旧教会を眺めながらほっと一息!オランダ・デルフトの老舗カフェ「スタッズ・コフィーハウス」

| オランダ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

旧教会を眺めながらほっと一息!オランダ・デルフトの老舗カフェ「スタッズ・コフィーハウス」

旧教会を眺めながらほっと一息!オランダ・デルフトの老舗カフェ「スタッズ・コフィーハウス」

更新日:2017/04/10 16:49

カジヤマ シオリのプロフィール写真 カジヤマ シオリ トラベルライター、アートライター

「デルフトブルー」で有名な陶器が名産の街・デルフト。規模は小さいものの、街のあちこちに運河が張り巡らされ、古い建物が現在も残っています。

地元の人に大人気の「スタッズ・コフィーハウス」は、淡いブルーを基調とした見た目がかわいらしい老舗カフェです。風光明媚なデルフトの街を訪れた思い出にもなるような、自慢の絶品メニューをご紹介します。

- PR -

おいしさを物語るトロフィーがいっぱい!

おいしさを物語るトロフィーがいっぱい!

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

お店のドアをあけると、壁にずらりと飾られたトロフィーが出迎えてくれます。このトロフィーは、オランダで一番おいしいパンを決める大会で受賞したもの。スタッズ・コフィーハウスのパンはいくつもの賞を受賞しており、あまりのトロフィーの多さに店員さんが数を把握しきれないほどです。

トロフィーの数が物語るとおり、ここの自慢はパンを使ったメニューです。メニュー選びに悩んだら、店員さんに聞いて受賞歴のあるものを選ぶのがおすすめです。オランダ語・英語表記のメニューがありますので、必要に応じて店員さんに持ってきてもらいましょう。

パンがふわふわでサックサク!「Hamburger Oude Delft」

パンがふわふわでサックサク!「Hamburger Oude Delft」

写真:カジヤマ シオリ

パンケーキやスイーツ、ハンバーガーなど、充実したフードメニューを誇る「スタッズ・コフィーハウス」。自慢のパンのおいしさを味わいたいなら、ハンバーガーメニューがおすすめです。

街の名前がついた「Hamburger Oude Delft」は、ベーコンとたまご、新鮮な野菜にとろけたチーズが絡み合うオーソドックスな具のハンバーガー。ポテトは大盛り、サラダとピクルスも添えられて、とてもボリューミーな一皿です。

パンがふわふわでサックサク!「Hamburger Oude Delft」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

フォークやナイフも一緒に提供されますが、ハンバーガーは両手で思いっきりかじりつくのがおすすめです。表面はサクッサクだけど中はもっちもち、小麦のおいしさをダイレクトに感じることができるパンです。具材もあつあつで、パンとの相性の良さは申し分ありません。

デルフトの傾いたカップ!?「De Delftse Schuine Bak」

デルフトの傾いたカップ!?「De Delftse Schuine Bak」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

「スタッズ・コフィーハウス」は、ドリンクメニューも豊富です。その中でも、デルフトを訪れた記念になりそうなのが「De Delftse Schuine Bak」。風味豊かなコーヒーに、ホットチョコレートをミックスしたドリンクです。その上にはミルクの泡とシナモンパウダーが乗せられています。甘すぎなくて、ほっとするおいしさです。

このコーヒーの特徴は、かわいらしい特別なカップにいれてくれること。旧教会と運河の絵が描かれた、少しだけ傾いたカップです。このカップでいただくコーヒーは、デルフトでの思い出として心に残りそうです。

デルフトのシンボル的存在・旧教会と淡いブルーのコントラスト

デルフトのシンボル的存在・旧教会と淡いブルーのコントラスト

提供元:Stads-Koffyhuis 公式ホームページ

http://www.stads-koffyhuis.nl/地図を見る

「スタッズ・コフィーハウス」があるのは、1240年ごろに作られた旧教会のすぐそば。お店から旧教会を見ると、少しだけ左側に傾いているのがわかります。お店の淡いブルーと、旧教会の荘厳な雰囲気。いかにもデルフトを象徴するかのような組み合わせです。

テラス席では、約8世紀にわたって街を見守っている旧教会を眺めながらお茶することができます。デルフトを訪れたことを実感しながら過ごす時間は、格別です。

ゆったりとしたデルフトの街に浸りながら…

1966年から、古都デルフトの街で愛されている「スタッズ・コフィーハウス」。何度もの受賞歴がある絶品パンを、このシチュエーションでいただけるのはこのお店だけです。

ぜひ「スタッズ・コフィーハウス」でゆったりとした時間を過ごしてみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/17−2017/03/19 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ