舞鶴観光で自衛隊艦艇見学&護衛艦オリジナルポストカードを集めよう

| 京都府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

舞鶴観光で自衛隊艦艇見学&護衛艦オリジナルポストカードを集めよう

舞鶴観光で自衛隊艦艇見学&護衛艦オリジナルポストカードを集めよう

更新日:2017/04/12 11:06

みぃのプロフィール写真 みぃ 船場経済新聞ライター、旅行ライター、香美町観光大使

旧日本海軍のあった舞鶴では、海軍記念館や引揚記念館、東郷平八郎海軍中将が過ごした東郷邸など、戦前戦後の歴史が感じられる見どころが沢山。
その中でも今回は、艦艇見学や護衛艦オリジナルポストカードのコレクションなど、海上自衛隊にゆかりのスポットを中心にご案内します。

北吸桟橋(自衛隊桟橋)で海上自衛隊艦艇見学

写真:みぃ

地図を見る

観光で舞鶴を訪れる人の多くが訪れるのがこちらの北吸桟橋(通称:自衛隊桟橋)。東舞鶴駅からバスでも徒歩でもアクセス可能。
ここでは毎週土・日・祝に岸壁から艦艇を間近に見学することができます。
舞鶴に籍を置く護衛艦「ふゆづき」「まつゆき」、イージスシステムを搭載した「あたご」「みょうこう」なんかに出会える可能性あり。

艦艇にはそれぞれに番号が付いていますが、敷地入口の「本日の見学艦艇」の掲示板を見ておくと一層楽しめるかもしれません。スマホで番号を検索するのもおすすめ。

写真:みぃ

地図を見る

時には艦艇一般公開が行われることがあり、内部の見学も可能。普段はなかなか見ることのできない艦内を探検してみましょう。ただし隊員さんの指示に従ってくださいね。

写真は既に除籍になった「しらね」です。

写真:みぃ

地図を見る

稀にアメリカ海軍の艦艇が寄港していることがあります。パンフレットを配っている艦艇なんかには近づいても構いませんが、間近での撮影はNG。その都度隊員さんの指示に従ってください。

写真は横須賀を母港とする「ジョン・S・マケイン」というミサイル駆逐艦。タイミングによっては他港の艦艇も寄港していますので、これも楽しみの一つです。

赤れんがパークで海軍カレー

写真:みぃ

地図を見る

舞鶴では海軍にちなんだカレーがお土産として人気。海軍では長い海上で曜日感覚がなくなってしまうのを防ぐために土曜の昼食がカレーと決まっていました。これが週休二日制の現代になって金曜日となり、海上自衛隊では今でも金曜日の昼食はカレーとなっています。

自衛隊桟橋近くの赤れんがパークの「知恵蔵」には舞鶴土産が沢山並びますが、その中でもレトルトカレーが抜きんでて売場面積を占領しており、人気のほどがよくわかります。

全種類買うと結構な重みになりますので、あとのスケジュールも考えて買うタイミングを決めましょう。

写真:みぃ

地図を見る

舞鶴市では市内10スポットで先着50,000名に「舞鶴オリジナルポストカード(護衛艦デザイン8種、引揚デザイン2種)」をプレゼント。期間は2017年6月30日までですがカードがなくなり次第終了となりますのでご注意ください。

知恵蔵でお土産品を購入するともらえるのが「護衛艦せんだい」のポストカード。施設によってもらえるカードが違いますので、是非集めてみてください。

写真:みぃ

地図を見る

赤れんが博物館に入館すると「護衛艦あさぎり」のポストカードがもらえます。知恵蔵と徒歩5分かからない距離にありますので、ポストカード目当ての方は併せて立ち寄りましょう。

また、博物館の前から乗船できる「海軍&引揚ゆかりの港めぐり遊覧船」では「護衛艦ひゅうが」のポストカードが。

赤れんがパーク周辺だけで3枚集めることができます。

旧日本海軍第一配水池(赤れんが配水池)

写真:みぃ

地図を見る

艦これ「島風」の看板が案内するのは見晴らしのいい「旧日本海軍第一配水池」。急な坂を5分ほど上る必要がありますので、時間と体力のある方はどうぞ。

写真:みぃ

地図を見る

開けた場所まで上ると東舞鶴湾が一望できます。艦艇を見下ろす眺めはなかなかのもの。

西舞鶴でもポストカード

写真:みぃ

地図を見る

西舞鶴駅にもポストカードを入手できる場所があります。西舞鶴駅1階の観光ステーションでお土産を購入すると「補給艦ましゅう」のポストカードがもらえます。

こちらでもカレーが買えますよ。丹後鉄道で天橋立方面に抜ける方で東舞鶴からカレーを持ち歩くのは重いという方は、ここで購入しても良いでしょう。

舞鶴観光といえば海軍・海上自衛隊見学

今回は自衛隊桟橋・赤れんがパークを中心にご紹介しましたが、自衛隊好きなら、東郷邸、海軍記念館、第23航空隊もおすすめ。見学できる曜日や日程・時間が限られていますので、必ず事前に調べてから訪問しましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/25−2017/03/25 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ