料理自慢の宿!男鹿温泉「結いの宿・別邸つばき」で海と山の幸を堪能しよう

| 秋田県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

料理自慢の宿!男鹿温泉「結いの宿・別邸つばき」で海と山の幸を堪能しよう

料理自慢の宿!男鹿温泉「結いの宿・別邸つばき」で海と山の幸を堪能しよう

更新日:2017/04/18 11:22

佐藤 らなこのプロフィール写真 佐藤 らなこ 総合旅行業務取扱管理者

日本海ににょきっと突き出ている秋田県男鹿半島は、三方を海に囲まれた自然豊かな場所。空と海、山と続く雄大な景色は、男鹿の魅力のひとつです。
この半島の男鹿温泉郷の「結いの宿・別邸つばき」は、『プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選』の料理部門で秋田県内で唯一入賞している料理自慢の宿です。男鹿で獲れる新鮮な魚介類や野菜の味を引き立たせた料理長渾身の品々を「結いの宿・別邸つばき」で味わい尽くしましょう。

明るく華やかに!リニューアルして3年目の「別邸つばき」

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

男鹿温泉郷にいくつかある宿泊施設の中で、最も海寄りに位置するこちらの宿。旧名「男鹿グランドホテル」として長らく営業していましたが、宿名を「結いの宿・別邸つばき」と変え、2017年でリニューアル3年目を迎えました。名称変更のみならず、明るく華やかになった館内は訪れる人達の期待感を高めてくれます。

提供元:男鹿温泉 結いの宿 別邸つばき

http://www.ogaonsen.com/地図を見る

ナマハゲの郷として知られている秋田県男鹿市。「別邸つばき」の館内でも、ナマハゲを見ることができます。玄関を入ってすぐ脇では、写真のナマハゲがあなたをお出迎え。右端にあるナマハゲのお面は、自由にかぶることができるので、ナマハゲになりきっての写真撮影もできちゃいます。

また、男鹿温泉郷には「なまはげ太鼓」ライブを行っている「男鹿温泉交流会館・五風」という施設があります。「なまはげ太鼓」とは、男鹿のナマハゲと和太鼓を融合させた男鹿独自の郷土芸能です。迫力満点のかっこいいライブはぜひ見ていただきたいです。「五風」へは「別邸つばき」からの送迎があります。公演日時や料金などの詳細は関連MEMOをご覧ください。

くつろぎの空間!「別邸つばき」の囲炉裏ラウンジ

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

写真は囲炉裏ラウンジ「ゆり」です。女性好みのおしゃれなインテリアは、木のぬくもりと照明が優しく落ち着く空間となっています。ここでは、午後(15時から19時)と午前(8時から10時)セルフサービスで、コーヒーや紅茶、日本茶などをいただくことができます。また、将棋やオセロもあります。チェックイン後やチェックアウト前のちょっとした時間に利用してみてはいかがでしょうか。

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

窓が大きくて開放感があるこの囲炉裏ラウンジ。その窓の外に目を向けましょう。それには、窓側のソファー席がおすすめです。外にせり出すようなガラス張りの席は、眺めがよくてとっても気持ちがいいです。海の向こう側までよ〜く見てみてください。どこまでも広がる日本海はもちろん、海に突き出た男鹿半島の地形ならではの対岸の風景は必見です。

そして「別邸つばき」から徒歩約5分の「湯の尻海岸」には、小さな漁港と公園があり、天気のいい日のお散歩に最適なスポット。こちらの漁港には県内外から釣り好きの方々が訪れ、沖合の鯛釣りを楽しんでいます。海の近くをゆっくりのんびり歩いてみたい方はぜひ行ってみてください。風の音や波の音が心地いいです。

「別邸つばき」は全客室がオーシャンビュー!

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

「別邸つばき」の客室でおすすめなのは、写真の和モダンルームです。こちらは畳敷きの和室にベッド2台が設置されたタイプです。「別邸つばき」の全ての客室が海側にありますが、高層階(6階と7階)にある和モダンルームからだと、遠くまで景色を見渡せます。

そして、日本海といえば夕日のイメージですが、「別邸つばき」のお部屋から見ることができるのは、美しい日の出です!男鹿市にある寒風山から昇ってくる朝日の輝きは、1日の始まりに元気を与えてくれます。また、天気がいい日には対岸に世界遺産の白神山地も見えます。

美味しい!楽しい!「別邸つばき」の自慢の料理

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

お待ちかねの夕食は、ダイニングルーム「味彩」にて。男鹿の漁港で獲れた新鮮な海の幸や契約農家が育てた地元野菜にひと手間加えた料理の数々は、目にも鮮やかでどれから食べようか迷ってしまうほど。素材の良さが引き立つ味付けは、頬が落ちる美味しさです。

「別邸つばき」の夕食は、ほとんどのお料理が席に運ばれてきますが、一部がバイキングスタイルとなっています。かまどを意味する「おくどさん」コーナーでは、ご飯やお味噌汁類が準備されていて、自分のペースに合わせて食べたいものをもらいにいきます。この日は鯛飯や鮟鱇汁、ブイヤベースなどがありました。また、ハタハタや自家栽培の野菜の天ぷらなどはオープンキッチンで作っており、出来立てあつあつを提供しています。

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

さて「別邸つばき」の夕食での目玉のひとつが、お魚の解体ショー!お食事時間中に鐘が鳴ると、このショーが始まる合図です。その日仕入れた新鮮なお魚を料理長が目の前で捌きます。写真のお魚は、近くの漁港で獲れたヒラメです。

これからいただく新鮮なお魚が捌かれていく様子を目の前で見ることができるショーは、大人も子どもも楽しめます。また、料理長がしっかり説明してくれるので、魚の捌き方も参考になりますよ。※海が荒れた日など、解体ショーが開催されない場合もあります。

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

ショーで解体されたお魚は、オープンキッチンで提供されます。他のお魚のお刺身数種類も並んでいますので、自分好みに選んでご飯にのっけて「勝手どんぶり寿司」のできあがり。こちらも自分でオープンキッチンに取りに行くスタイルです。なくなり次第終了となるので、「準備ができました」の合図を聞き逃さないようにご注意を!

「別邸つばき」のお湯は保温効果が長続き!

提供元:男鹿温泉 結いの宿 別邸つばき

http://www.ogaonsen.com/地図を見る

江戸時代から湯治場として栄えた男鹿温泉郷。この温泉郷の中で「別邸つばき」は唯一、2種類の源泉をひいている宿です。いずれもナトリウム塩化物泉で、海水に似た塩を含むことから湯冷めしにくく保温効果が長く続くと言われています。内湯と露天風呂でそれぞれ異なる源泉を使用しているので、ぜひ両方のお湯にゆっくり浸りましょう。

男鹿半島をドライブしながら「別邸つばき」へ!

三方を海に囲まれた男鹿半島は、日本海の雄大な景色を満喫できるドライブコースとして最高の場所なので、レンタカー等の車で行くことをおすすめします。特に西海岸の起伏のある海沿いの道路は、とっても気持ちいいです。青い空と光輝く海と迫りくる山との大パノラマを眺めながら、「別邸つばき」までのドライブを楽しんでいただきたいです。水族館GAOやなまはげ館、入道崎など点在する男鹿の観光スポットを効率的にまわるにも、車の利用が便利です。

※「別邸つばき」は、冬季12月下旬から3月末まで休館となります。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/01−2017/04/02 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ