鄙びすぎた川内高城温泉「双葉屋」「双葉旅館」で湯治しよう

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

鄙びすぎた川内高城温泉「双葉屋」「双葉旅館」で湯治しよう

鄙びすぎた川内高城温泉「双葉屋」「双葉旅館」で湯治しよう

更新日:2017/04/04 12:41

温泉ソムリエぐっちのプロフィール写真 温泉ソムリエぐっち 源泉かけ流し温泉伝道師、温泉ライター

鹿児島県にある「川内高城(せんだいたき)温泉」は、昔ながらの小さな鄙びた温泉地です。西郷隆盛も訪れ、愛した歴史ある温泉地であり、「双葉旅館」に投宿されたという歴史もあります。
温泉は透明なアルカリ性の硫黄泉で、ゆでたまごのような香り漂う名湯。昔からの日本の湯治場らしさを味わいたい方にはとてもおすすめです。

- PR -

古き良き湯治場の風情を

古き良き湯治場の風情を

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

川内高城温泉は、薩摩川内市内より車で20分ほど山道を北へ走ったところにあります。古くから営んでられるお宿が5〜6軒、細いメインストリート沿いに建っています。その様はまさに、タイムスリップという表現がぴったり当てはまるほどの、時代が止まったかのような佇まいです。

古き良き湯治場の風情を

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

「双葉旅館」と「双葉屋」は道を挟んで向かい合って建っています。「双葉旅館」はお宿としての営業は現在はしておらず、日帰り入浴のみとなっています。「双葉屋」は湯治宿(素泊まり)として営業されていて、日帰り入浴も可能です。

「双葉屋」の館内

「双葉屋」の館内

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

元々は、双葉屋の玄関の土間部分より源泉が湧き出していたそうですが、現在は近くで川内高城温泉の共同の源泉を掘削し、各施設へ配湯されています。双葉屋の玄関は、お宿というよりは田舎の民家のようで、なんの飾り気もない造りです。
また、こちらでは猫を飼われているため、館内はやや猫の匂いがします。

「双葉屋」の館内

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

玄関より少し階段を上がると、浴室と湯治用の炊事場があります。炊事場も古めかしいタイル張りで、なんとも風情があります。そして、温水の蛇口をひねると、なんと温泉が出てきます。温泉水を利用して調理が出来るのはとても嬉しいですね。

また、湯治の方が調理して食事をするための食器類、冷蔵庫にコンロが設置されていて自由に利用できます。

「双葉屋」の館内

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

お部屋もとても簡素な造りです。冬場はこたつが用意されています。もちろんテレビもエアコンもありますが、トイレ等は共用となります。お宿というよりは誰かの自宅で間借りさせて頂くような感じです。

また、地震の影響のためか床が少々斜めになっているところもあります。

「双葉屋」の浴室

「双葉屋」の浴室

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

浴室は男女別に内湯がひとつずつで、露天風呂はありません。床と浴槽は昔ながらの小さなタイル張りで、なんとも言えない懐かしさを感じてしまいます。

浴槽は2つに分かれていて、お湯は大きめの浴槽に注がれるため、大きめの浴槽が熱めで42℃程度、小さめの浴槽がぬるめで40℃程度となっています。お湯からはアルカリ性の硫黄泉ならではの柔らかなゆでたまごのような香りがふんわりと漂っています。浴感はツルツル感がとても強く、素晴らしいお湯です。

「双葉旅館」の浴室

「双葉旅館」の浴室

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

「双葉旅館」は現在日帰り入浴のみ。現在お宿としては営業されていません。過去には西郷隆盛さんが泊まったお宿としても有名です。「双葉荘」で料金を支払って利用させて頂きます。

中へ一歩入ると、誰も利用されていないお宅にお邪魔したような感じです。廊下の突き当たりに浴室が男女別でありますが、こちらも露天風呂はなく内湯のみ。浴室は「双葉屋」の浴室をぎゅっと縮めたようなとても小さな浴槽で、古めかしいタイル張り。壁には「不老泉」と書かれており、主曰く、西郷隆盛が名付けられたそうです。

また、温泉は飲めるようでコップも設置。湯は「双葉荘」と同じ泉質のアルカリ性の硫黄泉。ただ、浴槽が小さいためか「双葉温泉」のほうが少々熱めで新鮮に感じられるでしょう。

新鮮な温泉と鄙びた温泉地を求める方に

温泉に求めるものは人によって様々です。なので、「双葉屋」と「双葉旅館」は、とても古く、一般的な温浴施設や温泉宿とは著しく異なるため、有名温泉地や都心部に近い温泉にしか行かれたことが無い方にとっては快適とは言えないでしょう。
しかし、温泉のお湯そのものに拘る方や、昔ながらの雰囲気を好む方にはきっと満足していただけるはず。

平成の時代にこのような温泉地、また温泉宿が残っていることは奇跡と言っても過言ではないと思います。建物はかなり古いため、いつか行こうと思っている方はお早めに行かれることをおすすめします。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/24−2017/03/25 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ