垂直落下式滑り台!?「びわ湖こどもの国」の攻めすぎ遊具が話題

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

垂直落下式滑り台!?「びわ湖こどもの国」の攻めすぎ遊具が話題

垂直落下式滑り台!?「びわ湖こどもの国」の攻めすぎ遊具が話題

更新日:2017/07/19 14:44

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

小さなお子様が最も好きな遊具といえば、やはり滑り台!滋賀で子連れファミリーに人気のスポット「滋賀県立びわ湖こどもの国」、ここにとんでもない滑り台があるということで話題となっています。その名も「フリーフォール」!もはや滑り台のカテゴリーに収まりきらない超絶アトラクションとして連日多くの人が訪れています。

- PR -

子連れレジャーのワンダーランド「滋賀県立びわ湖こどもの国」

子連れレジャーのワンダーランド「滋賀県立びわ湖こどもの国」

写真:bow

地図を見る

滋賀県で今、小さなお子様連れファミリーに人気を集める注目のスポットといえば「滋賀県立びわ湖こどもの国」です。大型の遊具や広大な広場がある公園というべき存在ですが、実は「児童館」にカテゴライズされている施設。

子連れレジャーのワンダーランド「滋賀県立びわ湖こどもの国」

写真:bow

地図を見る

ちなみに児童館とは、児童福祉法第40条による児童厚生施設で『児童に健全な遊びを与えて、その健康を増進し、又は情操をゆたかにすることを目的とする施設とする。』とされているもの。かなり大きな施設ではありますが、ここは児童館なのです。

子連れレジャーのワンダーランド「滋賀県立びわ湖こどもの国」

写真:bow

地図を見る

遊具や広場以外にもちょっと変わった自転車も人気です。家族で乗れるファミリー自転車をはじめ、おもしろ自転車、変わり種自転車など普段ではちょっと乗ることが出来ない自転車にも乗れます。

また、雨が降っても「虹の家」という大型の屋内施設が完備。各種ワークショップからふわふわの遊具、更には超本格的なクライミング体験までできるという充実っぷりはテーマパーク顔負け!まるまる1日過ごすことができるのです。

「びわ湖こどもの国」には冒険心をあおる遊具が多し!

「びわ湖こどもの国」には冒険心をあおる遊具が多し!

写真:bow

地図を見る

「父ちゃんが子供の頃はな、あの○○川の堰堤から飛び込んで・・・」などと昔の武勇伝を語る人、いませんか?そう、昔は結構ムチャをしていた、危険と隣り合わせのムチャな遊びの中にも学びがあった、そう思う保護者の方も多いはず。しかし今はちょっとの”危ない”も許容されない安全が第一の世の中。公園の遊具も無難なものばかりで、なんだか物足りなく感じることはありませんか?

そんな中、この「びわ湖こどもの国」の遊具は非常にチャレンジング。本格的なアスレチック遊具をはじめとする、大人でもちょっとときめくような遊具が揃っているのです。

「びわ湖こどもの国」には冒険心をあおる遊具が多し!

写真:bow

地図を見る

そんな”攻めた遊具”が多い「びわ湖こどもの国」の中でも一番話題となっているのが「フリーフォール」と呼ばれる滑り台。もはや滑り台と形容していいのかわからない滑り台ですが、これを目的に訪れる人も急増中なのだとか!

えげつない角度で滑る「フリーフォール」

えげつない角度で滑る「フリーフォール」

写真:bow

地図を見る

「びわ湖こどもの国」の創造の丘エリアにある「フリーフォール」は、高さなんと5.5m、傾斜角度80°で0.5秒の浮遊体験ができることがウリという、とんでもない滑り台(笑)。真横から見ると、その異常な角度にポカーンとしてしまいます。

えげつない角度で滑る「フリーフォール」

写真:bow

地図を見る

実際にフリーフォールの上に立ってみると、はっきり言って怖い!!!2階建ての屋根から飛び降りるような感じで、大人でも十分に怖がることが出来ます(笑)。フリーフォールの注意書きには「こわいと思ったらすべらない」と書いてありますが、普通の人なら怖いですって!

えげつない角度で滑る「フリーフォール」

写真:bow

地図を見る

なかなかテイクオフできずに行列ができることもしばしば。そこに飛び交う声援。子供がこんなに勇気を振り絞る場面というのは日常ではなかなか味わえない本当に貴重なもの。「勇気」とは「怖さ」を知ることッ!「恐怖」を我が物とすること!人間賛歌は勇気の賛歌ッ!!人間のすばらしさは勇気のすばらしさ!!


下から眺める保護者の方は子供の成長の場面を目の当たりにするのかもしれません。

「フリーフォール」を制覇せよ!

「フリーフォール」を制覇せよ!

写真:bow

地図を見る

フリーフォールを利用するに当たっては諸注意があります。服装としては長袖、長ズボン着用、土足は厳禁です。そして身長120cm以上であること。スタート地点におしりをついて座り、真上にある赤いバーに手が届かない人は利用できません。スタートは赤いバーを持ちながらバンザイの姿勢でテイクオフ!あとは重力に任せて滑り降りましょう。

諸注意を守らないと怪我のもと!怪我をしても自己責任です。ちゃんとルールを守って楽しみましょう。

「フリーフォール」を制覇せよ!

写真:bow

地図を見る

もちろん「フリーフォール」は大人でも挑戦可能!ジェットコースター好きの方、日頃のストレスを吹き飛ばしたい方、子供の手前上滑らざるを得なくなった方(笑)など、ここは大人の面子にかけてレッツトライ!何度滑っても無料です、滑り台ですから!

「フリーフォール」で話題沸騰の「びわ湖こどもの国」へ行こう!

様々な遊具や大きな広場、夏には水泳場やキャンプ場としても使え、更には宿泊施設も備えているという「滋賀県立びわ湖こどもの国」はなんと入園無料!自転車や室内アトラクションなどに一部有料のものはありますが、良心的な料金設定でお財布にも優しい施設です。

唯一、滋賀県北部の高島市にあるという立地だけがネックといえばネックです。京阪神から行くには名神高速道路「京都東IC」を起点に国道161号バイパスを北に向かうこと約1時間の距離。近年バイパスが延伸され、以前よりも格段にアクセスは向上しています。

こんなところ、家の近くにあればなぁ〜!と誰しもが思うであろう「滋賀県立びわ湖こどもの国」、話題の「フリーフォール」にも挑戦しに訪れてみてはどうでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/05 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ