スペインで有名人と記念撮影?「グラナダ」ガイドブックに載らない話題の撮影スポット

| スペイン

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

スペインで有名人と記念撮影?「グラナダ」ガイドブックに載らない話題の撮影スポット

スペインで有名人と記念撮影?「グラナダ」ガイドブックに載らない話題の撮影スポット

更新日:2017/03/20 14:38

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 ライター、ブローカー、ツアーコーディネイター

スペイン・グラナダの街の中心部に、今話題になっている散歩道があります。その通りの名前は「コンスティトゥシオン(Avenida de Constitution)」通り。
大きな道路の真ん中にある遊歩道は、地元で人気の散歩道。銅製のアート作品はフォトジェニックで今人気の撮影スポットです。
あなたも「フラメンコダンサーや闘牛士」などの銅像と一緒に、SNS受けする写真撮影に挑戦してみませんか?

- PR -

通りがあるのは街の中心部

通りがあるのは街の中心部

写真:道明寺 彩希

地図を見る

こちらの「コンスティトゥシオン通り」があるのは、グラナダの街の中心部。大聖堂前の「グランビア(Gran Via)」通りに直結しているので、列車の駅方面にまっすぐ進めばたどり着きます。「コンスティトゥシオン通り」の始まりには大きなスペインの国旗があるので、それが目印。

通りがあるのは街の中心部

写真:道明寺 彩希

地図を見る

通りの並びには、夜の噴水ライトアップも美しい「トゥリウンフォ公園(Jardines del Turiunfo)」もあります。

通りがあるのは街の中心部

写真:道明寺 彩希

地図を見る

通りのスタート地点には「ゴンサーロ フェルナンデス(Don Gonzalo Fernandez)スペインの偉人」の巨大な頭が!スペインは空の色がきれいなので、バックの国旗を入れ込むのか、公園を入れ込むかで写真写りは全く違った印象になります。

春には写真のようにアーモンドの花(桜の花にそっくり)も咲き、色のコントラストも楽しめます。

絶対に外せない!「スペインらしい」銅像

絶対に外せない!「スペインらしい」銅像

写真:道明寺 彩希

地図を見る

ここではスペインらしい写真が撮りたいもの!写真は、グラナダが誇るフラメンコダンサー「マリア コルテス エレディア(Maria Cortes Heredia)1913年ー1966年」。別名「マリア ラ カナステラ(Maria La Canastera)」と呼ばれていた有名人です。

彼女は優れたフラメンコのダンサーでもあり、歌い手でもあった人。彼女が発起人になって1953年に作られた「サクロモンテ(Sacromonte)」にある「ラ クエバ デ マリア ラ カナステラ(La cueva de Maria La Canastera)」では、現在でも毎晩たくさんの観光客がフラメンコショーを楽しんでいます。

絶対に外せない!「スペインらしい」銅像

写真:道明寺 彩希

地図を見る

こちらの遊歩道には全部で10体の銅像と変わった形をしたベンチが3つあり、それぞれの作品の足元にはご覧のような説明書きが備え付けられています。

絶対に外せない!「スペインらしい」銅像

写真:道明寺 彩希

地図を見る

こちらの闘牛士のオブジェは、「(サンチェス ポべダアノ サルバドール(Sあnchez Povedano Salvador)1868年ー1889年」。別名「フラスクエロ(Frascuelo)」と呼ばれており、闘牛士として活躍した1868年から1889年の21年間で1236試合し、3801頭の牛と戦いました。

こちらのオブジェは長い台座がつけられているので、写真を撮るのにも遊べる場所!闘牛士と同じポーズを取り、3人が一列になって撮影している上級者(?)なんていうグループもよく見かけます。

工夫次第で面白い写真が撮れそうなオブジェ!

工夫次第で面白い写真が撮れそうなオブジェ!

写真:道明寺 彩希

地図を見る

こちらのちょっと変わった形をしたベンチ。銅製なので硬いのですが、座ってみると意外に座り心地が良く、長居がしたくなる不思議な作品!ここで読書をしている人を良く見かけます。

工夫次第で面白い写真が撮れそうなオブジェ!

写真:道明寺 彩希

地図を見る

工夫次第で面白い写真が撮れそうなオブジェ!

写真:道明寺 彩希

地図を見る

こちらの遊歩道からは南スペインらしい白い街並みの景色も見ることができ、その後ろにはスペインで4番目に高い「シエラネバダ山脈(Sirra Nevada/3,395m)」も頭をのぞかせています。

地元の有名人もチェック!

地元の有名人もチェック!

写真:道明寺 彩希

地図を見る

意外に有名人の多いグラナダの街。ご紹介した以外にも、ナポレオン3世の妻「エウへニア デ モンティッホ(Eugenia de Montijo)1826年ー1920年」、スペインの詩人・劇作家「フェデリコ デル サグラード コラソン デ ヘスス ガルシーア ロルカ(Federico del Sagrado Corazon de Jesus Garcia Lorca)1898年ー1936年」など、グラナダ出身の有名人の銅像がここにはあります。

地元の有名人もチェック!

写真:道明寺 彩希

地図を見る

こちらは「フアン デ ラ クルス(Juan de la Cruz)十字架のヨハネ 1542年ー1591年」。16世紀のスペインのカトリック司祭・神秘思想家。アビラのテレサと共にカルメル会の改革に取り組み、『暗夜』などすぐれたキリスト教神秘主義の著作や書簡を残した人です。

こちらの銅像だけは常に手元に花を携えていますが、これは毎日のように彼のもとを訪れる熱心なキリスト教信者からの贈り物なんです。

きれいな景色と有名人

グラナダ出身の有名人の銅像と写真が撮れる、ちょっと変わった遊歩道。いかがだったでしょうか。

自分なりに工夫し、思い出に残る写真を撮影するのに楽しい場所ですが、きれいに整備されており、ベンチなどがたくさん備え付けてあるので、のんびり過ごす場所としても是非ご利用ください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/09 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ