台湾食べ歩きで外せない台北スイーツベストセレクション!

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

台湾食べ歩きで外せない台北スイーツベストセレクション!

台湾食べ歩きで外せない台北スイーツベストセレクション!

更新日:2017/04/07 16:59

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

台湾旅行の楽しみの一つがスイーツ食べ歩き!ヘルシーで栄養価も高い「豆花」、とろける甘さの「雪花冰」、ツルンプルンののど越しがいい「愛玉」、あま〜いお豆腐「杏仁豆腐」そして、太陽の恵みをたっぷり感じられる「パイナップルケーキ」と盛りだくさんのスイーツ天国台湾!「どのお店に行ったらいいか迷うな〜?」という旅行者必見の絶対外れない台湾スイーツ店、ベストセレクションです!

低カロリーでおいしい豆花(トウファ)

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

台湾人が季節問わず愛してやまないスイーツがヘルシーな豆花。台湾には、豆花のほか、かき氷、おもちなどさまざまなスイーツを販売する甘味処がある中、豆花に全身全霊をかけた豆花専門店が「騒豆花」です。

有機栽培の選りすぐりの大豆を使い、毎朝丁寧に作られた豆花は、スプーンですくうとほろほろっと崩れてしまうはかなさ。そのまま食べてもおいしい豆花ですが、ぜひトッピングを楽しみましょう!

騒豆花では、夏はマンゴー、冬はイチゴと季節ごとに旬のフルーツをトッピングしたものや、甘い黒ゴマを使ったゴマ豆花に、寒い日に食べたい小豆豆花と種類は少ないながら季節感を感じられる豆花メニューが人気です。

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

台北市内にある人気観光夜市「寧夏観光夜市」の真ん前にある「豆花荘」は、ツルンとした食感、杏仁豆腐のような甘さが感じられる豆花。豆花にはタピオカや芋団子、白玉、ハトムギなどさまざまなトッピングを選ぶことができ、さらに魅惑の黄金シロップをかけてくれます。

生姜とハチミツをブレンドした黄金色のシロップは、懐かしい味わい。黄金シロップを氷状にしたものと温めたものと2種類あるので、お好みで選んでください。

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

豆花荘の斜め向かい側にあるのが「古早味豆花」です。添加物は一切入っておらず、大豆本来の味を感じられる豆花が魅力で、トッピングも豊富に取りそろえられているのが特徴。

豆花荘は生姜はちみつシロップですが、古早味豆花は大豆本来の味を楽しむためにシロップはシンプルでストレートな味わいなので、トッピングは甘く煮詰めたピーナッツがオススメです。

口の中でとろけるふわふわ雪花冰

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

凍らせた牛乳を削って作るふわふわ雪花冰は、もはや台湾スイーツの定番。台湾にいったら必ず立ち寄りたい、雪花冰の王道店といえば「冰讚」です。マンゴーがおいしい4月〜11月のみオープンというマンゴーかき氷の聖地なんです。

牛乳を凍らせて削っているため、氷自体も甘く、何のトッピングもいらないほど。ふわふわのかき氷は口の中に入れるとあっという間になくなってしまいますが、おいしさがいつまでも続く不思議な味わい。仕入れるマンゴーにもこだわりがあり、マンゴーだけでも食べに行きたくなります。

マンゴーの甘味を味わいたい人は、雪花冰ではなく、普通の氷を使ったかき氷も選ぶことができます。また、マンゴー以外にも、ピーナッツやはとむぎなどのトッピングも選べます。

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

雪花冰の元祖と言われている「辛發亭」は、台北市最大の「士林夜市」のど真ん中にあります。いつ行っても行列になっている店頭では、カラフルな雪花冰を手際よく削る音が響きます。定番のミルク味のほか、抹茶、ピーナッツとさまざまな種類がある中、一番人気なのが、珈琲味。かき氷というよりなめらかアイスのような食感、さらに、練乳をたっぷりかけることで、濃厚カフェラテのような味わいです。

もちろん、マンゴーやいちご、スイカなどのフルーツトッピングも豊富に取りそろえられています。

レモン味の天然ゼリー「愛玉」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

台湾には、愛玉と呼ばれる植物があり、その実を煮出して冷やし固めると、ゼリーのようなツルンプルン食感になります。さっぱりとした後味とのど越しは病み付きになるおいしさ!その愛玉を毎日、朝から手作りしているのが「愛玉之夢遊仙草」です。このお店では、水のきれいな阿里山で採れた愛玉を使用することで、独特の食感、みずみずしさ、やわらかい香りを感じることができる愛玉を作り出しています。

芋団子やタピオカなどのトッピングとともにツルンとあっという間に食べられてしまいます。レモン風のシロップも後味さっぱりに。手作りならではの食感と味わいを楽しんでください。

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

夜市でも定番の愛玉。夜市ではドリンク用のコップにたっぷりの愛玉とレモンシロップ、そして氷をいれてくれます。

太いストローからツルンと入ってくる愛玉はのど越しさわやか。果肉入りのレモンジュースのような味わいなので、テイクアウトして夜市の食べ歩きのお供にしてみては?

あま〜い杏仁豆腐は台湾のお母さんの味

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

日本でもなじみがある「杏仁豆腐」は、台湾でも定番。豆花と同じような食感ですが、杏仁豆腐のほうが甘く、よりスイーツ感を感じられるはずです。

台湾の古き良き街並みを感じることができる迪化街には、杏仁豆腐専門店「夏樹甜品」があります。豆腐一丁ほどの大きさの杏仁豆腐に杏仁ミルクをたっぷりとかけて食べると、その濃厚な味わいと甘さに驚くはず。冷たい杏仁豆腐は、ツルンプルンといったなじみのある食感で、温かい杏仁豆腐はなめらかなババロアを食べているような味わい。手作りならではの、味わい深い杏仁豆腐が楽しめます。

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

同じ迪化街には、老舗の「永昌傳統豆花店」もあります。おしゃれカフェという雰囲気はなく、あくまで地元の人のテイクアウト専門といった風情ある雰囲気。

昔ながらのシンプルな味わいの杏仁豆腐は、ツルンプルン食感で甘さは控えめ。杏仁豆腐のほか、台湾の朝ごはんの定番、杏仁茶と揚げパンも人気メニューなので、杏仁豆腐との食べ比べも楽しいですよ。

お土産にはパイナップルケーキ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

台湾の甘いスイーツといえば「パイナップルケーキ」。台湾のみならず、世界各国の台湾スイーツファンの舌を虜にしたのが、「微熱山丘(サニーヒルズ)」です。パイナップルケーキ専門店であり、パイナップルケーキのほか、パイナップルジュースしか販売しないというこだわり。お店に行くと、一人一個のパイナップルケーキを試食できるというのもポイント。

おいしいかどうかはやはり食べてみないとわからないもの。一つ食べたら、やっぱりそのおいしさに財布のひもが緩みます。

パイナップルの酸味と甘さのバランスが絶妙なパイナップル餡とサクサクのクッキー生地の相性は抜群!台湾桃園空港にも支店ができたので、帰国時に購入するのもオススメです。

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

「微熱山丘」につぐ人気のパイナップルケーキが「旺莱山」です。パイナップルの果肉、芳醇な香り、しっかりとした食感とパイナップルをそのまま食べているかのような味わいに思わずうっとり。この濃厚なパイナップル餡の秘密は、なんとパイナップル1個からたった4個のパイナップルケーキしか作られないからなんです。

「旺莱山」でも、お店で一人一つの試食ができるので、ぜひ自分の舌でおいしさを味わってから購入してください!

魅惑の台湾スイーツは懐にも体重にもやさしいものばかり

今回紹介した豆花、雪花氷、杏仁豆腐、愛玉、パイナップルケーキの他にも、揚げたお餅やタピオカミルクティー、日本のぜんざいのようなもの、仙草ゼリーなどまだまだたくさんある台湾スイーツ。

数百円で食べられ、ヘルシーなものが多い台湾スイーツは、懐にも体重にもやさしいので、食べ歩いてもまったく問題ありません。

一度ならず、二度三度と足を運んで台湾スイーツ全制覇をめざしては?!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ