桜の下、蒲鉾の町に全国のおでんが集結!「小田原おでんサミット」

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

桜の下、蒲鉾の町に全国のおでんが集結!「小田原おでんサミット」

桜の下、蒲鉾の町に全国のおでんが集結!「小田原おでんサミット」

更新日:2017/03/27 16:09

Patti Frameのプロフィール写真 Patti Frame ウォーキングアラウンドブロガー

2016年5月 伊勢志摩にて先進国首脳会議が開催されましたが、もうひとつのサミットが2017年も蒲鉾の町・小田原で開催されます。そのサミットこそ「全国おでんサミット」。おでん先進国からご当地「ふるさとおでん」が、桜の満開時期に合わせ小田原城址公園二の丸広場に集結。おでんの小田原評定が催されます。
リニューアルされた小田原城で、満開の桜とおでんを同時に満喫できる、贅沢なイベントなのです。

- PR -

2016年4月大改修を終えた天守閣!桜とのコラボレーションも初披露目

2016年4月大改修を終えた天守閣!桜とのコラボレーションも初披露目

写真:Patti Frame

地図を見る

おでんサミットが開催される小田原城は、神奈川きっての桜の名所。やはり満開の桜とお城の組み合わせは、日本の原風景として誰の心にも響くもの。小田原城址公園には約320本のソメイヨシノがあり、桜の開花時期の夜には、ぼんぼりが灯され幻想的な姿を楽しませてくれます。

昭和35年(1960)に市制20周年記念事業として復興された小田原城天守閣、耐震補強のため2015年7月から2016年4月まで平成の大改修が行われていました。平成の大改修を終えた天守閣が披露されたのは2016年5月1日。2016年の桜が満開の時期には、まだ大改修が終わっておらず、新しくなった天守閣が満開の桜とのコラボを披露するのは2017年が初めてとなるのです。

真新しい白壁と桜のコラボレーション、それを見るだけでも訪れる価値が十分あります。

2016年4月大改修を終えた天守閣!桜とのコラボレーションも初披露目

写真:Patti Frame

地図を見る

2016年4月大改修を終えた天守閣!桜とのコラボレーションも初披露目

写真:Patti Frame

地図を見る

全国の「ふるさとおでん」が終結!このエリアに立ち入れば、もう花よりおでん

全国の「ふるさとおでん」が終結!このエリアに立ち入れば、もう花よりおでん

写真:Patti Frame

地図を見る

小田原桜まつりに合わせ、毎年開催されるのが「小田原おでんサミット」。ちょうど桜の満開の時期に開催されるイベントです。第15回を迎える2017年は4月1日(土)・2日(日)に開催されます。

当日は、新しいおでん種のアイデアを一般の方から募集した「小田原おでん種コンテスト」の最終審査会「小田原おでん種コンテスト」の最終審査会や、ステージイベントも開催。会場はおでん一色になります。

全国の「ふるさとおでん」が終結!このエリアに立ち入れば、もう花よりおでん

写真:Patti Frame

地図を見る

過去最大13地域のおでんが出店予定。どんな変わり種おでんが飛び出すかは当日のお楽しみ!

過去最大13地域のおでんが出店予定。どんな変わり種おでんが飛び出すかは当日のお楽しみ!

写真:Patti Frame

地図を見る

有名な蒲鉾メーカーがあり、蒲鉾の町として全国にその名を馳せる馳せる小田原。やはりおでんも有名です。小田原おでんは、特産の蒲鉾を使ったおでん種を、特産の梅みそにつけて食べるのが特徴。

そんなおでんの町・小田原に全国各地の「ふるさとおでん」が終結するのが「小田原おでんサミット」。2017年は、「小樽おでん」「青森おでん」「いわきおでん」「塩竈おでん」「新潟おでん」「金澤おでん」「若狭小浜おでん」「静岡おでん」「舞鶴おでん」「さぬきおでん」「長州おでん」「沖縄おでん」と、地元「小田原おでん」と13地域のおでんの出店が予定されています。

まさにおでん先進国「ODEN THIRTEEN」による首脳会議、おでんの小田原評定。チビ太でなくても駆けつけたくなる注目のイベントなのです。

2016年には、イタリアンな風味の「トマトおでん」もありました。事前に詳しい情報は公表されておらず、2017年はどんな変わり種おでんが登場するかは、当日のお楽しみなのです。

過去最大13地域のおでんが出店予定。どんな変わり種おでんが飛び出すかは当日のお楽しみ!

写真:Patti Frame

地図を見る

天気が悪くても十分楽しめるイベント

花見の名所、小田原城。満開の桜を見に行くだけでも十分に価値があります。お花見をするなら快晴であってもらいたいもの。青い空にピンクの桜が良く映えますが、逆に天気が悪いと残念ながら、お花見の楽しみが半減します。

しかし、小田原城址公園の花見であれば花見日和でなくても、薄曇りの寒空がおでん日和となり、おでんの美味しさが倍増するのです。晴れても曇っても楽しめる小田原城址公園でのお花見、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/04 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ