“花狩り無料”と波勝崎を臨む絶景!南伊豆「伊浜マーガレット狩園」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

“花狩り無料”と波勝崎を臨む絶景!南伊豆「伊浜マーガレット狩園」

“花狩り無料”と波勝崎を臨む絶景!南伊豆「伊浜マーガレット狩園」

更新日:2017/04/19 12:18

波奈 美月のプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 波奈 美月 旅行ブロガー

温暖な静岡県南伊豆町の伊浜海岸は、日本有数のマーガレットの産地。国道136号線の南伊豆町子浦〜松崎町雲見の間は「マーガレットライン」と呼ばれるほどです。毎年4月中下旬〜5月上旬には「伊浜マーガレット狩園」がオープン!無料で"マーガレット狩り"が楽しめます。
東日本最大のニホンザルの生息地である波勝崎に近く、野生のサルと親しめる「波勝崎苑」や絶景ポイント「喚声台」と併せて訪れるのもお薦め!

雄大な自然に囲まれた"マーガレットの里"

写真:波奈 美月

地図を見る

"マーガレットの里"伊浜は、目の前に駿河湾が広がり、西側には波勝崎(はがちざき)を臨む、自然豊かな集落です。海に面しているため霜が降りず、波勝崎が西風を遮るため、伊豆でも有数の温暖さ!"長寿の里"として知られています。

花の栽培にも最適で、昭和初期からマーガレットの栽培が始まり、現在はビニールハウスでの無加温栽培で、全国の40%にあたる約400万本を生産!11月から4月にかけて全国に出荷されています。

写真は、マーガレットライン沿いの「夕日ヶ丘展望広場」から見た伊浜集落です。右に突き出しているのは波勝崎。集落内にはマーガレットを栽培しているたくさんのビニールハウスを見ることができます。

絶景を眺めながら無料で"マーガレット狩り"!

写真:波奈 美月

地図を見る

毎年4月中〜下旬になると、区が管理する「伊浜マーガレット狩園」がオープン!開花状況によりますが、5月上旬頃まで無料で"マーガレット狩り"を楽しむことができます(※1人10本まで)。
2017年のオープンは4月22日(土)より。花が無くなり次第終了となります。

"マーガレット狩り"には、何も持っていかなくても大丈夫!受付に申し出ると、花バサミを借りることができ、摘み取ったマーガレットを包む新聞紙もいただけます。例年の営業時間は9時30分〜15時、オープン期間中は無休です。雨の日は休園になるのでご注意を!

写真:波奈 美月

地図を見る

花畑の広さは約300平方メートル。それほど広くはありませんが、見頃になり、白・ピンク・黄の可憐なマーガレットが周囲を埋め尽くす様子は圧巻!
伊浜海岸沿いで露地栽培をしているので、潮風に吹かれ、紺碧の海や雄大な波勝崎を眺めながら"マーガレット狩り"をすることができます。

摘んだあと、家に帰るまでに萎れたようになっても大丈夫!花瓶の水に洗剤を一滴混ぜたり、水切り(水の中で茎を切る事)してしばらく置けば、シャキッと回復しますよ。

ご注意!オープン期間は開花状況次第

写真:波奈 美月

地図を見る

「伊浜マーガレット狩園」では、毎年4月下旬〜5月上旬のオープンを目指して12月に苗を植えているそうです。そうはいっても露地栽培ですので、開花状況でオープン期間が決まり、毎年同じではありません。また、花が無くなり次第、終了になるのでご注意を!

オープンについての詳細は、「伊浜山村活性化支援センター」へ電話でご確認ください。電話番号は、下記MEMO「南伊豆町ホームページ」の「14 公共施設(No28)」に掲載されていますが、市外局番の記載がありませんので、こちらにご案内しておきます。
伊浜山村活性化支援センター(伊浜区事務所):0558-67-0111

マーガレットは縁起の良い「落ちない花」

写真:波奈 美月

地図を見る

ここでちょっとマーガレットについて知っておきましょう。
マーガレットは「好き、嫌い…」と花びらを一枚ずつ散らしながら占う「恋占い」に使われる花として有名。花言葉も「恋占い・真実の愛・信頼」です。実は、花びらが15枚や21枚という奇数である場合が多いため、ほとんどが嬉しい結果になるそうですよ。

また、咲いた後も花びらが散らずに残る性質を持つため、最近では"受験の縁起物"とされています。JA伊豆太陽マーガレット部会では、マーガレットの花束を伊豆地域の中学3年生にプレゼントするという活動を行っています。

縁起の良い「落ちない花」マーガレット。受験や就職試験、プロポーズなど「ここ一番の頑張りどころ」を控えたかたへのプレゼントにいかがでしょうか?

伊浜の自然を満喫しよう!

写真:波奈 美月

地図を見る

伊浜を訪れたら、絶景スポット「喚声台(かんせいだい)」は必見!伊浜集落や伊浜漁港、宇留井島(うるいじま)などを一望できます。あまりの景色の素晴らしさに、著名な洋画家の林武画伯が「喚声台」と命名。伊浜の「めぐみ荘」に6か月滞在し、十数点の作品を制作したことが知られています。

その先にある波勝崎は、東日本最大のニホンザルの生息地として有名!「波勝崎苑(はがちざきえん)」では野生のサルとふれあうことができます。

実は、伊浜海岸や波勝崎海岸(波勝崎苑内)は、海水浴やシュノーケリングの穴場。透明度が高く、海底まで見えるほどです。あまり知られてないため人が少なく、混雑している場所が苦手な人にお薦め!

提供元:南伊豆観光協会

https://www.facebook.com/minamiizu.tourism.associa…地図を見る

毎年5月上〜中旬になると、伊浜天神原にある「長者ヶ原山ツツジ公園」が見頃を迎えます。公園には、約12000株もの山ツツジの群生があり、丘陵一面に赤いじゅうたんを広げたようになる様子は圧倒されるほど!

山頂まで遊歩道が整備され、急な山道である"健脚コース"(片道422メートル)と平坦な"らくらくコース"(片道752メートルの)を選ぶことができます。天気が良い日は山頂から富士山も見えますよ。ご家族でピクニックに訪れるのにちょうど良い所です。

毎年、5月上旬から「長者ヶ原山つつじまつり」も開催!2017年は5月5日〜20日の実施となります。詳細は下記のMEMO「南伊豆観光協会」よりご確認ください。

「伊浜マーガレット狩園」訪問のポイント

「伊浜マーガレット狩園」は、少しわかりにくい所にあります。
マーガレットライン(国道136号線)を子浦方面から来た場合、「一丁田」交差点から町道に入れば、伊浜集落へ降りていくことができます。松崎方面なら、「波勝崎・伊浜入口」の表示の所から県道347号線に入り、「伊浜」の小さな表示のある所を左折しましょう。
「マーガレット狩園」は伊浜漁港のそばにあり、ピンクの"のぼり"が目印です。

混雑してなければ伊浜漁港に駐車しても大丈夫!その場合、通行の邪魔にならないように注意しましょう。集落の端に無料の駐車場もありますよ。

交通機関の場合、伊豆急下田駅から伊浜行きバスで67分、伊浜停留所で下車します。本数が少ないので、車を使用するほうが便利でお薦め!

伊浜には、美しいマーガレットと南伊豆の雄大な自然しかありません。でも、それが一番の魅力!慌ただしい普段の生活を離れることができ、日々の疲れを癒してくれるでしょう。スローライフが好きなかたに最適です。
マーガレットライン周辺の見どころは、"たびねす"の別記事でも紹介しています。旅の参考に、下記の「MEMO」よりぜひご覧ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/20 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ