犬山祭「からくり」がスゴイ!犬山城の麓で魅せる江戸の技に拍手喝采

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

犬山祭「からくり」がスゴイ!犬山城の麓で魅せる江戸の技に拍手喝采

犬山祭「からくり」がスゴイ!犬山城の麓で魅せる江戸の技に拍手喝采

更新日:2017/03/28 14:43

旅人間のプロフィール写真 旅人間 トラベルライター、旅ブロガー

満開の桜が咲き誇る4月の第一土日。愛知県犬山市で毎年恒例の犬山祭が開催されます。犬山城の麓にある針綱神社には国の重要無形民俗文化財に指定され、愛知県の有形民俗文化財指定の3層の車山(やま)が13輌集い、笛や太鼓に合わせ「からくり」を針綱神社に奉納。重さ5トンの車山を方向転換する「どんでん」や365個の提灯の付け町内を巡る「夜車山」も見逃せない!犬山の名物グルメと合わせて紹介しましょう。

- PR -

毎年4月の第一土日は「犬山祭」

江戸時代の寛永12年(1635)に始まる愛知県の犬山祭は、桜が満開になる時期の毎年4月の第一土日に行われる犬山城の麓にある針綱神社の祭礼。1日目を「試楽(しんがく)」、2日目を「本楽(ほんがく)」と呼び、13輌の車山(やま)が針綱神社に向け出発し、針綱神社に集結した後に各車山が順番に「からくり」を披露、そして車山はからくり披露後に二手に分かれ城下町を練り歩きます。

犬山祭りは国の重要無形民俗文化財に指定され、13輌の車山(やま)は愛知県の有形民俗文化財に指定され「奉納からくり」「どんでん」「夜車山」が見どころです。

毎年4月の第一土日は「犬山祭」

写真:旅人間

地図を見る

犬山祭の見所「奉納からくり」

犬山祭の見所は沢山ありますが、必ず見ておきたいのは「からくり」でしょう。からくりと言えば、時代劇などで登場する茶運人形の「座敷からくり」などが有名ですが、神社の祭礼などの「山車(だし)からくり」も日本各地で見ることが出来、特に東海地方に多く現存していると言われています。

犬山祭では3層の車山(やま)13輌が笛や太鼓に合わせ「からくり」を針綱神社に奉納します。この犬山のように全てが江戸時代から伝わるからくり人形で「奉納からくり」を披露するのは全国でも類がないと言われています。三層式の車山は最上層に「からくり」が置かれ、中層はからくりを動かす「中山」、そして下層は笛や太鼓の「お囃子(はやし)所」。電動などではなく、実際に人の手によってからくり人形を動かす様は見ごたえ抜群です。

犬山祭の見所「奉納からくり」

写真:旅人間

地図を見る

犬山祭の「奉納からくり」について、例えば余坂の車山(宝袋車)を見てみると、こちらは恵比寿と大黒の二福神による縁起の良いストーリー。大黒様が遙か彼の地にあると言う宝袋を探し求め旅に出て、やっと見つけた宝袋に福鎚を振り下ろすと袋が割れ、中から宝船に乗った恵比寿様が舞い上がるといったもの。

見物客は息を飲むように静かに見守り、からくりの動作ごとに歓声と拍手が起こる。毎年必ず犬山祭に来ると言う方も多く、このからくりは一度見ると惚れこんでしまいます。

犬山祭の見所「奉納からくり」

写真:旅人間

地図を見る

この余坂の車山(宝袋車)は、「余坂のベロだし」の愛称で知られる前人形の存在感もスゴイ。目を剥き、舌を出し入れしながら御幣を振りお祓いをしてくれる様子は愛嬌があって実に面白く、表情が変わる度に周囲から歓声が上がります。

犬山祭の見所「奉納からくり」

写真:旅人間

地図を見る

大迫力!重さ5トンの車山を持ち上げる「どんでん」

犬山祭の最大の見所として、重さ5トンの車山を男たちが豪快に持ちあげて方向転換する「どんでん」の迫力は見逃すことが出来ません。針綱神社前で「奉納からくり」が終わった後、車山は城下町に繰り出す時、その方向をクルリと180度回転させ方向転換を行いますが、まさにその瞬間が見どころ!

男衆が息を合わせて重さ5トンの車山の担ぎ上げに挑む時、周囲を取り囲むように見学している観衆も無言になり、五感を研ぎ澄まし、この場にいる全ての人が今から起きるダイナミックな力技に期待を膨らませるのです。

大迫力!重さ5トンの車山を持ち上げる「どんでん」

写真:旅人間

地図を見る

男衆が掛け声もろとも車山の片側を持ち上げると、車山はギシギシッと言う音と共に傾き、そして一気に回転させます。観客からは「おぉ〜!」と言った歓声が立ち上がりますが、まだまだ見所は続きます。

大迫力!重さ5トンの車山を持ち上げる「どんでん」

写真:旅人間

地図を見る

片側を持ち上げられた車山は180度の方向転換だけではなく、方向転換が終わった後、そのまま持ち上げた状態で、どれだけ長く移動できるかも見物。

もし方向転換だけで終わってしまうと「あぁ〜」と周囲からため息交じりの拍手が送られますが、持ち上げた状態で長く前に進ませると、拍手喝采の大歓声が送られる。持ち上げ方向転換させるだけでもスゴイ事ですが、この町内の意地をかけた男衆の心意気が面白い!

大迫力!重さ5トンの車山を持ち上げる「どんでん」

写真:旅人間

地図を見る

幻想的で美しく、そして迫力満点の「夜車山(よやま)」

犬山祭りは昼だけでなく夜も見逃してはいけません。1年分を表す365個の提灯の付いた車山が町内を巡る「夜車山(よやま)」はウットリするほど美しい。日本各地で様々な祭りがあり、夜祭はどこもかしこも美しいものですが、犬山祭の夜は一味違います。

それは365個の提灯は電灯ではなく、提灯の中には本当の蝋燭を使用しているから。本物の炎がゆらゆらと動く様は幻想的。犬山祭の日は雨が多いと言われ、夜車山(よやま)は中止になる場合が多々あります。もし天気が良い日に当てはまったら必ず見ておきたい。

幻想的で美しく、そして迫力満点の「夜車山(よやま)」

写真:旅人間

地図を見る

幻想的に彩られる犬山祭の夜車山は、ただ単に美しいだけではなく、実は激しさと迫力も兼ね備えています。と言うのは、車山を方向転換させる時の「どんでん」に関しては既に紹介しましたが、これは昼だけに限らず夜の部も同様です。

365個の提灯をぶらさげた車山を男衆が持ち上げ方向転換をさせる時、提灯は大きく揺れ、提灯と提灯がぶつかり合って炎が立ち上がる!燃え始めると男衆は上まで走り登って提灯を払い落として火を消し止める。この大迫力は想像を超えますよ。

幻想的で美しく、そして迫力満点の「夜車山(よやま)」

写真:旅人間

地図を見る

幻想的な美しさの夜車山は、方向転換する時に周囲の空気が迫力と荒々しさに一変し、無事に方向転換が出来ると再び何事もなかったかのように穏やかに動き始める。そして城下町の狭い路地の中を進み遠ざかって行く…。その後ろ姿にもまた魅せられるのです。

幻想的で美しく、そして迫力満点の「夜車山(よやま)」

写真:旅人間

地図を見る

犬山の城下町名物!「五平餅」&「恋小町だんご」

犬山祭で車山が練り歩く城下町のメインストリートの本町通りには、犬山に来たら絶対に食べておきたい名物グルメがあります。それは山田五平餅店の五平餅。
店の前を歩くと香ばしい香りが食欲をそそり、五平餅が焼かれている姿を見てしまうと、もう絶対に買わずにはいられないはず。

犬山の城下町名物!「五平餅」&「恋小町だんご」

写真:旅人間

地図を見る

山田五平餅店の五平餅は全て手作りです。焼きたてのアツアツを口の中に入れると、味噌っぽく感じるけど何かが違う。実はこの店の五平餅は味噌を使わず胡麻、くるみ、ピーナツの入った特製タレを使用しています。
独特の香ばしい風味に加え醤油と砂糖の甘みも口の中で合わさって「こんなに美味しい五平餅食べたことない!」と絶叫する人も多い。犬山に来たら是非食べてみて下さい。本当におすすめですよ。

犬山の城下町名物!「五平餅」&「恋小町だんご」

写真:旅人間

地図を見る

この本町通りには山田五平餅店の五平餅以外に、食べ歩きの出来る話題の団子が販売されています。それは昭和横丁「茶処くらや」の‟恋小町だんご”です。とにかく艶やかで、見た目が可愛く、手にした瞬間、誰もが笑顔になり写真を撮り始めます。

見た目が可愛く、この「恋小町だんご」を食べ歩きしている姿の自撮りは可愛さが増すとも評判。SNSで爆発的な人気にもなりました。犬山城下町の食べ歩きとして是非覚えておきたい。詳しくは下記MEMOのリンクをご参考ください。

犬山の城下町名物!「五平餅」&「恋小町だんご」

写真:旅人間

地図を見る

最後に…。

犬山祭の会場は名鉄「犬山駅」西口下車すぐになります。駐車場は早朝より満車になり会場付近は渋滞しますので名鉄電車の利用がおすすめです。

尚、針綱神社前(犬山城前広場)で順番に「からくり」披露(神前奉納)をします。4月1日は12:00-15:10まで、2日は9:50-14:30まで、1日の午前、2日の午後は城下町各所でそれぞれ随時からくりを披露する予定。詳しくは下部MEMO「犬山市観光協会」のサイトにてご確認下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/02−2016/04/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ