奈良県葛城市「笛吹神社」で見つけた、神社では「珍しいモノ」

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

奈良県葛城市「笛吹神社」で見つけた、神社では「珍しいモノ」

奈良県葛城市「笛吹神社」で見つけた、神社では「珍しいモノ」

更新日:2017/04/07 15:30

葉山 花のプロフィール写真 葉山 花 フリーライター

奈良県葛城市。賑やかで観光地として人気の奈良市内と比べると、穏やかな空気が流れる癒しスポットです。

そんな葛城市にある「葛木坐火雷神社(かつらきいますほのいかづちじんじゃ)」は、通称「笛吹神社(ふえふきじんじゃ)」と呼ばれています。境内には、普段神社ではあまり見かけないような「珍しいモノ」が。
今回は、思わず奈良県葛城市に足を運びたくなる「笛吹神社」の珍しいモノをご紹介します!

鎮座しているのは「音楽の神様」!

写真:葉山 花

地図を見る

珍しいモノを見る前に、まずは笛吹神社についてご説明します。どうして、「葛木坐火雷神社」という正式名称があるのに、「笛吹神社」と呼ばれているのか、気になりませんか?

実は、この神社に祀られている主祭神は、火雷大神(ほのいかづちのおおかみ)と天香山命(あめのかぐやまのみこと)。天香山命は、音楽の神様であると言われています。古代、この地域を拠点にしていた笛師たちによる「笛吹連」によって創建された神社であると言い伝えられており、笛吹連の租神が天香山命であるということで、音楽の神様として信仰されているようです。

お正月には尺八やフルートによる演奏の奉納が行われるとか。音楽をしている人、音楽に関連する仕事を志す人にとって聖地となっている場所でもあるのです。

宮中にも納めていた「波々迦木」とは?

写真:葉山 花

地図を見る

笛吹神社の境内には、波々迦木(ははかのき)があります。 この波々迦木は、占いで使用されていたもの。天皇がご即位された時、その儀式でもある「大嘗祭」が執り行われます。その儀式を行う土地を決めていた占いに使用されていたもので、神域で育った波々迦木が必要であるとのことから、笛吹神社から宮中にも納められていたそうです。

現在は数も減り、一時期は存続の危機にあったという波々迦木。しかし、企業などの支援を受けながら増殖に成功し、現在は苗木がスクスクと育っている姿を見ることができ、このような光景が見られるのも、笛吹神社の特徴です。

その他にも、たくさんの自然に溢れている笛吹神社では、いろんな植物を楽しむことができます。

神社の中に、古墳を発見!?

写真:葉山 花

地図を見る

歴史ある神社の中に、古墳があるのも笛吹神社の特徴です。これは、古墳が多く存在する奈良県だから見られる光景ではないでしょうか。いえ、奈良でも珍しいと思います。

古墳は、本殿の奥に存在し、鉄柵で厳重に守られており、奈良県指定史跡の「笛吹神社古墳」として、大きな見どころとなっています。古墳に埋葬されている人は確定されていませんが、笛吹連の祖の父である「建多析命(たけたおりのみこと)」が埋葬されているのではないかといわれています。

ちなみに、神域であるという神山一帯には、約80基の古墳が存在するといわれており、笛吹神社古墳群として現代に歴史を伝える場所としても注目されています。

神社の境内に「大砲」が!

写真:葉山 花

地図を見る

笛吹神社で一番驚かされるのは、境内に大きな大砲が立っていることだと思います。この大砲は日露戦争で使われたもの。明治42年に政府から笛吹神社に奉納されたものだそうです。

当時は、このように大砲が神社や主要施設に奉納されることは珍しくなかったそうです。では、もっと神社で見かけてもいいようなものですが、第二次世界大戦の中、多くの鉄が庶民からも奪われ、さらにこのような奉納されたであろう大砲の大半は、真っ先に軍に上納されていきました。その中で、このような姿で現代まで残っていることは奇跡であるとしか考えられません。

この大砲の堂々とした佇まいは、現代に何かを語りかけているようです。

本殿の前で大きな木が語りかけるもの

写真:葉山 花

地図を見る

本殿の前に立つ大きな一本の木に目を奪われます。大砲が立つ広庭の端に立っているのですが、ここを訪れた人はその存在感に圧倒されるはずです。この木の前に立つだけで、大きなパワーに包まれるような感覚を覚えます。

この木は、イチイガシの木。笛吹神社は、奈良県の天然記念物にも指定されているイチイガシ林としても有名な場所なのです。イチイガシが生息する地域は、気候的にも人が住む場所として適しているそうで、心地よい環境の中で笛吹神社の神様たちと暮らしてきた地域の人たちのあたたかさを感じられる場所でもあります。

笛吹神社には、歴史を語る貴重なものが今も姿を残す神域です。
その中で悠々と育つ木々や自然を見ているだけでも、この場所が
神域であると確信できるはずです。

奈良県には、まだまだ魅力的な場所がある!

最初にもお伝えしましたが、奈良は海外からも多くの人が訪れる人気の観光地です。神社仏閣も多く、国内でも修学旅行などに設定され、奈良を訪れたことがあるという人も多いと思います。しかし、奈良の中心地を外れた場所には、まだまだその魅力が隠れています。今回、ご紹介した葛城市にも、まだ紹介したい場所や美味しいグルメなどが豊富にあります。

自然が残り、自然とともに生きる地域の人がいるからこそ、守られている歴史があります。そんな奈良の魅力を発見する旅に出てみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/21 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ