温泉とイタリアン!都内から優雅な1DAYトリップ 大宮「美楽温泉 スパ ハーブス」と「大宮璃宮」

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

温泉とイタリアン!都内から優雅な1DAYトリップ 大宮「美楽温泉 スパ ハーブス」と「大宮璃宮」

温泉とイタリアン!都内から優雅な1DAYトリップ 大宮「美楽温泉 スパ ハーブス」と「大宮璃宮」

更新日:2017/04/12 13:47

二宮 うららのプロフィール写真 二宮 うらら ライター、エディター

都内から電車で約30分。さいたま市大宮に誕生した「美楽温泉 スパ ハーブス」は、天然温泉と関東最大クラスの岩盤浴が楽しめる日帰り温泉施設です。また隣接する「大宮璃宮」は、広々とした敷地の中に結婚式を行う教会や豪華レストランを併設したラグジュアリーな館。
まずは温泉でお肌ツヤツヤに、その後に優雅な食事を満喫。2つの施設を楽しむ1DAYトリップはいかがでしょう。

「美楽温泉 スパ ハーブス」で12種のお風呂を楽しもう

提供元:Kaoru Fushiki

地図を見る

「美楽温泉 スパ ハーブス」のお風呂は、地下1100メートルの地中から湧き出る天然温泉とナノ炭酸泉を使用しています。
室内の大浴場には、小さな気泡が湯に溶け込み白濁した「シルクの湯」や、ジェット噴流で全身のツボをマッサージしてくれる「ジェットバス」、「電気風呂」、「冷水風呂」、「サウナ」などがあります。
そして屋外には開放感たっぷりの広々とした露天風呂、陶器の湯船を独り占めで入れる「壺湯」、空を見上げる「寝ころび湯」、庭園に建つあずま屋は「源泉洞窟風呂」になっています。

提供元:美楽温泉 スパ ハーブス

http://spa-herbs.jp地図を見る

さまざまな湯船をめぐる楽しさは格別。
心地よい風に吹かれながら、緑の植栽や青空を眺めながら入る露天風呂の気持ち良さはもちろんですが、特におすすめしたいのが「源泉洞窟風呂」です。

ここは源泉から上がる蒸気をそのまま利用した蒸し風呂で、実際の洞窟のような薄暗い空間のなかで、マイナスイオンもたっぷり。半身浴をしながら過ごすのですが、湯は体温程度の低めの温度なので、ゆったり長く入っていることができ、とてもリラックスした気分に。それでいて代謝や血液の循環がとてもよくなるように感じられます。

岩盤浴と熱烈ロウリュウエンターテイメントで老廃物をデトックス

提供元:美楽温泉 スパ ハーブス

http://spa-herbs.jp地図を見る

「美楽温泉 スパ ハーブス」の大きな特徴としては、関東最大クラスの岩盤浴スペースがある点。料金形態には、風呂だけを使用する「入浴のみプラン」と「岩盤浴付きセットプラン」がありますが、時間に余裕があるなら、ぜひ後者を選択したいもの。

岩盤浴の部屋はナノ水で雲を発生させ、雲に包まれているような心地よさが感じられる「遊雲(ゆううん)」、岩塩を天井や壁面に用いた「癒塩(ゆうえん)」、御影石を用い、ヨガのプログラムも行われる「煌空(こうくう)」の3種。加えてフィンランドに伝わるサウナ入浴方法の一つ「ロウリュウ」が体験できる「烈炉(れっく)」もあります。

提供元:美楽温泉 スパ ハーブス

http://spa-herbs.jp地図を見る

岩盤浴スペースで、ぜひ体験したいのがロウリュウエンターテイメントです。
そもそもロウリュウとは、熱したサウナストーンにアロマ水をかけて水蒸気を発生させたところに、その水蒸気をタオルや団扇であおぎ、熱風を送り発汗を促すというフィンランドに伝わるサウナ入浴法。

ロウリュウエンターテイメントでは、大うちわを持ったスタッフが元気な掛け声とともに力いっぱいあおいでくれるのですが、このうちわの威力がなかなか凄くて、一気にアロマの香りを含んだ熱風に包まれます。
サウナ内のお客さんみんなに熱風が行き渡るよう、ひと通り全方向をあおいだ後は、リクエストにこたえて、再度あおいで熱風を送ってくれます。
そのうち、ワッショイ、ワッショイと掛け声もあがり、ムンムンの熱気に包まれたサウナのなかに不思議な一体感が生まれます。

普通のサウナとは違い、一瞬のうちに大量の汗が吹き出て、身体はスッキリ。
ロウリュウイベントは1日3回行われているので、入館時に開始時間をチェックしておくとよいでしょう。

提供元:Kaoru Fushiki

地図を見る

岩盤浴の後はクールダウンルーム「舞氷(まいひょう)」へ。
ガラス張りの室内中央には、大きなかき氷といった感じのものがあり、その上に絶え間なくハラハラと雪が降り積もるという演出がされています。

岩盤浴に入って、クールダウン。その交互利用で、新陳代謝が促されるというわけです。

漫画読み放題のお休み処や湯上りビールでリラックス

提供元:美楽温泉 スパ ハーブス

http://spa-herbs.jp地図を見る

岩盤浴エリアの奥には、漫画本がずらりと揃うライブラリーがあります。すわり心地抜群で、テレビも備わったリクライニングチェアやハンモックも用意されています。
湯上りに好きな漫画を読みながら、くつろぐなんて至福のひとときです。

写真:二宮 うらら

地図を見る

湯上り、乾いた喉を潤してくれるのがビール!
2階のカフェ「Cafe Belax」では、埼玉を代表するクラフトビール「COEDOビール」の樽生が味わえます。

今話題のコールドプレスジュースやかき氷もあり、隣にはゴロゴロくつろげるリラックスルームが。これは極楽です。

温泉リフレッシュの仕上げは「大宮璃宮」で豪華イタリアンディナーを

写真:二宮 うらら

地図を見る

さて、温泉と岩盤浴でたっぷりリフレッシュしたら、ディナーを楽しみましょう。
「美楽温泉 スパ ハーブス」内にも食事処がありますが、自分にご褒美とちょっと贅沢するなら、隣接する「大宮璃宮」の「リストランテ マンジャーレ オリエンタルテラス大宮」がおすすめ。
ゴージャスな空間で、優雅なディナーが楽しめます。

ダイニングは店名の通りオリエンタルテイストのインテリアで整えられ、高い天井が開放的。そして窓の外にはウォーターガーデンが広がっています。湯上りとはいえ、ちょっとドレスアップして、行きたい雰囲気です。

写真:二宮 うらら

地図を見る

夕暮れの水上には松明の炎がゆらめき、海外のリゾートホテルのよう。水辺脇のあずま屋でも、ディナーを楽しむことができます。

宝石箱のような野菜たっぷりの前菜に、埼玉深谷和牛のグリルなど美味の連続

写真:二宮 うらら

地図を見る

これは「リストランテ マンジャーレ オリエンタルテラス 大宮」のプレミムアム ディナー コースの最初に登場する前菜の一皿です。
季節を感じさせる美しい盛り付けに、思わずテンションがあがります。
「オリエンタルガーデン」と名付けられたこの一品は、厳選された旬の野菜に白身魚のマリネ、イチゴのエスプーマが添えられています。野菜はどれも味わい深く、食感もさまざま。
見た目だけでなく、味わいのほうも期待を裏切りません。

写真:二宮 うらら

地図を見る

パスタや魚料理を味わった後、メイン料理として登場するのが「埼玉県産深谷和牛のグリル」。
深谷といえばネギの産地。思わず「ネギを食べて育ったの?」と聞きたくなりますが、そんなことはないようです。良質な子牛を、国産の稲わら、牧草、穀物などを配合したオリジナル飼料で、ていねいに育てることで、きめが細かくて滑らかな肉質が特徴。

都内でほとんど流通することのない希少な「深谷和牛」。肉のおいしさを引き立てるよう添えられているのは、埼玉県越生(おごせ)の梅味噌、グリーンマスタード、埼玉県狭山茶塩、桜塩、蕗味噌タスマニアマスタード。5種のテイストで味わうことができます。

コース料理の内容は、月ごとに変わりますが、地元、埼玉県産の食材を豊富に使い、ヘルシーで華やかなコースになっています。
ディナーの最後を締めくくるデザート、プティフルールまで、華やいだ気分がずっと続きます。

写真:二宮 うらら

地図を見る

ワインの品揃えも豊富なので、ワイン好きの方は、車ではなく、電車でアクセスすることをおすすめします。
ソムリエであり、シャンパーニュ騎士団のシュヴァリエを叙任されているサービスマネージャーが、料理にあったシャンパーニュやワインをセレクトしてくれます。

駅からはやや距離があるのですが、JR大宮駅からのシャトルバスを利用すると便利です。

温泉施設だけにとどまらない充実の1日を楽しもう

日帰り温泉&イタリアンディナーの1DAYトリップ、いかがでしたか。
泊りがけの温泉旅行はもちろんいいですが、日帰り温泉でも優雅な空間と食事を組みわせることで、満足度・リラックス度は大きくアップ。気軽に出かけられるのもいいですね。

なお「大宮璃宮」には、『四季庭』というカフェレストランもあり、こちらではアフタヌーンティーやフランス料理のランチやディナー、日本庭園やテラスで楽しめるランチボックスを提供。

日帰り温泉だけにとどまらない豊かな時間を楽しんでみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/22 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ