日帰り温泉で健康増進!山梨「増富の湯」

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日帰り温泉で健康増進!山梨「増富の湯」

日帰り温泉で健康増進!山梨「増富の湯」

更新日:2017/03/27 14:36

村松 希美のプロフィール写真 村松 希美 インターネット旅行情報士検定2級

山梨県北杜市にある、湯治場としても利用されている増富温泉をご存知でしょうか。今回は、増富温泉郷唯一の日帰り温泉施設「増富の湯」をご紹介します。1,026mという標高の高いところにあり、近くには本谷川、川を上っていくと日本百名山に選ばれている金峰山や瑞牆山が見えるほど自然豊かな場所です。多くの自然に囲まれ、熱すぎない源泉のかけ流しにゆっくり浸かることのできる増富の湯へ、心も体も癒しに行きませんか。

温泉の効用は?入り方は?「温泉入浴指導員」に聞いてみよう!

写真:村松 希美

地図を見る

「温泉入浴指導員」という方々を、皆さんご存知ですか。日本健康開発財団が養成講習会を実施しており、「温泉で健康づくり」をテーマとして温泉活用の専門家を輩出しています。増富の湯のフロントにいる方々は、皆さんこの「温泉入浴指導員」の資格を持っているんですよ。

温泉の中には高温の湯も多いのですが、増富の湯を含め、増富温泉郷の源泉は低温で、ラジウム含有量の高い源泉が特徴です。低温なので、さっと入ってすぐに出てしまうのはもったいないです!皮膚からゆっくり源泉を吸収して身体に効いてくるので、目安としては30分我慢せず入れる温度を探してみてください。

提供元:増富の湯

http://masutominoyu.com/

増富の湯の源泉は4種類の温度があり、それぞれ25℃、30℃、35℃、37℃です。温水プールの温度が25℃〜32℃ほどなので、夏は源泉25℃でも気持ちよく入れますし、冬は37℃の源泉でも長く入り続けられますね。

低温の源泉に浸かることで、新陳代謝が高まり自分で身体を温めようと体内の細胞が活発化します。同時に老廃物や毒素を出す働きも促進されるので、冷えや毒素が溜まって起こる生活習慣病対策にもなるでしょう。

初めてこの低温の温泉に入る方は特に、ぬるいからといってすぐにあがってしまいがちです。また腰痛なら腰痛に効く入り方などがあるので、ぜひフロントの温泉入浴指導員の方に聞いて、源泉の特徴や泉質を理解してから入ることをオススメします。その方が効果抜群ですね!

温泉以外に楽しめる館内の「温泉療養プラン」

写真:村松 希美

地図を見る

増富の湯は温泉のほかにも、皆さんに健康になってもらうためのプランがいくつかあるので、ご紹介します。

脱衣所近くにあるのが、「ごろ寝の部屋」です。源泉にゆっくり浸かって身体の芯から温まった状態で、何も考えずに横になる、これほどリラックスして気持ちの良いものはありません。

また館内には健康サロン「オアシス」があり、お風呂上りに整体を受けることができます。源泉に浸かったあとの整体はリラックスして身体も温まっているので効果も期待できます。やってみたいという方はフロントで予約をしてくださいね。

増富の湯では月に一度、第3土曜日の午後3時から、中国医学からみた「健康づくり教室」が開かれています。無料で参加することができ、身体や健康に関する疑問について説明してくれます。

他にも、増富の湯のすぐ近くには「命の径」という名の森の遊歩道が整備されているので、お散歩してもとても気持ちいいですね。森林浴でマイナスイオンをいっぱい浴びることができます。また館内のお土産コーナーには山梨特産のほうとうやワイン、温泉関連グッズも見ることができるので、これらも空いた時間にぜひ楽しんでみてください。

健康な食を提供してくれる「花豆食堂」

写真:村松 希美

地図を見る

館内には食事処である「花豆食堂」があります。良質な素材や旬のものにこだわったメニューが多く、季節によって多少メニューが異なります。主なメニューは定食、玄米粥料理、ほうとう、そば、信玄ソフトなどがありますが、中でもオススメは花豆ソフトです。

花豆にはビタミンB1・B2が豊富に含まれ、糖質や脂質がエネルギーになるのを助けてくれます。カロリーも大豆の約8割と低いためダイエット効果が期待できるんですよ。また肌の老化予防や、食物繊維も豊富なので便秘改善効果も期待できます。まさに女性の味方ですね!!

こんなに女性の味方の花豆、食べてみるととっても甘いんです!この花豆ソフトのソフトは豆乳味で甘みが少ないため、花豆との相性がとても良いです。底には自家製あんこも入っていて、ソフトや花豆とのバランスが抜群でとても美味しいですよ。

写真:村松 希美

地図を見る

花豆食堂では、食事もできますし、休憩することもできるので、ここでも疲れた体を癒すことができますね。テーブルと椅子の他に座敷のスペースもあるので、寝転んでも大丈夫ですよ。

「増富の湯」で健康づくり!元気になろう!

増富温泉郷は、源泉の効果が期待できるため、今でも湯治場として使われています。増富の湯の近くにある金泉閣や不老閣には何泊も滞在して身体を癒す方もいます。金泉閣や不老閣でも日帰り入浴も可能ですが、日帰り温泉施設は「増富の湯」だけですので、まず1回入ってみたい方にはオススメです。

増富温泉は、「温泉総選挙2016」のスポーツ・リハビリ部門で全国第3位に入選したんですよ!ラジウム含有量の高い源泉を利用した温泉療法や、豊かな自然環境での森林浴などの取り組みを含め、現在でも伝統的な湯治場である点が評価されました。

増富温泉の近くは、自然豊かで、近隣にある瑞牆山はボルダリングやフリークライミングで人気のスポットとなっています。自然を楽しみたい、疲れた体を癒したい、そして健康になりたいという方にはとてもオススメの場所ですよ。

休館日は、5〜11月は毎月第4水曜日、12〜4月は毎週水曜日が休館日となっていて、年末年始は変則営業となっています。営業時間やその他のインフォメーションは、MEMOのホームページからご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/06 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ