Peachで沖縄&台湾弾丸旅行のススメ・台北ではこう過ごそう

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

Peachで沖縄&台湾弾丸旅行のススメ・台北ではこう過ごそう

Peachで沖縄&台湾弾丸旅行のススメ・台北ではこう過ごそう

更新日:2017/05/10 16:36

トラベルjp<たびねす>編集部のプロフィール写真 トラベルjp<たびねす>編集部

2017年3月に就航5周年を迎えた関西を拠点とする日本生まれのLCC(ローコストキャリア)「Peach」。海外では台北が人気の路線ですが、関西発でうまくスケジュールを組めば、台北帰りに那覇に寄ることも可能です!今回はこの周遊旅行で楽しめる台北満喫のモデルコースと「プラス那覇」のルートをご紹介します。(PR)

Peachに乗ってお得に台湾へ行こう

写真:トラベルjp<たびねす>編集部

まずは、今回の旅程をご紹介!

1日目
8:30関西国際空港発→10:20台湾桃園国際空港着(MM023便)
台北泊

2日目
9:30台湾桃園国際空発→12:15那覇空港着(MM922便)
那覇泊

3日目
11:10那覇空港発→13:10関西国際空港空港着(MM214便)
(※2017年3月26日〜2017年6月30日のスケジュールです。MM023便のみ4/5〜30、5/8〜25・28〜31は運休。MM214便は木のみ15分早発。)

今回は1日目の関西空港〜台湾までの過ごし方をご案内します。
(2日目〜3日目は別記事「Peachなら台湾と沖縄を周遊できる!沖縄満喫のポイントは?」を御覧ください。下記の関連MEMOにリンクがあります。)

関西国際空港から台北まで約2時間50分。早朝に発着する便なら、お昼までには台北に到着するので、現地でお昼ごはんが食べられますよ。

Peachの座席は革製で、座ると体にしっくりときます。友達と並んで座りたい場合などは事前に座席指定予約をしましょう。座席は予約をしないと自動割り振りのため、チェックインの際に席が離れてしまう可能性があります。「もう少し広いスペースの座席に座りたい!」という人は「ファストシート」か「非常口座席」を選択しましょう。通常座席より足元のスペースが広くなっています。
(非常口座席をご利用の際は諸条件があり、例えば緊急脱出の際に客室乗務員の指示の下、援助活動が必要となります。)

●Peachのシートタイプ
・ファストシート
1列目の座席。足元スペースが広く、快適にお過ごしいただけます。ファストシートをご指定の方は、カウンターでお預かりした受託手荷物を優先的にご返却いたします。お急ぎの時や旅の時間を最大限活用されたい人向けです。
・スマートシート
2列目〜5列目の全ての座席と非常口座席。非常口座席12・13列目は足元スペースが広くなっています。
・プレジャーシート
6列目〜11列目の全ての座席、14列目〜30列目の窓側座席。
前方シートと窓側の座席に座りたい方向けのシートです。
・スタンダードシート
上記以外の座席です。

写真:トラベルjp<たびねす>編集部

「スペースシートオプション」を使うと更に快適。隣の席を独占出来るサービスです。
2席まで購入出来るので、3席まるごと自分のものにすることが可能。横になったり、広々とした中で本などを読んだり出来ますよ。また2人旅行の場合に1席分を購入すれば、2人だけの空間にすることも可能。ベルトサイン点灯中は指定座席へ着席してくださいね。
スペースシートオプションの該当席にはPOPが差し込まれて他の人からも分かりやすいようになっています。

スペースシートオプションの予約をしたい方はコンタクトセンターへお問合せを。料金は国内線は2000円、国際線は3000円です(いずれも1席あたりの料金)。

写真:トラベルjp<たびねす>編集部

Peachの機内で販売している機内食は一風変わっており、なんとお好み焼きがメニューに!注文して15分でアツアツのお好み焼きを食べることができます。実はこのお好み焼きは、なんと大阪道頓堀で有名なお好み焼き店「千房」さんのもの!
空の上でも味は損なわれておらず、アツアツで美味しい!ぜひ試してほしい一品です。
(予約不要。また一部路線では提供していない場合があります。)

空港から台北へ直行!桃園空港メトロ鉄道(MRT)が便利

写真:トラベルjp<たびねす>編集部

地図を見る

台湾桃園国際空港に着いたら、2017年3月に開業した「桃園空港メトロ(MRT)」を使って台北駅まで行くのが便利です。空港の第1ターミナルと第2ターミナルから駅まで直結しており移動も楽ですよ。
悠遊カード・一卡通などの各種ICカードが対応していますので、事前にチャージしていればそのまま改札機にタッチして乗車ができます。

各駅停車タイプの「普通車」と快速電車タイプの「直達車」がそれぞれ15分間隔で運行。今までは高速バスで台北まで約1時間掛かっていたのですが、直達車だと最速で約38分で行くことができます!以前に比べ、大変便利になりました。

直達車専用列車の車内にはキャリーケースなどが置ける荷物置き場と、リクライニングシートが設置。テーブルと飲み物置き場があり、お弁当を広げたくなりますが桃園空港メトロ鉄道は車内飲食禁止(違反した場合は罰金)となっていますので注意してください。車内には無料のWi-Fiと充電器が備わっています。

「行天宮」でお参りと「占い横丁」で占いを体験、そして蒸し餃子を堪能しよう!

写真:トラベルjp<たびねす>編集部

地図を見る

パワースポットとしても知られる「行天宮」。台北駅から台北メトロに乗って10分、行天宮駅から徒歩8分程度で行けます。
ここには三国時代の名将「関聖帝君」が祀られています。ご参拝の順序がありますのでそれに沿って参拝をしましょう。日本語OKのボランティアの方々がいますので、分からなくても大丈夫ですよ。

サービスカウンターに「平安カード」というお守りが無料でもらえます。受け取りましたら恩主公の前に出て「自分の氏名・住所・生年月日」を告げて拝みましょう。身・心・口の三業を清めていればご加護が得られると言われています。

写真:トラベルjp<たびねす>編集部

地図を見る

行天宮の目の前にある地下通路へ繋がる階段へ降りると「占い横丁」が建ち並びます。手相や面相をみてもらうことができ、殆どのお店が日本語OKでした。
占いの結果は紙に日本語で書いて渡してくれるので安心です。

写真:トラベルjp<たびねす>編集部

地図を見る

小籠包や餃子などが食べるのなら、オススメは「冠京華」。お店の場所は台北メトロ台北小巨蛋駅から徒歩10分のところにあります。長蛇行列のお店もいいですが、時間が限られた旅なので、あえてこちらのお店をオススメします。ランチタイムを外せばそれほど混んでいませんよ。

さて冠京華は小籠包が有名ですが「エビ入り餃子」もまた絶品。餃子の中のエビがプリップリとしています!中から溢れ出る肉汁もまた最高。
何も付けずに食べて肉汁を楽しむのもよし、醤油につけて食べるのもよし。

北投温泉には日本統治時代の浴場跡が

写真:トラベルjp<たびねす>編集部

地図を見る

次は台北駅から台北メトロで約30分程で行ける「北投温泉」。ここに日本統治時代に造られた建物をそのまま利用した「北投温泉博物館」があります。元々は「北投温泉公衆浴場」として作られました。1階はレンガ造りで2階は木造という和洋折衷な感じとなっています。

写真:トラベルjp<たびねす>編集部

地図を見る

館内は土足禁止なのでスリッパに履き替えましょう。畳ホールや大浴場などがそのまま残されています。特に大浴場は必見。まるで映画のシーンに出てきそうな広さに圧倒されます。当時は男性のみしか入浴が出来なかったようです。

2階には畳ホールがあり、博物館に来た人たちはここで休憩をしています。何だか日本の旅館に来た気分になりますね。
また当時の映画ポスターやレコードが展示されていますので半世紀以上前にへタイムスリップした感覚になりますよ。

提供元:台湾観光局

https://www.go-taiwan.net/地図を見る

温泉街に来たら温泉に入りたくなってきますよね。温泉博物館の近くには露天風呂「千禧湯」もあります。こちらは有料ですが、雰囲気は抜群!水着の着用が必須ですので、事前に持参しましょう。

最後は台北101に登り、展望台から街を見下ろす!

写真:トラベルjp<たびねす>編集部

地図を見る

次は台北101に登りましょう。高さ509.2m、地上101階の超高層ビル。1階から5階まではブランド店などが並ぶショッピングモールともなっています。展望台のチケット売り場は5階にあり、日本語にも対応していますよ。入場料は600台湾ドルです。
エレベーターが2基しかないので、搭乗までに時間が掛かるときがあります。因みにこの台北101のエレベーターは開業当時は速度が世界最速でギネス記録の認定がされていましたので、その速さを体験してみてくださいね。

写真:トラベルjp<たびねす>編集部

地図を見る

室内展望台は89階。訪れた日は残念ながら雲が多く天候が悪かったのですが、天気が良い日は台北市内を一望ができ、更には海まで眺めることもできるとか。また91階には屋上展望台もあり、こちらも天気が良い日に開放されます。
室内展望台フロアにはおみやげ屋さんやカフェスペースがあり、台北101キャラクターの大きい人形があって一緒に記念撮影が出来るなど、十分に楽しめる場所となっています。

写真:トラベルjp<たびねす>編集部

地図を見る

1日の締めくくりに夜市へ訪れましょう。
台北メトロ新店線松山駅の出口から歩いてすぐの場所に「饒河街観光夜市」があります。駅チカなのでオススメの夜市ですよ。
中に入ると牛肉麺や臭豆腐、ジュースやフライドチキンなど色々な食べ物が並び、迷ってしまうほど…。しかし、ここの名物は胡椒餅(胡椒の入った豚肉の餡を皮で包んで焼いたもの)!食べ物屋さんの他に水風船を割るダーツゲーム屋さんなどもあります。

Peachに乗ればたった1日で台北を遊び尽くせる!

いかがでしょうか?早朝の便に乗れば台北には午前中に到着するので、1日で遊び尽くすことが出来ますよ。
上記でご紹介した場所以外にも、台北には魅力的な観光スポットがたくさんありますので、あなたにマッチした台北旅行の計画を立ててみてくださいね。

翌日は台湾〜沖縄の路線に乗って沖縄へ移動しましょう。
1日で沖縄を堪能するプランをご紹介!
(2日目〜3日目は別記事「Peachなら台湾と沖縄を周遊できる!沖縄満喫のポイントは?」を御覧ください。下記の関連MEMOにリンクがあります。)

【この記事はPeachとのタイアップです。】

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/10 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ