディネートすることで旅先の雰囲気が出せます。逆に、一品料理や珍しい食べ物、料理そのものの魅力を引き出すには思い切ってグッと寄ったマクロ撮影がおすすめです。」(藤井さん)

    「テイクアウト商品や食べ歩きなどを撮る時は、物(ドリンクやアイスなど)に焦点を当てて、背景はカフェや街並みの景色が入るようにしています。」(下村さん)

    ■風景・景色の撮り方
    「際立った街角写真を撮るならば、パッと目につく色や美しい色彩のもの(花や鮮やかな色の壁、車など)に注目したり、逆にワントーンで統一された風景などを撮るとメリハリが生まれ、インスタ映えする写真になります。街角写真では、いかに色に対して敏感になれるかがポイントです。また、道行く人も写真に味を添えるポイントのひとつ。その土地らしい風貌の人物を見つけてさり気なく映り込ませてみましょう。自分のファッションと街並みの雰囲気をコーディネートした自撮り写真もおすすめです。」(藤井さん)

    「旅行先の景色はできるだけ残したいので、全体の雰囲気がわかるように撮ることが多いです。旅の楽しみの一つがファッションでもあるので、その時の服装なども残すために、自分を景色に入れて撮ることも多いです。他のインスタグラマーさんの写真を見て、自分が好きな写真を真似して同じ角度などで撮ることもあります。夜景やライトアップなど夜の風景などを撮りたい時でもフラッシュはできるだけ使用しません。」(下村さん)

    画像加工で自分らしさをプラスする

    画像加工で自分らしさをプラスする

    提供元:@naptimesumi 下村純可さん

    https://www.instagram.com/naptimesumi/

    インスタの達人たちは、インスタのフィルタだけに頼りません。トラベルjpナビゲーターの下村純可さんは「インスタ加工が自分らしい写真を作り上げる一つ」と言います。下村さんらしい明るい色彩の写真にするにはいくつかのコツがあるそう。

    まず、カメラで撮る時点で明るさなどを少し足して撮ります。その後、スマホの写真加工アプリを使って加工します。アプリはいくつかを使い分けているそうです。「海外のブロガーさんのようなフィルムカメラのような雰囲気の写真が好きなので、コントラストを抑え気味にして、少し彩度を足したり明るさを足して加工しています。ホワイトバランスは少し抑え気味にします。トリミング機能もよく使います。カメラで撮る時に画角は考えて撮りますが、あとで傾きなどを調整することもよくあります。」と下村さん。

    色合いや構図にとことんこだわりながらも、手軽に自分らしい写真に仕上げることができるのがインスタの醍醐味ですね!

    旅スタグラマーおすすめの画像加工アプリ

    旅スタグラマーおすすめの画像加工アプリ

    提供元:@mamfuj 藤井麻未さん

    https://www.instagram.com/mamfuj/

    トラベルjpナビゲーターの藤井麻未さんが教えてくれたのは、「インスタでは、色を少し派手目の発色にすると目立つ」ということ。

    派手目の発色にするには、画像加工アプリの「彩度」を強めに調節してみましょう。また、下村さん同様、藤井さんも「左右や水平を調節したりトリミングするのもコツ」と言います。対称にして整然とした印象にしたり、あえてアシンメトリーにして動きを出しても面白い写真に。

    藤井さんのおすすめ加工アプリは「VSCO」と「Instaflash Pro」。VSCOはフィルターが充実しているのに加えてフェードや彩度、コントラストなど一通りの加工メニューが揃っているので便利です。Instaflash Proは、トーンやホワイトバランス、背景のぼかしなどより細かい設定が可能。プロの写真加工なみの細かな調節まで、簡単にできてしまいます。

    インスタジェニックな写真を撮って楽しもう!

    トラベルjpナビゲーターの2人の旅スタグラマーさんのインスタ撮影テクをご紹介しました。2人とも写真のテイストやスタイルはそれぞれ違いますが、目線や色、構図など、こだわっている部分に共通点も見られました。「インスタジェニック」かつ「自分らしい写真」というのも2人に共通するポイントでした。さっそく取り入れて、ぜひ素敵なインスタ写真を撮ってみてくださいね!

    掲載内容は執筆時点のものです。

    - PR -

    トラベルjp<たびねす>

    トップページへ戻る

    事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

    - PR -

    旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
    この記事に関するお問い合わせ