桃太郎も見た?!駅から登る山梨・九鬼山の日帰り絶景ハイキング!秀麗冨嶽十二景はまこと絶景なり!

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

桃太郎も見た?!駅から登る山梨・九鬼山の日帰り絶景ハイキング!秀麗冨嶽十二景はまこと絶景なり!

桃太郎も見た?!駅から登る山梨・九鬼山の日帰り絶景ハイキング!秀麗冨嶽十二景はまこと絶景なり!

更新日:2017/05/02 10:23

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 フリーライター、カメラマン

山梨県大月市と都留市にまたがる九鬼山は桃太郎伝説が残る山!鬼退治に来た桃太郎も眺めた「秀麗冨嶽十二景」は、素晴らしい富士山が眺められると大月市が制定したものです。富士急行線の「田野倉駅」から始まる九鬼山へのルートは、行程全般で美しい富士山が眺められ、御前山まで目指せば、風情の違う富士山も楽しめます。九つの鬼が棲んでいた伝説の山を日帰りで辿るハイキングは、日本の名峰を十分堪能させてくれるでしょう。

富士急行線「田野倉」駅からスタート!線路を越えて縦走コースへ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

山梨県大月市が富士山絶景を眺められる19の山塊を、「秀麗冨嶽十二景」として12のブロックに分けて制定しています。しかし駅から登り始めるルートも少なく、富士急行線の「田野倉駅」から九鬼山(969.9m)山頂までは、地元に根強い人気のある日帰りルートです。ルート全般で富士山が眺められるのも、九鬼山が独立峰的な位置関係にあるためです。

田野倉駅から富士山方面へR139号線を少し行くとローソンがあります。ここでトイレや買い物を済ませておくのがいいでしょう。再び左の山側へ向かい、線路沿いを進み踏切を渡って登山口に向かいます。

写真:佐久田 隆司

地図を見る

しばらく舗装路を登ると九鬼山の登山道の道標が現れます。ここから本格的な登山ルートとなります。尾根筋までは少し急な登りもありますが、稜線に出れば富士山を右手に見ながらのすがすがしい登山が行えます。

写真:佐久田 隆司

地図を見る

九鬼山までの稜線を登っていくと「天狗岩」の看板が現れます。ここをいったん右折して天狗岩まで約5分ほど行けば、眼前を遮るもののない富士山が眺められます。この分岐から山頂まではあと少しなので、山頂を目指したいところですが、ぜひ天狗岩には立ち寄りましょう。足元が狭いので十分注意するのが肝心です。

桃太郎伝説が語られる九鬼山!天狗岩に立ち寄って、素晴らしい富士山を満喫する

写真:佐久田 隆司

地図を見る

九鬼山が秀麗冨嶽十二景の第10番に制定されているのは、この天狗岩からの眺めがあってのことです。天候を予測し出かければ、きっと良い結果が得られると思います。さらに午前中のほうが富士山をクリアに見られる確率が多くなります。

九鬼山には大月市の百蔵山で生まれた桃太郎が、九鬼山に棲む九つの鬼を退治にやってきたと語り伝えられています。名前は怖いイメージがありますが、その絶景はいつまでも眺めて飽きない日本の名峰を堪能させてくれます。果たして鬼はどこに棲んでいたのでしょうか?鬼も富士山の眺めは好きだったようですね。

※写真は天狗岩からの秀麗冨嶽十二景の富士山

写真:佐久田 隆司

地図を見る

九鬼山山頂は北側の景色は壮大に広がりますが、富士山側は樹林に囲まれあまり展望は良くありません。ただし1000m近い高さまで登ってきたので、かなりの達成感があるでしょう。登山口とは寒暖差があるので、上着などの羽織るものを持参するのがいいでしょう。

写真:佐久田 隆司

地図を見る

山頂は広く平らなので、昼食をとるには最適です。ここから高畑山981.7m方面への長い縦走ルートもありますが、北に方角を変えて札金峠を越えて馬立山方面へ向かいます。ここから札金峠方面へは体力を消耗するので、しっかりエネルギー充電しておくことが大切です。

札金峠を越えて、馬立山の稜線へ!御前山を目指す!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

札金峠はかなりアップダウンがあるもので、しっかり準備をして向かいましょう。今回のルートで一番きつい場所ですから、トレッキングポールなどの準備は欠かせません。体力に自信のない方は折り返して田野倉駅に戻るか、田野倉駅からダイレクトに馬立山へ向かうショートカットルートがいいでしょう。ただし九鬼山の美しい富士山絶景は断念しなければなりません。

写真:佐久田 隆司

地図を見る

札金峠を越えると、馬立山797mまでの稜線に出ます。ここからはしばらくすがすがしい稜線を辿るルートで御前山に向かいます。またここで田野倉駅から御前山までのショートカットルートと合流することになります。

動画:佐久田 隆司

地図を見る

田野倉駅から九鬼山を経て御前山までの様子を4K動画に収録しました。素晴らしい富士山の姿をぜひご覧ください。

※スマホや環境の整っていないPCなどでは、画質を1080,720に落としてごらんください。

御前山は断崖の岩山!風情の違う秀麗冨嶽十二景をここで眺める

写真:佐久田 隆司

地図を見る

御前山(ごぜんやま)という名前の山は、全国にたくさんあります。都心で有名なものは奥多摩の御前山(1,405m)でしょう。しかし山梨県大月の「御前山(720m)は、標高こそ奥多摩より低いですが、富士山の美しい眺めが楽しめる山です。

御前山は秀麗冨嶽十二景には制定されていませんが、第十番の九鬼山の行程に含まれていて、山頂には秀麗冨嶽十二景として認定されている標識が立っています。

写真:佐久田 隆司

地図を見る

さらに御前山山頂は岩肌がむき出しのスリルが味わえる、登頂感のある山容が特徴です。眼下の谷底を眺めながらの、富士山の絶景は必見!JR猿橋駅からの逆ルートで御前山だけを目指す方がたくさんいるのも納得できます。

写真:佐久田 隆司

地図を見る

御前山からはJR猿橋駅までひたすら下っていくルートになります。山梨県の登山道には階段などはなく、山道といった雰囲気がおおむねです。しっかりした装備をしてこそ安全が担保されますから、事前準備は怠らないようにしましょう。

また田野倉駅から九鬼山を経て御前山までのルートは、距離もそれなりにあるので登山開始時間は早めに設定するのがいいでしょう。さらに万が一のためのヘッドライトなどを持参するのはもちろんです。

関連MEMOに今回の縦走ルートの詳細ルートがヤマレコで掲載してあります。参考にしてみてください。

桃太郎伝説の山で観る秀麗冨嶽十二景!天候を調べて思い出深いハイキングを

九鬼山は桃太郎伝説が残る山!その富士山の絶景を自分で確かめるハイキングは、日本人として感慨深いハイキングになるでしょう。準備をしっかりして天候を鑑みて、あなたも出かけてみてはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/28−2017/04/25 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ