名古屋だけ!シヤチハタ初の体験型アンテナショップ「シヤチポン」

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

名古屋だけ!シヤチハタ初の体験型アンテナショップ「シヤチポン」

名古屋だけ!シヤチハタ初の体験型アンテナショップ「シヤチポン」

更新日:2017/04/11 17:26

HIRATA ERIKOのプロフィール写真 HIRATA ERIKO コムラード・オブ・チーズ

スタンプ印の代名詞として、世界中で定着しているシヤチハタ。実はもともと「鯱旗(シャチハタ)」で、名古屋のスタンプ会社がトレードマークに鯱のイラストを使ったことが由来です。

2017年3月、名古屋にシヤチハタ初のアンテナショップ「ShachiPon!(シヤチポン)」が誕生しました。場所はレゴランド(R)・ジャパン隣接の商業施設、メイカーズピア。店舗限定商品もある楽しい体験型ショップです。

世界初!シヤチハタのアンテナショップ「シヤチポン」

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

2005年に愛知で行われた愛・地球博では「シヤチハタ マークタウン」を出展し、ワークショップも開催したシヤチハタ。でも意外なことに、常設店舗としてのアンテナショップはいままでありませんでした。

というわけで、2017年3月にオープンした「シヤチポン」は世界初のシヤチハタのアンテナショップ。レゴランド(R)・ジャパン隣接の商業施設「メイカーズピア」内にあります。金城ふ頭駅方面からの歩道橋を降りるとすぐの場所なのですぐわかりますよ。

店舗名が「シャチポン」ではなく「シヤチポン」になっているのは、「シャチハタ」の正式名称「シヤチハタ」を踏襲しているため。老舗メーカーの誇りを感じますね。

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

「シヤチポン」は、体験型のアンテナショップ。店内ではオリジナルスタンプを作ったり、スタンプで遊んだりすることができます。

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

体験型ショップではありますが、各種スタンプをはじめとした文房具もさすがの品揃え。知育スタンプのセットや子どもが手洗いを練習するためにてのひらに押す「おててポン」など、気になる商品がたくさんあります。

写真をスタンプに!オスモの限定色がポップでかわいい

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

オリジナルデザインのスタンプ印をすぐに作れるシヤチハタの新サービス「OSMO(オスモ)」は、2016年に登場しました。写真もスタンプにできますし、イラストや手書きでデコレーションできるので、プリクラのスタンプ版と言ってもよいでしょう。

まだ導入台数は少ないものの全国にある機械ですが、「シヤチポン」には店舗限定カラーがあります。赤、黄、青、緑。どれもレゴ(R)・ブロックを思わせるポップな色合いです。

なお、オスモは3サイズありますが、写真をスタンプにする場合は大がおすすめ。大でも800円(税別)と良心的な価格です。※価格は2017年4月現在

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

オスモパークというサイトに写真をアップロードし、アップロード時の番号をオスモに入力すると写真が表示されてデザインを編集できるようになります。

文字入れしたりフレームを選んだりできるのですが、名古屋デザインがあるのでお見逃しなく!

※写真の画像は顔の部分を少しぼかしています。実際にはクリアに表示されます。

写真:HIRATA ERIKO

デザインが決まると、スタンプは数分で完成します。スタンプ印なのでフルカラーとはいきませんが、予想以上にクリアな仕上がりに驚くことでしょう。

写真左のスタンプは、手羽先やしゃちほこなど名古屋のイラストをふんだんに使ってあり、名古屋記念のお土産としてもオススメ!

※写真の画像は顔の部分を少しぼかしています。

漢字にも詳しくなる!?壁一面のスタンプワールド

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

「シヤチポン」内の壁の一部はプロジェクターになっており、魚のスタンプが泳いでいます。漢字やふりがなも表示されているので、魚介類の漢字にも詳しくなりそうですね。

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

スタンプワールドは、テーブル上で魚の名前のスタンプを押すとプロジェクターに魚が登場する仕組みです。

魚の名前のスタンプだけでなく、丸いスタンプを置くと泡がぶくぶくと沸いたり、プロジェクター上で魚に触れると動きを変えたりといった工夫も凝らされているので、いつまでも飽きずに楽しめます。

商品のお試しも楽しい!2017年5月からはワークショップも開催

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

「シヤチポン」の一角には商品を試せる場所があります。ここには知育玩具として遊べるスタンプやキャップのつながるサインペンなど、カラフルで興味深い文房具が揃っています。

実はシヤチハタは、スタンプメーカーとしてだけではなく筆記具メーカーとしても世界で知られた存在なのです。

提供元:ShachiPon!

https://www.shachipon.jp/

2017年のゴールデンウィーク明けからは、スタンプを使ったワークショップも始まる予定です。

「シヤチポン」には、子ども好きのスタッフが勢揃い

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

スタンプワールドやサンプル商品のお試しは楽しすぎるので、いったん遊び始めた子どもたちはなかなか帰りたがりません。無料エリアで長居するのは親としては気が引けますよね。

でも「シヤチポン」のスタッフさんたちは、常にとても楽しそうに子どもたちの相手をしてくださるので、見ている親も安心して遊ばせることができます。

レゴランド(R)・ジャパン帰りにも、「シヤチポン」へ

レゴランド(R)・ジャパンの閉園時間は17〜19時。「シヤチポン」は19時までですので、季節によってはレゴランド(R)・ジャパンの閉園後にも寄ることができます。レゴランドで撮ったお気に入りの写真をかわいいスタンプにすれば、素敵な旅の記念になりますね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/27 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ