九州自然動物公園「アフリカンサファリ」で野生のスリルと感動を!

| 大分県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

九州自然動物公園「アフリカンサファリ」で野生のスリルと感動を!

九州自然動物公園「アフリカンサファリ」で野生のスリルと感動を!

更新日:2017/04/13 15:35

Shinkurouのプロフィール写真 Shinkurou

どこまでも続く広い草原。ゆったりとエサを食べるキリン。この穏やかで雄大な景観を手軽に楽しめるのが大分県由布岳麓にある「アフリカンサファリ」です。また珍しい動物たちと触れあえる施設が充実しているのもこのパークのもう一つの魅力。野生感たっぷりの動物から感動と癒やしをもらう旅はいかがでしょうか?

- PR -

サファリパークと言えば「ジャングルバス」

サファリパークと言えば「ジャングルバス」

写真:Shinkurou

地図を見る

広い敷地でゆったりと生活をする動物を観察できるのがサファリパークの魅力。やはり一番の人気はジャングルバスです。普通の動物園では檻越しにしか見られない猛獣に、ハラハラドキドキ緊張しながら餌を与えるのは、ジャングルバスならではの体験。半野生で暮らすライオンが、大きな口を開けて生肉をねだる姿は微笑ましくもあります。ライオンの口の中までの覗くチャンスですから!

またキリン・クマ・ラクダ等、普段はあまり近くに寄れない動物にもエサやり体験が出来ます。バスの種類はライオン・ゾウ・トラ・サイなど11種類あり、どのバスに乗れるかは入園してからのお楽しみ。早速バスに乗り込んでパーク内をご紹介しますね。

サファリパークと言えば「ジャングルバス」

写真:Shinkurou

地図を見る

7つのセクションを通過するジャングルバスのコースはすべて同じですが、平日は約30分ごとに出発しています。特に午前中から正午過ぎのバスはすぐに満席になりますので、入園されたら希望のバスチケットを購入され、ゆっくりと園内を楽しまれるのが良いです。

また入園料とのセット割引のあるネット予約もお勧めですが、予約できない日もありますのでHPで確認してくださいね。

サファリパークと言えば「ジャングルバス」

写真:Shinkurou

地図を見る

ジャングルバスは6qのサファリロードを50分かけてゆっくりと走ります。えさやり体験はもちろんですが、サファリパークならではの見所もたくさんあります。

例えばチーターセクションでは、草食のシマウマに追いかけられ逃げている微笑ましいチーターの姿を見る事も!日本で唯一ここでしか見られない光景です。

豊富な触れあい体験スポット

豊富な触れあい体験スポット

写真:Shinkurou

地図を見る

ここ九州自然動物公園「アフリカンサファリ」の魅力は、珍しい動物たちと触れ合える体験型の施設が充実している事。中でも特に人気があるのは「お子さま乗馬体験」!ポニーよりも小さなミニチュアホースで本格的な乗馬体験が出来るので、子ども達は大はしゃぎです。ちびっこ騎手に素敵な旅の思い出を残せます。

豊富な触れあい体験スポット

写真:Shinkurou

地図を見る

「カンガルーふれあいの森」もお勧めです。飼育員による有袋類の生態説明もあり子ども達は興味津々。しかも数量限定ではありますが、カンガルーにエサをあげることも出来るのです。

またドッグサロン・キャットサロンでは各国の珍しい犬や猫と触れ合う事が出来ます。別途入館料が必要ですがこちらも人気のある体験施設です。

「リスザルの森」では可愛いリスザルにピンセットではさんだエサをあげることも出来ます。様々な動物と触れあいながら園内を回れるので、小さい子どもから大人まで楽しめますよ。

ショップでは「ぬいぐるみサファリ」がお出迎え!

ショップでは「ぬいぐるみサファリ」がお出迎え!

写真:Shinkurou

地図を見る

園内には食事・お土産のショップも充実しています。お土産はドッグサロン「お土産コーナー」とショップ「アローザ」。ショップ「アローザ」では、店内に並べられた大きなぬいぐるみ達に子どもは大はしゃぎ!ここでしか買えないサファリオリジナルの商品も多く、大分県特産のお土産も充実しています。

またドッグサロン「お土産コーナー・アフリカ民芸店」ではケニア・タンザニアから直輸入した民芸品を購入出来ます。

ファミリーレストラン「サルビア」軽食「ビーバーム」自家製パンがおいしい「ラベンダー」カレーハウス「エーデルワイス」等、いろいろな料理が楽しめる食事施設が多いのも便利です。

まとめ

ジャングルバスだけでなくマイカーで「サファリゾーン」を楽しむのもお勧めです。有料で園内ガイドDVDをレンタルし、レシートがあれば同一の日には何度でもサファリを走ることが出来ます。自家用車でドライブすれば、動物を見る目線が変わってまた違った野生観察が出来ます。

さらにはGW・夏休み限定の「TeePeeキャンプ」もお勧めです。夜になると活動的になる肉食動物をナイトサファリで観察し、しかも静かなキャンプ場では猛獣の遠吠えまで聞こえます。アフリカンサファリならではのキャンプ体験です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ