西オーストラリア州「カルグーリー」でゴールドラッシュ時代にタイムスリップ

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

西オーストラリア州「カルグーリー」でゴールドラッシュ時代にタイムスリップ

西オーストラリア州「カルグーリー」でゴールドラッシュ時代にタイムスリップ

更新日:2017/03/27 17:05

高田 真美のプロフィール写真 高田 真美 旅行ブロガー、グルメブロガー

西オーストラリア州の州都パースから600キロほど内陸に入ったところに、カルグーリーという町があります。19世紀末に金鉱が発見されゴールドラッシュで栄えたカルグーリーの町には、当時の様子を色濃く残す街並みが残っています。今回は、ゴールドラッシュ時代から続く金鉱の町「カルグーリー」とその周辺の見所をご紹介します。

ゴールドラッシュ時代の街並みが残る「カルグーリー」の町

写真:高田 真美

地図を見る

西オーストラリア州の州都パースから東へ車を走らせること6時間半。オーストラリア内陸部のアウトバック(未開の地)に突如「カルグーリー(Kalgoorlie)」の町が現れます。19世紀末にゴールドラッシュで栄えたカルグーリーには、その当時に建てられた建造物が見事に残っており、沿岸部から遠く離れた内陸部の田舎町とは思えないほど立派な街並みが広がっています。

写真:高田 真美

地図を見る

ゴールドラッシュ時代に建てられた建物の中でも特に目を引くのが、美しいホテルの数々です。オーストラリアで「ホテル」というのは、宿泊施設の階下がパブになった、いわゆる「旅籠」のこと。

オーストラリアには、ゴールドラッシュ時代の街並みが残る町が他にも数多く残っていますが、カルグーリーの町がそれらの町と違うところは、カルグーリーでは今でも金鉱の発掘が続いているということ。ゴールドラッシュ時代に建てられたパブでは、今も変わらず、金鉱の作業員たちが集っているのです。

「スーパーピット」で金鉱の発掘作業を見学

写真:高田 真美

地図を見る

カルグーリーの町外れにある「スーパーピット(Super Pit)」では、金鉱の発掘作業が行われている様子を見学することができます。金鉱の内部に入って見学をするには、ツアーに参加する必要がありますが、金鉱の隣の丘にある展望スポットからなら、誰でも無料で見学をすることができます。展望スポットからでも、地面に開いたすり鉢状の巨大な穴で発掘作業が行われている様子が肉眼ではっきりと見ることができますよ。

スパーピットの麓の可愛い街「ボールダー」

写真:高田 真美

地図を見る

スーパーピット鉱山の麓には「ボールダー(Boulder)」という可愛らしい街があります。こちらもゴールドラッシュ時代の趣ある建物が並んでいるのですが、カルグーリーよりもこぢんまりとした建物が多く、とても可愛らしい街並みが広がっています。スーパーピットを訪れた際には、是非ボールダーの街も散策してみてくださいね!

ゴーストタウンとなった「クールガーディ」

写真:高田 真美

地図を見る

カルグーリーの近くには、カルグーリーの町とは対照的に、ゴーストタウンと化してしまった金鉱の町もあります。カルグーリーの西にある「クールガーディ(Coolgardie)」という町は、カルグーリーと同様、19世紀後半に金鉱の町として栄えましたが、その後、金鉱が枯渇。20世紀前半には、町がゴーストタウン化してしまいました。ゴーストタウンとなった今も、当時の裁判所や刑務所といった石造りの建物がそのまま残されており、今では観光地となっています。

金鉱博物館を訪れよう!

写真:高田 真美

地図を見る

19世紀後半に起こったゴールドラッシュの時代に興味がある方は、カルグーリーにある「西オーストラリア州立金鉱博物館(Museum of the Goldfields)」を訪れてみてはいかがでしょうか。ゴールドラッシュ時代の歴史や当時の人々の生活ぶりなどが解説されており、敷地内には当時の建造物も展示されるスケールの大きな博物館となっています。

最後に

西オーストラリア州の州都パースからカルグーリーまでの行き方は、次の3通りあります。
*車で6時間半
*鉄道(Prospector)で7時間弱
*飛行機で1時間

パースからレンタカーで回る場合は、カルグーリーを訪れた後、南へ4時間ほど南下して、白砂のビーチが美しいエスペランス(Esperance)周辺の観光と繋ぐ旅がオススメです。

今なお続く金鉱の町「カルグーリー」で、ゴールドラッシュ時代にタイムスリップをしてみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ